料理に合うビール

birra e cibi diversi

歴史的に私たちは、良いワインや水でさえも料理のお供として使い、炭酸飲料やビールにはあまり目もくれませんが、実はビールだってとても料理にマッチするのです。

ビールと料理との組み合わせのルールは、ワインと料理との関係とは違い、ビールの場合は似たもの同士を、ワインは差異を愉しむ関係性があります。

清涼な喉ごし、低アルコール、低カロリーと、ビールは健康的でバランスの取れたダイエットにもってこいの完璧なコンビネーションで、それはスナックや軽い食事にも発揮します。しかし下にご紹介するような幾つかのルールによって、違うタイプのビールと食事をどのように組み合わせることができるかについて学んでみましょう。

 

酸性の食事

ここはビールがワインに対抗する時です。酸性食品は多くのワインにとってお手上げです。酢で味付けする様々な料理は、多くのワインを変化させ、オーク樽やシェリーで発酵するワインや少数の白ワインのみがこの成分に耐えることができます。

Birra e cibi al pomodoro
トマトベースとビール

• ビールは、肉と魚どちらのマリネにもとてもよく合います。

• ビールは、シチューやブレッド・ウィズ・トマト等トマトベースの料理によく合います。

• 多くの野菜はその酸味のせいでワインとは相性が悪いですが、ビールなら大丈夫です。

• マスタードで味付けした料理でも、ビールとなら素晴らしく調和します。

 

スパイシーフード、とても辛いもの

スパイシーな料理によって鈍くなった口中の感覚は、特にクリアーな琥珀色のビールの爽やかさを際立たせます。

Birra e guacamole messicano
メキシコ料理とビール

よってビールはメキシコ料理、インド料理、タイ料理と美しいタッグを組みます。もしそこにコリアンダーや生姜を加えたなら柔らかさを増し、メキシコ料理探究の最高な仲間になります。

 

幾つかの発泡酒にはにんにくや唐辛子が加えられていますが、つまるところビールはこれらのような香辛料との相性が抜群です。

 

甘酸っぱい料理

東洋の料理、特に日本食に使われるソース(寿司、刺身)は完璧に合い、わさびや醤油といったスパイスにも富んでいます。

東洋の料理とビール
東洋の料理とビール

マスタードやケチャップのような強い味とビールとの組み合わせでもよく合います。

 ハンバーガーとビールは古くからあるスタイルですね。

 

燻製やピクルス

ラガーは、この方法で処理された肉や魚の料理、ソーセージや魚の燻製等どちらにもよく合います。

また、ビールは魚のマリネによく合います。

 

炭焼き

ローストビーフとビール
ローストビーフとビール

• 焼きローストビーフがミディアムボディのビールと完全に調和します。

• 一般的にビールは、高脂肪食品、肉や揚げた肉、脂ののった魚等の要素を持つ料理に対し、口内を「クリーンアップ」させる感覚をもたらします。

• 興味深いことに、卵黄に含まれる脂肪が舌の味蕾を塞いでしまい、ワインのような飲み物との相性はどうしようもありません。しかしビールでは口触りがソフトに、フレッシュで、油分を拭い去ってくれるのです。

• またビールによく合うチーズは、高脂肪で酸味を含む食品でもあります。

 

苦味

エンダイブ、キクヂシャ、ナス等のような苦味を持った野菜は、強い味のフルボディーのビールとのバランスが最高です。ビールはアーティチョークの苦味を抑えることのできる唯一の 飲み物です。

 

チョコレート料理

チョコレートソースの掛かった(ヤマウズラとウズラやメキシコ料理)すべての料理は、最高の組み合わせです。

チョコレート料理とビール
チョコレート料理とビール

ビールはまた、お菓子の世界ではまだまだ伸びしろがあります。これを証明するものが、黒ビールやブルネットと強いチョコレート味のおいしいデザートを組み合わせたものです。

 

チーズとビール
チーズとビール

チーズ

チーズとの組み合わせは豊富です。黒ビールはブルーチーズと非常によく会います。

 

材料としてのビール

もちろん、ビールで調理されているすべての料理は、同じビールと完璧に組み合わせることができます。

ワインとの関係性として、白ワインの代わりにラガー(ブロンド)を、赤ワインの代わりにエール(またはダークブラウン)を、デザート用として琥珀(赤)色のフルーティーな風味のものを用いるのが一般的なルールとなります。

 

 

アルベルト

 


関連記事リンク


L'abbinamento della birra con i cibi

Storicamente, abbiamo usato un buon vino o anche l’acqua per accompagnare il nostro menu e abbiamo relegato le bibite gasate e la birra per gli altri momenti della giornata...  Ma lo sapevate che c'è anche un abbinamento per la birra?

Le regole di abbinamento gastronomico tra birre e cibi sono differenti da quelle tra vini e cibi, in quanto per le birre ci vuole un abbinamento per “similitudine” mentre per i vini si agisce per “contrasto”.

Grazie al suo sapore rinfrescante, basso tenore alcolico e basso contenuto calorico, la birra è il compagno ideale per una dieta sana ed equilibrata. La sua combinazione con snack e cibi leggeri è perfetto, ma possiamo anche imparare a combinare diversi tipi di birra con diversi cibi seguendo alcuni consigli e alcune regole:

 

I cibi acidi

• Qui è certamente dove la birra trova l’opportunità contro il vino, perché è proprio nel terreno acido dove molti vini non hanno nulla a che fare. Ogni piatto condito con aceto altera molti vini e solo pochi vini bianchi fermentati in botti di rovere o sherry sono in grado di resistere a questo ingrediente.

• La birra combina meravigliosamente con marinate, sia di carne che di pesce.

• La birra va bene con piatti a base di pomodoro come: stufati, pane con pomodoro, ecc.

• Molte verdure che sono incompatibili con il vino per la loro acidità, vanno bene con la birra.

• Anche i piatti conditi con mostarda, hanno una grande armonia con la birra.

 

I cibi piccanti e molto speziati

• La birra, specialmente la chiara (bionda), diminuisce la sensazione prodotta dai piatti piccanti per il suo contrappunto rinfrescante. Perci­ò la birra sposa meravigliosamente con i piatti messicani, indiani e thailandesi.  Se si aggiunge, ammorbidisce l'intensità del coriandolo e zenzero, diventerà il nostro miglior compagno per esplorare la cucina messicana.

• Pochi alcolici sopportano l'aggressione dell’aglio e il peperoncino; tuttavia, la birra trova un buon compagno in questi ingredienti.

 

I piatti agrodolci

• La cucina orientale, in particolare giapponese, si combina perfettamente con i loro sughi (sushi, sashimi), in cui abbonda il wasabi piccante e la salsa di soia.

• Anche i piatti con mostarde e salse ketchup vanno bene con birre per il suo sapore intenso.  Così l'hamburger e la birra è un classico.

 

I cibi affumicati e marinati

• La birra bionda va bene con piatti a base di carne e pesci trattati con questo metodo, sia carni come salsicce e pesci affumicati.

• Inoltre, la birra si sposa benissimo con i pesci marinati.

 

I carboni

I sapori arrosti della carne alla griglia armonizzano perfettamente con la birra di medio corpo.

 

I grassi

• In generale, possiamo dire che la birra porta un senso di "ripulire" il palato di tutti quei piatti che hanno un elemento con alto contenuto di grassi, carne e carni fritte, pesci grassi, ecc.

• È interessante notare che, a quanto pare il grasso in uova servite con i tuorli semiliquidi tratta di "tappare" le papille gustative della lingua, perciò bevande come il vino non vanno bene. Tuttavia, questo non accade con birre morbide e fresche, che puliscono la bocca.

• E i formaggi che si sposano bene con le birre sono quelli con un alto contenuto di grassi e una chiara tendenza all’acidità.

 

I sapori amari

Il gusto amaro delle verdure come indivia, scarola, melanzane... sono equilibrati con il sapore intenso delle birre corpose.  La birra è l'unica bevanda in grado di calmare il carciofo.

 

Piatti con cioccolato

Ogni piatto che prende salsa di cioccolato (pernici e quaglie o la cucina messicana) fa della birra un ottimo compagno.

La birra ha anche uno spazio nel mondo dei dolci. Prova di ciò è la combinazione di deliziosi dessert con intenso sapore di cioccolato con la birra scura o bruna.

 

I formaggi

L'abbinamento con il formaggio è abbondantissimo. La birra nera combina molto bene con i formaggi blu.

 

La birra come ingrediente

Naturalmente, tutti quei piatti che vengono cucinati con la birra possono essere combinati perfettamente con la birra stessa come bibita.

La regola generale per servire una birra, considerando l'abbinamento con i vini, è usare una lager (bionda) invece di un vino bianco, una birra ale  (scura o bruna) nel posto di un vino rosso e una birra ambrata aromatizzata alla frutta (rossa) per i dessert.

 

Alberto

 



コンタクト

e-mail EuroLingual
Phone EuroLingual

(06)  6376 7720

Fax EuroLingual

(06)  6376 7720

Access EuroLingual

〒530-0014

大阪府大阪市北区

鶴野町4-11

朝日プラザ梅田1203

Time schedule EuroLingual

月~金 9:00-21:00

土 9:00-16:00

簡易マップ

梅田ロフト・MBS向かい

ユーロリンガル

ヨーロッパ語のEuroLingualでは、外国語学校として世界標準のコミュニケーションを基本とした文化的なレッスン、各国料理教室、パーティー、留学サポートを主に行っており、各生徒様への細やかな個人サポートを可能とするプライベートや小規模グループを中心とした授業展開にて、より早く目標到達へと導きます。

 

Follow us

Facebook EuroLingual
Google + EuroLingual
ブログ EuroLingual:  Multilingual Generation
YouTube EuroLingual
Pinterest EuroLingual
Instagram EuroLingual