ビールの基本的なスタイル

ビールは世界中で最も人気のある飲料の一つであり、大麦の粒や他の穀類を水と混ぜ発酵させて作る、苦味を持った「未蒸留のアルコール飲料」です(そのため多くのビールには、ビール自体が作り出す二酸化炭素がたくさん溶け出した気泡が含まれます)。

醸造過程
醸造過程

アルコール含有量を30%にまで上げ醸造が可能ですが、3~9%の間が最も一般的です。

麦芽大麦が小麦やオーツ麦(時にはトウモロコシ)等、他の穀物が相当量で組み合わされている場合、多くの場合、小麦のビール、オーツ麦のビール等と呼ばれます。基本的にホップの種類がビールの名前に影響することはありませんが、チェコのピルゼンという町が発祥のモラヴィアン大麦とボヘミアのザテックというホップについては、ピルスまたはピルスナービールと呼ばれます。 

 

最も伝統的なタイプのビール

1)エールビールの仲間

エールビールの仲間
エールビールの仲間

このグループのビールは、最も高い温度(10から25℃)で発酵し、上面酵母を使用します。この過程では3〜4日の高温発酵を行いますが、約2週間発酵を持続させる生産者が多いです。上面発酵酵母の多くは更に数日間13度=16度の温かい状態を保った後、樽やボトルに入れ冷たい温度で二次発酵を行い、熟成を早めます。

エールビールは淡く暗い色合い、重口またはライトボディ、高または低アルコール度数で、多かれ少なかれ苦味を持っています。使用麦芽とホップの種類や量、熟成の時間次第でそれらの度合いが決まります。

  • ブリティッシュスタイル:マイルド、ビター、ペールエール、ブラウンエール、オールド·エール、バーレーワイン、スコッチエール等。
  • ベルギースタイル:殆ど全てのベルギービールは上面発酵であり、それらはエールと呼ばれます(トーストエール、レッドエール、ゴールデンエール等)。
  • ドイツスタイル:アルトビール(エールのように高温発酵を行った後、ラガーのように何週間か低温熟成させる)コルシュビール(高温発酵によりとてもフルーティー、淡いゴールド、繊細で滑らか)。
  • その他の国:ガルデビール(フランス)、オーストラリアン・スパークリング・エール、アメリカンエール等。

 

2)ラガービールの仲間

このカテゴリーでは、下面発酵により醸造されるビールをご紹介します。今日では、世界中のビールの中で最も一般的な形態であり、ラガーのグループにおいてピルスナースタイルは一番よく知られています。

ラガービールの仲間
ラガービールの仲間

ラガービールは比較的新しいものです。19世紀半ば、パスツールがタンクの底部の酵母発酵培養を分離する研究を行うことから興った冷蔵技術の開発を通じ、中央ヨーロッパの醸造所において作られるようになりました。

ラガーはつまり、タンクの底で酵母を低温発酵(7〜15℃)させ、その後0度で熟成させたビールです。

本物のラガーは通常、どういうキャラクターのビールに仕上げるかにより、2~6ヶ月間熟成させます。

  • ピルスナー:最初に透明で金色のビールを醸造したピルゼン(ボヘミア)が起源。本格的なピルスナーは淡い色合いで、ドライ。アルコール分は4.5および5.5%と穏やかで、モルトの良いキャラクターと特徴的なアロマホップを醸し出します。
  • ミュンヘン·ヘル(バーバリアン・ラガー・ペール):ピルスナーと似ていますが、わずかにドライで重口。
  • ミュンヘン·デュンケル(ダークラガー):ミュンヘンと南ドイツの伝統的な特質を持つ。ペールモルトよりも強いキャラクターで、それよりも前から存在していた。
  • マイセン / オクトーバーフェスト(ウィーンスタイル):今日ではオクトーバーフェストを祝うために作られています。銅のようなブロンズ色のラガービール。フルボディでゴールデンラガーよりもアルコール分が多い。
  • ドルトムンダー輸出用:北西ドイツのドルトムント産。ピルスナーよりも重口で少し苦く、淡い金色で少しドライ。
  • ボック、ドッペルボック、ヴァイツェンボック、マイボック、アイスボック:すべての強力なドイツビール

 

3)小麦のビール

小麦のビール
小麦のビール

混合した小麦(麦芽または麦芽にしない)と大麦により、上面発酵したビールにフィルターを通さずに醸造した際に霧のように見えるため、これらのビールはホワイトビールとして知られています。酸味があり、発泡が多く爽やかなのど越しで、伝統的に南ドイツ、ベルリン、ベルギーで生産されています。
これらのビールはかつて夏に愉しまれるものでしたが、最近は絶大な人気により一年を通して飲まれています。

  • ベルリナーヴァイセ(ベルリンのホワイト):25〜50%の小麦を、残りの部分は大麦を使用。小麦全体をふんだんに使用し、最も爽やかなのど越しが得られるよう計算して作られています。淡く明るい色合いで3%程度の低アルコール含有量により、夏の前菜用として最適です。 
  • ヴァイツェンビア:南ドイツ産。こちらもまた明るい色合いと、フルーティーな非常に爽やかな味わいで、更には濃厚でクリーミーな長時間持続する泡を特徴とします。ベルリンで醸造されるビールの中でも小麦の組成割合が高く、約40〜70%使用されています。 
  • ウィットビール/ブランシュ(ベルギー小麦):麦芽にしない小麦を用いることにより、更なる風味とより重い口当たりとなります。淡い黄色でやや濁っており、その軽さや酸味と爽やかなキャラクターにより夏にピッタリのビールと言えます。

 

4)家族向けのランビックというスタイル

家族向けのランビックというスタイル
家族向けのランビックというスタイル

これらのビールはホップが苦味を抑えるように熟成されているため、弱酸性で少し苦いランビックとして知られ、ブリュッセルエリアにて作られている自然発酵させたビールです。ランビック、グーズ、ファロ(ベルギー)と伝統的なベルギーのフルーツビール、クリーク(チェリー味)とフランボーゼン(ラズベリー味)等はデザートビールとして親しまれています。

 

 

5)ポーターとスタウト

ポータービールは苦みが少なくスタウトに比べ濃度やアルコール度数が低いビールです。スタウトは大体が黒色で、暗く、苦いビールで、醸造する際のローストされた大麦麦芽の色をしています。どちらも英国産です。

 

6)その他のビール

前述のいずれかに分類するのが難しい特別なビールのシリーズ。

  • スチームビール:アメリカ(カリフォルニア州)からの唯一のネイティブスタイル。このビールは下面発酵ながら高温イースト処理を施しています。結果として、ラガーのクリーンな特徴とエールのフルーティーさとを組み合わせたビールとなっています。 
  • ラオホビア(スモークビール):ドイツ北ババリア(バイエルン)の特にフランコニアやバンベルグの街が産地。燃したブナ材の熱により大麦麦芽を乾燥させ、特別なアロマによって燻す、暗褐色または黒色の下面発酵ビールです。
  • シュタインビア(ビアストーン):ババリア(バイエルン)で生産されている、特別な約1200℃の石を使用して麦汁を加熱し、スモーキーな焦げた風味のあるビールです。
  • シュワルツビア(スタウト):まず最初に旧東ドイツのバート・ケストリッツ村で開発された、日本ではかなり人気のビールです。普通は、チョコレートの風味があり、アルコール分約5度の強烈な黒色のラガーです。 

アルベルト

 


関連記事リンク


The Basic Styles of Beer

 

Beer is one of the most popular beverages worldwide. It is a “undistilled alcoholic beverage” with bitter taste, made of grains of barley or other cereals fermented in water (for this reason beer contains bubbles of dissolved CO2 saturated which often produces its foam). Its alcohol content can reach up to 30% vol. but the most common is to find beer between 3 and 9% vol. When the malt barley is combined in significant quantities of other grains such as wheat or oats (sometimes even corn), this beer is often called as beer of wheat, oat... The type of hops used will not affect the name of the beer, except in the case of Pils or Pilsener beer, which refers to the beers originally made in the city of Pilsen with Moravian barley and hops of Zatec from Bohemia.

 

Most Traditional Types of Beer:

1) Family of Ale Beers

Family of Ale beers
Family of Ale beers

This group of beers uses the top-fermenting yeast that grows at the highest temperatures (10 to 25°C).  In this process, the hot fermentation lasts about 3 or 4 days, however, many producers ferment beer up to two weeks.  Then, most of the top-fermented beers have some kind of further aging, which can range from a few days of conditioning in hot (between 13 and 16°C) to a maturation in cold or even a second fermentation in the cask or bottle.

The ale beer may be pale or dark, have heavy or light body, high or low alcoholic graduation and be more or less bitter. Everything will depend, among other things, on the amount and type of malt used, hops and maturation time.

  • British style:  Mild, Bitter, Pale Ale, Brown Ale, Old Ale, Barley Wine, Scotch Ale, etc.
  • Belgian style: Almost all Belgian specialty beers are top-fermented, so it should be called ales (toast ale, red ale, golden ale, etc).   
  • German style:  Altbier (hot fermented as ales, but then have a cold maturation period of weeks, as the lager beers) and Kölsch (for their hot fermentation they are very fruity, well pale golden, delicate and smooth)
  • Other countries:  Bière de Garde (France), Australian Sparkling Ale, American Ale, etc.

 

2) Family of Lager Beers

This category of beers brewed by bottom-fermentation. Today it is the most common form of worldwide beer, Pilsner style being the best known and more often in the group of lager.

Family of Lager beers
Family of Lager beers

The lager beers are relatively new. They date from the mid-19th. century. They began to be created through the development of artificial refrigeration, to the research of Pasteur to isolate a yeast culture fermenting in the bottom of the tanks and the work of several Central European brewers.

A lager is therefore a yeast fermented beer with a low working temperature (7 to 15°C) in the bottom of the tank, which was then cold-ripened at about 0°C. The authentic lager usually ripens for a period of 2-6 months depending on the character you want to give the beer.

  • Pilsener or Pilsner:  It was in Pilsen (Bohemia), where the first transparent golden beer was produced.  Authentic Pilsener are pale, with moderate alcohol content, between 4.5 and 5.5%, dry, with good malt character and a very distinctive aroma hops.
  • Münchner Hell (Bavarian Lager Pale):  Similar to Pilsener but slightly less dry, and with more body.
  • Münchner Dunkel (Dark Lager): Traditional specialty of Munich and parts of southern Germany. They tend to have more character than the pale malt and they existed before.
  • Märzen / Oktoberfest (Vienna Style): Today it is produced to celebrate the Oktoberfest. They are lager beers or coppery bronze color, full-bodied and more alcohol than the golden lager.
  • Dortmunder Export:  It comes from the city of Dortmund, in northwestern Germany.  These beers are pale golden color, semi-dry, with more body than a Pilsener, but a little less bitter.
  • Bock, Doppelbock, Weizenbock, Maibock, Eisbock:  All strong German beers.

 

3) Wheat beers

Wheat beers
Wheat beers

They are top-fermented beers made with a mixture of wheat (malted or not) and barley. These beers are also known as white beers, because they look like fog when they are not filtered.  They have character acid, refreshing and sparkling, and they are traditionally produced in southern Germany, Berlin and Belgium.

These beers were traditionally available only in summer; now, because of their enormous popularity, in any season. 

  • Berliner weisse (White from Berlin):  With between 25 and 50% wheat, barley being the rest. They are considered the most refreshing of the entire range of the wheat. They are very pale, light and with a low alcohol content, around 3%, so they are ideal for the summer or as an appetizer.
  • Weizenbier:  From southern Germany.  They are also light, fruity and very refreshing. They are further characterized by their head dense, creamy and long-lasting foam. Its composition is usually more wheat than in Berlin, between 40 and 70%.
  • Witbier / Bière blanche (Belgian Wheat): The wheat is not malted, then they have more flavor and more body. They are pale yellowish and somewhat turbid. They are very suitable for the summer for its lightness, acidity and refreshing character.

 

4) Family of Lambic

These beers are spontaneously fermented beers that are made in the Brussels area known as Lambeek, slightly acidic and bitter because the hops are aged to avoid the bitterness.

Lambic beers
Lambic beers

 They are:  Lambic, Gueuze, Faro (Belgium) and the traditional Belgian fruit beers Kriek (with cherries) and Franbozen (with raspberries) used to accompany a dessert.

 

 

 

5) Porter and Stout

The Porter Beer is a less bitter beer, of lower original lower densities and lower levels of alcohol than a Stout. The stout is a beer almost black, dark, bitter, brewed from roasted barley malt color. Both of them are British.

 

6) Other specialties

A range of special beers difficult to classify in any of the preceding paragraphs.

  • Steam beer:  The only one native style from United States (California). It is a bottom-fermenting beer but using yeast of high temperature. The result is a beer combining the "clean" characteristics of a lager with the fruitiness of the ale.
  • Rauchbier (smoked beer):  It comes from the region of Franconia and especially the city of Bamberg in northern Bavaria, Germany. They are bottom-fermented beers where the malt barley is dried with the heat from the beech wood burned, making the smoke a very special flavor aroma. They have a dark brown or black color.
  • Steinbier (“beer stone”):  It is produced in Bavaria, using special stones to give a smokey or burnt taste, as the wort is heated on stones at 1,200°C.
  • Schwarzbier (Stout):  Firstly developed in the village of Bad Köstriz in the former East Germany.  In Japan it is a fairly popular beer. Usually it is a lager with a taste of chocolate, about 5º alcohol and an intense black color.

Alberto

 



コンタクト

e-mail EuroLingual
Phone EuroLingual

(06)  6376 7720

Fax EuroLingual

(06)  6376 7720

Access EuroLingual

〒530-0014

大阪府大阪市北区

鶴野町4-11

朝日プラザ梅田1203

Time schedule EuroLingual

月~金 9:00-21:00

土 9:00-16:00

簡易マップ

梅田ロフト・MBS向かい

ユーロリンガル

ヨーロッパ語のEuroLingualでは、外国語学校として世界標準のコミュニケーションを基本とした文化的なレッスン、各国料理教室、パーティー、留学サポートを主に行っており、各生徒様への細やかな個人サポートを可能とするプライベートや小規模グループを中心とした授業展開にて、より早く目標到達へと導きます。

 

Follow us

Facebook EuroLingual
Google + EuroLingual
ブログ EuroLingual:  Multilingual Generation
YouTube EuroLingual
Pinterest EuroLingual
Instagram EuroLingual