10th. Anniversary Party

EuroLingualでは2016年11月に開校10周年を迎えたことを記念し、音楽を主体とした祭典を催し大盛り上がりで幕を閉じました。当校で過去に行ったイベントの集大成としてできる限り生徒様、縁のあるアーティストの皆様、先生、関係者の方々にお集まり頂き、改めて当校のモットー「文化と共に言語を学ぶ」について再確認して頂く意味も込めた宴にすべく、スタッフ一同本パーティーに全精力を傾け準備して参りました。当日の模様は別途当サイトのイベントコーナーにて確認頂けますが、こちらでは当日出演した各アーティストについてスポットを当ててみたいと思います。

 

パーティーでヨーロッパ文化体現

Alberto
Alberto

今回のパーティーでは一連の流れを通し、ヨーロッパ文化の断片を体現して頂くべく様々な趣向を凝らしました。ショーの合間に流れるBGMや映像、そして勿論演者がお送りしたのは全て欧米の音楽に関連したもので、各席にはネームプレートとロゼットを用意。祭典の始まりにシャンパンで乾杯し、表彰状授与式にて生徒様へお渡ししたCertificateには、CEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)に基づくEuroLingualレベルを記しており、自己評価を客観視した上で今一度学習の進め方を再確認頂くために役立てて頂ければと思います。今回のイベントでは司会進行役の私アルベルトが全体を指揮しました。


1. Ryuji Kihara

Ryuji Kihara
Ryuji Kihara

ショータイムではまず洋楽系シンガーソングライターRyuji Kiharaによる、ポップロックのオリジナル曲演奏が英語とポルトガル語で披露されました。今回のイベント直前3か月の間に書き下ろした3曲を引っ提げたソロデビューのステージで、日本人による外国語楽曲というのがポイントでした。

EuroLingualでは基本的にネイティブスピーカー講師によるレッスンとなりますが、英語またはポルトガル語による作詞、作曲方法からギター演奏や歌唱を含めた部分を教授可能です。また作詞、作曲、アレンジのご依頼も受け付けますので、ご興味のある方はシンギングレッスンのページより、Ryuji Kihara講師または業務依頼希望の旨メールでご連絡ください。

2. Simone

Simone
Simone

2番目は当校のドイツ語とシンギングレッスン講師でもあるSimoneによる、英語・ドイツ語・スペイン語によるジャズスタンダードを基本とした歌をお送りしました。今回歌唱曲の他にもイタリア語・ポルトガル語他のレパートリーがありますが、関西弁のMCも含めマルチリンガルシンガーとしての才能を遺憾無く発揮したステージでした。

様々な経験が豊富で気さくな彼女の(大阪弁でも説明が受けられる)レッスン受講生募集中です!ドイツ語またはシンギングレッスンのページより、Simone講師希望の旨メールでご連絡ください。人間としての幅が拡がると思いますよ♪

 

3. 西川泰功

西川泰功
西川泰功

3番目は普段京都産業大学グリークラブOB合唱団「男声合唱団ARCHER(アルシェ)」に所属の西川泰功(にしかわやすのり)による甘い声のアカペラソロ歌唱でしたが、合唱団の活動とは別に日夜イタリア語の学習に励んでいます。

アルシェは定期的に演奏会等催していますので、よろしければ以下のウェブサイトを覗いてみてくださいね!

 

http://ksugleeob5.wixsite.com/ksugleeob/about

4. Taku & Miho

Miho
Miho

4番目、音楽ステージのトリを飾ったTaku & Mihoはブラジリアンギタープレイヤー・コンポーザー・アレンジャーの藤井拓と、クラシック・タンゴバイオリニストである外薗美穂によるユニットで、今回アルゼンチンとブラジルの曲を中心に演奏しました。

Taku
Taku

二人ともこのユニットのみならず様々な活動を精力的に行っていますので、インターネットで各人を検索すると最新情報が閲覧できるかも知れません。 一例ですが、藤井拓のギターレッスンを受講可能な教室が大阪・阿波座にあります。

 

http://menina-pelina.com/index.html

5. Gabriel & Roya

Roya
Roya

5番目のGabriel & Royaは、ブラジル地方のダンスForró(フォホー)を踊ってくれましたが、本イベントのために組まれたユニットでした。Gabrielは当校ポルトガル語講師で、Royaはイラン出身。共に大阪大学在学中のグローバルな視点を持つ秀才です。

Gabriel
Gabriel

Gabriel先生のポルトガル語レッスン受講生募集中ですのでポルトガル語のページより、Gabriel講師希望の旨メールでご連絡ください。日本語が流暢なのは内緒です♪

 

Yuki

Yuki
Yuki

5組の演奏・ダンスが終わり、全員参加のダンスタイムへと突入! 皆さん欧米文化が大好きなのはよくわかりました! 本当にいい夜でしたね♪ これからもこのような楽しい会を企画し、またこれからの10年に向け更に邁進して参ります。今後とも宜しくお願い致します。

 

本ページで各アーティストの似顔絵を描いてくれたのは、イタリア語生徒代表のYukiさんでした。 本ブログに彼女のイタリア留学記も掲載していますので、そちらも併せてご覧ください。

 


関連記事リンク


10th. Anniversary Party

To celebrate the 10th anniversary of EuroLingual we did a ceremony in November 2016, EuroLingual hosted a music festival that closed the curtain with great success. As a culmination of the events we held in the past, we addressed all our efforts to this party to reconfirm our motto "Learn the language with culture".  For that reason we wanted to invite students, artists, teachers and related people as much as possible. You can check the details of that day on the event corner of our site but here we would like to focus on each artist who participated on that day.

 

Embodying European culture into the party

In the whole party we introduced many pieces of European culture for you to tasted its culture:  BGM and images were flowing between shows, all the artists expressed that related to Western music, nameplates and rosettes were prepared for each guest, etc.  The event started with a toast with a glass of champagne and then the Certificate handed over to the students at the Award Ceremony which shows the EuroLingual levels based on CEFR  (Common European Framework of Reference for Languages).  After an objective self-evaluation we hope that you can use it once again to reconfirm how to proceed when learning a foreign language.  In this event, Alberto, who was also the moderator, commanded the whole ceremony.

 


1. Ryuji Kihara

At the Show Time, first of all, the singer and songwriter Ryuji Kihara came to perform his original songs of Western Pop Rock singing them in English and Portuguese. It was a solo debut stage that took over the three songs that he wrote down in the last 3 months, but the point was that they were composed in foreign languages by a  Japanese.

Basically EuroLingual does lessons by native speaker lecturers, but if you want to request, you can be taught by a Japanese,  including guitar playing and singing/composing lyrics in English or Portuguese.  So, if you are interested, please contact us from the page of singing lessons, requesting Ryuji Kihara instructor in the mail.

2. Simone

Then we introduced songs from Simone, our German language and Singing Lesson teacher.  She sang based on jazz standards in English, German, and Spanish. In addition to these songs, she has repertoire in Italian and Portuguese, what it demonstrates her talent as a multilingual singer including her talent speaking in Kansai dialect during the MC.  

You can study with her since she has huge experience and could feel comfortable with her because she can also explain in Osaka dialect! Please contact us by e-mail if you want to learn German or singing lessons.

3. Nishikawa Yasunori

The third participant was the solo a cappella sweet voice by Yasunori Nishikawa belonging to Kyoto Sangyo University Glee Club OB choir "Men's Chorus group ARCHER", but apart from the activities of the choir he strongly learns Italian.

Arche regularly holds concerts etc, so if you like, please visit the website below!

 

http://ksugleeob5.wixsite.com/ksugleeob/about

4. Taku & Miho

At the end of the Music Stage came Taku & Miho, a group by Taku Fujii normally interpreting Brazilian guitar as player, composer and arranger and Miho Hokazono which is a classic · tango violinist, this time playing Argentinian and Brazilian songs. Both of them are energetically performing various activities individually as well as in group, so if you search each person on the internet you may be able to view the latest information.

Taku Fujii's guitar classes are available in Awaza (Osaka).

 

http://menina-pelina.com/index.html

5. Gabriel & Roya

Finally Gabriel & Roya danced a Brazilian dance called Forró (Foho), but it was a group especially organized for this event. Gabriel is our teacher of Portuguese and Roya is from Iran. Both are proud students who have a global perspective while they are studying at Osaka University.  

If you want a lesson of Portuguese with Professor Gabriel, please contact us with a message expressing your intention to study with him.  It is a secret but he is fluent in Japanese ♪

Yuki

Finishing the five performances we moved to the Dance Time, where everyone participated! We understood very well that everyone loves Western culture! It was a really nice night ♪  We will continue to plan such a pleasant party and will continue to push forward for the coming decade. Sincerely.

 

We want to deeply thank Yuki, an Italian student, who drew the portraits of each artist shown in this page.  We also posted her Italian travel book in this blog, so please have a look there as well.

 



コンタクト

e-mail EuroLingual
Phone EuroLingual

(06)  6376 7720

Fax EuroLingual

(06)  6376 7720

Access EuroLingual

〒530-0014

大阪府大阪市北区

鶴野町4-11

朝日プラザ梅田1203

Time schedule EuroLingual

月~金 9:00-21:00

土 9:00-16:00

簡易マップ

梅田ロフト・MBS向かい

ユーロリンガル

ヨーロッパ語のEuroLingualでは、外国語学校として世界標準のコミュニケーションを基本とした文化的なレッスン、各国料理教室、パーティー、留学サポートを主に行っており、各生徒様への細やかな個人サポートを可能とするプライベートや小規模グループを中心とした授業展開にて、より早く目標到達へと導きます。

 

Follow us

Facebook EuroLingual
Google + EuroLingual
ブログ EuroLingual:  Multilingual Generation
YouTube EuroLingual
Pinterest EuroLingual
Instagram EuroLingual