バビロニアスクールとのコラボレーション

2016年11月、イタリアのシチリアと大阪との緊密な協力関係を強化するための新しいプロジェクトが始まりました。この素晴らしい島への関心はますます大きくなっています。

Taormina-Isola Bella
Taormina-Isola Bella

私どもEuroLingualは、バビロニアスクールと協力し、シチリア島にスポットを当て、中でも最も美しい地中海の真珠とも呼ばれるタオルミーナについてプロモーションして参りたいと思います。

Collaborazione Scuola Babilonia ed EuroLingual
Collaborazione Scuola Babilonia ed EuroLingual

私たちの街について知るために、先日バビロニアスクールが大阪へやって来ました。彼らはシチリアの風とともにEuroLingualを訪問し、緊密な協力関係を深め、皆様が多くの利益を得ることができるような以下の合意に至りました。どんな利点があるかと申しますと、本年度よりバビロニアでは、毎週週に3回日本人学生のためだけにイタリア語文法の無料レッスンを開始しました!イタリアでイタリア語を勉強したい方は、ぜひこの機会をお見逃しなく。イタリアにはこのサービスを提供する他の学校はありません。このイタリア語レッスンでは日本語での説明を受けて頂くことが可能です。各国の留学生と一緒に午前のコースを終えた後、午後にはこの機会を最大限に活用して、文法をよりよく理解して頂きたいと思います。全ての質問について日本語で対応致します。

 

Scuola Babilonia (Taormina)
Scuola Babilonia (Taormina)

バビロニアスクールでは、はじめてのメールより日本人協力者による日本語での対応を致します。また日本に通算7年間住み、日本語を話す当校マネージャーのフェデリコ・アストルフォーニによるレッスンを受講頂けます。彼は毎日バビロニアで業務を行っておりますので、必要な際にはお声掛けください。

 


関連記事リンク

 

関連記事リンク



Taormina e Sicilia a Osaka:
Babilonia apre le porte al Giappone

Nel novembre 2016 è cominciato un nuovo progetto che vede la collaborazione sempre più stretta tra Sicilia e Osaka. L’interesse per questa isola meravigliosa è cresciuto sempre di più.

Taormina (Sicilia)
Taormina (Sicilia)

La nostra scuola EuroLingual ha deciso di collaborare con il Centro Studi Italiani Babilonia e promuovere la Sicilia, in particolare Taormina, la città più bella di tutta l’isola, conosciuta anche come la Perla del Mediterraneo.

Collaborazione scuola Babilonia ed EuroLingual
Collaborazione scuola Babilonia ed EuroLingual

 

La scuola Babilonia è venuta a Osaka a conoscere la nostra città e tutto quello che offre. Hanno visitato con piacere la scuola EuroLingual portando un pezzo di Sicilia con loro e in accordo con noi hanno iniziato una stretta collaborazione che permetterà a voi tutti di trarne grandi vantaggi. Quali vantaggi? Da quest’anno infatti Babilonia organizza delle lezioni gratuite di grammatica italiana esclusivamente per i nostri studenti giapponesi, tutte le settimane, 3 volte a settimana!  Se vuoi studiare italiano in Italia, non perdere questa occasione. Non esiste altra scuola in Italia che offra questo servizio: Tre lezioni di italiano spiegate in lingua giapponese. Dopo il corso di mattina con gli altri studenti internazionali provenienti da vari paesi, nel pomeriggio potrai usufruire di questa opportunità per capire meglio la grammatica, ricevendo spiegazioni a tutte le tue domande direttamente in giapponese.

Centro Studi Italiani Babilonia (Taormina)
Centro Studi Italiani Babilonia (Taormina)

 

La scuola Babilonia ha inoltre nel loro staff una collaboratrice giapponese che si occupa dei primi contatti e informazioni su email, e il Direttore didattico Federico Astolfoni, che ha una lunga esperienza in Giappone dove ha vissuto 7 anni, parla giapponese, e può darvi assistenza a Babilonia dove lavora tutti i giorni.

 

Alberto

 



10th. Anniversary Party

EuroLingualでは2016年11月に開校10周年を迎えたことを記念し、音楽を主体とした祭典を催し大盛り上がりで幕を閉じました。当校で過去に行ったイベントの集大成としてできる限り生徒様、縁のあるアーティストの皆様、先生、関係者の方々にお集まり頂き、改めて当校のモットー「文化と共に言語を学ぶ」について再確認して頂く意味も込めた宴にすべく、スタッフ一同本パーティーに全精力を傾け準備して参りました。当日の模様は別途当サイトのイベントコーナーにて確認頂けますが、こちらでは当日出演した各アーティストについてスポットを当ててみたいと思います。

 

パーティーでヨーロッパ文化体現

Alberto
Alberto

今回のパーティーでは一連の流れを通し、ヨーロッパ文化の断片を体現して頂くべく様々な趣向を凝らしました。ショーの合間に流れるBGMや映像、そして勿論演者がお送りしたのは全て欧米の音楽に関連したもので、各席にはネームプレートとロゼットを用意。祭典の始まりにシャンパンで乾杯し、表彰状授与式にて生徒様へお渡ししたCertificateには、CEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)に基づくEuroLingualレベルを記しており、自己評価を客観視した上で今一度学習の進め方を再確認頂くために役立てて頂ければと思います。今回のイベントでは司会進行役の私アルベルトが全体を指揮しました。


1. Ryuji Kihara

Ryuji Kihara
Ryuji Kihara

ショータイムではまず洋楽系シンガーソングライターRyuji Kiharaによる、ポップロックのオリジナル曲演奏が英語とポルトガル語で披露されました。今回のイベント直前3か月の間に書き下ろした3曲を引っ提げたソロデビューのステージで、日本人による外国語楽曲というのがポイントでした。

EuroLingualでは基本的にネイティブスピーカー講師によるレッスンとなりますが、英語またはポルトガル語による作詞、作曲方法からギター演奏や歌唱を含めた部分を教授可能です。また作詞、作曲、アレンジのご依頼も受け付けますので、ご興味のある方はシンギングレッスンのページより、Ryuji Kihara講師または業務依頼希望の旨メールでご連絡ください。

2. Simone

Simone
Simone

2番目は当校のドイツ語とシンギングレッスン講師でもあるSimoneによる、英語・ドイツ語・スペイン語によるジャズスタンダードを基本とした歌をお送りしました。今回歌唱曲の他にもイタリア語・ポルトガル語他のレパートリーがありますが、関西弁のMCも含めマルチリンガルシンガーとしての才能を遺憾無く発揮したステージでした。

様々な経験が豊富で気さくな彼女の(大阪弁でも説明が受けられる)レッスン受講生募集中です!ドイツ語またはシンギングレッスンのページより、Simone講師希望の旨メールでご連絡ください。人間としての幅が拡がると思いますよ♪

 

3. 西川泰功

西川泰功
西川泰功

3番目は普段京都産業大学グリークラブOB合唱団「男声合唱団ARCHER(アルシェ)」に所属の西川泰功(にしかわやすのり)による甘い声のアカペラソロ歌唱でしたが、合唱団の活動とは別に日夜イタリア語の学習に励んでいます。

アルシェは定期的に演奏会等催していますので、よろしければ以下のウェブサイトを覗いてみてくださいね!

 

http://ksugleeob5.wixsite.com/ksugleeob/about

4. Taku & Miho

Miho
Miho

4番目、音楽ステージのトリを飾ったTaku & Mihoはブラジリアンギタープレイヤー・コンポーザー・アレンジャーの藤井拓と、クラシック・タンゴバイオリニストである外薗美穂によるユニットで、今回アルゼンチンとブラジルの曲を中心に演奏しました。

Taku
Taku

二人ともこのユニットのみならず様々な活動を精力的に行っていますので、インターネットで各人を検索すると最新情報が閲覧できるかも知れません。 一例ですが、藤井拓のギターレッスンを受講可能な教室が大阪・阿波座にあります。

 

http://menina-pelina.com/index.html

5. Gabriel & Roya

Roya
Roya

5番目のGabriel & Royaは、ブラジル地方のダンスForró(フォホー)を踊ってくれましたが、本イベントのために組まれたユニットでした。Gabrielは当校ポルトガル語講師で、Royaはイラン出身。共に大阪大学在学中のグローバルな視点を持つ秀才です。

Gabriel
Gabriel

Gabriel先生のポルトガル語レッスン受講生募集中ですのでポルトガル語のページより、Gabriel講師希望の旨メールでご連絡ください。日本語が流暢なのは内緒です♪

 

Yuki

Yuki
Yuki

5組の演奏・ダンスが終わり、全員参加のダンスタイムへと突入! 皆さん欧米文化が大好きなのはよくわかりました! 本当にいい夜でしたね♪ これからもこのような楽しい会を企画し、またこれからの10年に向け更に邁進して参ります。今後とも宜しくお願い致します。

 

本ページで各アーティストの似顔絵を描いてくれたのは、イタリア語生徒代表のYukiさんでした。 本ブログに彼女のイタリア留学記も掲載していますので、そちらも併せてご覧ください。

 


関連記事リンク


10th. Anniversary Party

To celebrate the 10th anniversary of EuroLingual we did a ceremony in November 2016, EuroLingual hosted a music festival that closed the curtain with great success. As a culmination of the events we held in the past, we addressed all our efforts to this party to reconfirm our motto "Learn the language with culture".  For that reason we wanted to invite students, artists, teachers and related people as much as possible. You can check the details of that day on the event corner of our site but here we would like to focus on each artist who participated on that day.

 

Embodying European culture into the party

In the whole party we introduced many pieces of European culture for you to tasted its culture:  BGM and images were flowing between shows, all the artists expressed that related to Western music, nameplates and rosettes were prepared for each guest, etc.  The event started with a toast with a glass of champagne and then the Certificate handed over to the students at the Award Ceremony which shows the EuroLingual levels based on CEFR  (Common European Framework of Reference for Languages).  After an objective self-evaluation we hope that you can use it once again to reconfirm how to proceed when learning a foreign language.  In this event, Alberto, who was also the moderator, commanded the whole ceremony.

 


1. Ryuji Kihara

At the Show Time, first of all, the singer and songwriter Ryuji Kihara came to perform his original songs of Western Pop Rock singing them in English and Portuguese. It was a solo debut stage that took over the three songs that he wrote down in the last 3 months, but the point was that they were composed in foreign languages by a  Japanese.

Basically EuroLingual does lessons by native speaker lecturers, but if you want to request, you can be taught by a Japanese,  including guitar playing and singing/composing lyrics in English or Portuguese.  So, if you are interested, please contact us from the page of singing lessons, requesting Ryuji Kihara instructor in the mail.

2. Simone

Then we introduced songs from Simone, our German language and Singing Lesson teacher.  She sang based on jazz standards in English, German, and Spanish. In addition to these songs, she has repertoire in Italian and Portuguese, what it demonstrates her talent as a multilingual singer including her talent speaking in Kansai dialect during the MC.  

You can study with her since she has huge experience and could feel comfortable with her because she can also explain in Osaka dialect! Please contact us by e-mail if you want to learn German or singing lessons.

3. Nishikawa Yasunori

The third participant was the solo a cappella sweet voice by Yasunori Nishikawa belonging to Kyoto Sangyo University Glee Club OB choir "Men's Chorus group ARCHER", but apart from the activities of the choir he strongly learns Italian.

Arche regularly holds concerts etc, so if you like, please visit the website below!

 

http://ksugleeob5.wixsite.com/ksugleeob/about

4. Taku & Miho

At the end of the Music Stage came Taku & Miho, a group by Taku Fujii normally interpreting Brazilian guitar as player, composer and arranger and Miho Hokazono which is a classic · tango violinist, this time playing Argentinian and Brazilian songs. Both of them are energetically performing various activities individually as well as in group, so if you search each person on the internet you may be able to view the latest information.

Taku Fujii's guitar classes are available in Awaza (Osaka).

 

http://menina-pelina.com/index.html

5. Gabriel & Roya

Finally Gabriel & Roya danced a Brazilian dance called Forró (Foho), but it was a group especially organized for this event. Gabriel is our teacher of Portuguese and Roya is from Iran. Both are proud students who have a global perspective while they are studying at Osaka University.  

If you want a lesson of Portuguese with Professor Gabriel, please contact us with a message expressing your intention to study with him.  It is a secret but he is fluent in Japanese ♪

Yuki

Finishing the five performances we moved to the Dance Time, where everyone participated! We understood very well that everyone loves Western culture! It was a really nice night ♪  We will continue to plan such a pleasant party and will continue to push forward for the coming decade. Sincerely.

 

We want to deeply thank Yuki, an Italian student, who drew the portraits of each artist shown in this page.  We also posted her Italian travel book in this blog, so please have a look there as well.

 



パエリア (Paella):  スペイン料理のプライド

パエリアは、スペイン料理の中でも世界的に特に知られており有名です。パエリアはジャガイモオムレツ(トルティージャ・デ・パタータス)とともに、スペインの国民的料理のように扱われますが、実はパエリアの起源はバレンシアにあります。

パエリアの起源

アルブフェーラ (バレンシア)
アルブフェーラ (バレンシア)

時は15世紀から16世紀、バレンシア地方の田舎(アルブフェーラ)で、農夫や畜産家の彼ら自身が生産する食物を用い、簡単に調理する必要性があったためパエリアが生まれました。いつも彼らは午後に食事を摂っていました。元々パエリアの材料として用いられていたのは、家畜の鳥類、野ウサギまたは家畜のウサギや新鮮な野菜等より入手可能なもの、米、サフランやオリーブオイル等で、それらを大きなフライパン状の鍋の中で水と混ぜ、オレンジの木の枝を使って火にかけじっくりと調理することで、独特なフレーバーとアロマをまとった香しい料理だったものがその始まりです。

 

シーフードパエリアがカントリーサイドのパエリアのような過程を経て現れたのかどうかは不明ですが、海のほうではこの味とは違った食材が選ばれ発展して行きました。

 

「パエリア」という名前

「パエリア」という語源については諸説あり、どう始まったのか理論付けられています。まず始めにラテン語の「パテラ(パン・鍋)」から来ているという説があります。また私たちはアラビア語の「Baqiyah」から来ていると信じています。8世紀にムーア人(北アフリカの人々)がスペインへ米を持ち込んだことから、「パエリア」の語源がアラビア語起源だというのには信憑性があります。

 


共通のレシピは全く存在しない

鶏とウサギのパエリア バレンシア風
鶏とウサギのパエリア バレンシア風

実際のところパエリアはどのような食材も使用可能な料理で、調理者は好きなものを使い料理するので、同じパエリアというものは存在しません。この料理の多様な可能性を統合するレシピというものは全く無いのです。

 

畑にいたカタツムリを使った農夫は、おそらくウサギ、アヒル、鶏、牛肉、トマト、豆、こしょう、ズッキーニや玉ねぎが入ったパエリアを調理したかも知れません。更に味と香りを引き立てるためにサフランが追加され、地域によってはウナギ、アーティチョーク、にんにく、パプリカ、ローズマリー等が加わりました。

 

シーフードまたは両方のミックス、ドライパエリア(ピラフ)やライスシチュー(ドリア)の各調理法を好む人は多く、パエリアはどのような組み合わせでの調理も可能です。

 

パエリア用のお米

ボンバ米、カラスパーラ米
ボンバ米、カラスパーラ米

お米はパエリアのメインキャストです。パエリアのお米は、一粒一粒がバラバラに独立した状態で調理するのが望ましいです。お米の品種により味が大きく変わることは無く、米粒は調理時に野菜、肉、シーフード等の風味とアロマを吸収し、まといます。パエリアのお米を調理するためには、2つの特徴について考慮する必要があります:①水分を吸収する能力を備えていること ②粒が破れないこと。

 

パエリアには中くらいの大きさのお米(5~6㎜)がいちばんよく用いられ、5㎜以下のものは価値が無いと見なされます。一般的にはカラスパーラ(ムルシアネイティブ)またはボンバという品種がよいとされており、特にボンバ米は先に述べた2つの要件を満たしており、水を吸収し、調理後ペースト状にならず、容易に壊れない特性を持っているベストなお米としてお勧めできます。

 

セッティング時に出汁とお米をかき混ぜますが、火をかけてからは決して触らないようにすることが肝心です。さもなければ米粒が壊れてしまい台無しになってしまいます。

 

通常沸騰した後に、最少の弱火で5分ボイルさせ完成です。

 

アルベルト

 


関連記事リンク

 

関連記事リンク



Paella:  Orgullo de la gastronomía española

La paella es sin duda uno de los platos más conocidos de la gastronomía española y famoso en todo el mundo. Se dice, con cierta razón, que la paella es el plato nacional de España por excelencia, junto con la tortilla de patata, pero el verdadero origen de la paella está en Valencia.

Origen de la paella

La Albufera Valenciana (cerámica)
La Albufera Valenciana (cerámica)

La paella surge en las zonas rurales de Valencia (Albufera) entre los siglos XV y XVI, por la necesidad de los campesinos y pastores de una comida fácil de preparar y con los ingredientes que tenían a mano en el campo. Siempre la comían por la tarde.  En sus orígenes los ingredientes de la paella eran, las aves, el conejo de campo o liebre, las verduras frescas que se tuvieran al alcance, arroz, azafrán y aceite de oliva que se mezclaban en la paella con el agua y se cocinaban lentamente a un fuego efectuado con leña de ramas de naranjos, que al mismo tiempo dan sabor y un olor característico.

 

No se sabe si la paella marinera nace al mismo tiempo que la paella en el campo, pero junto al mar existen diferentes ingredientes que permitieron que se desarrollara esta sabrosa alternativa.

 

La palabra 'paella'

 

Muchos orígenes se le dan a la palabra 'paella'.  Hay una gran cantidad de teorías de donde la palabra se originó.  La primera teoría es que paella viene del latín patella (sartén). También, creen que 'paella' viene de la palabra árabe 'baqiyah'.

Es posible que la palabra 'paella' sea de origen árabe porque el arroz fue traído a España por los páramos (habitantes del norte de África) en el siglo VIII.

 


No hay una receta única

Paella marinera
Paella marinera

La paella es uno de esos platos que admite prácticamente cualquier ingrediente, cada maestrillo utiliza el que más le gusta y nunca hay una paella igual a otra. No existe una receta que unifique la gran variedad de posibilidades de este plato.

 

Los campesinos utilizaban los caracoles que encontraban en el campo, la paella valenciana puede incluir también conejo, pato, pollo, carne, tomates, frijoles, pimientos, calabacín y cebollas. El azafrán fue agregado para dar el plato más sabor y el aroma.  Además de lo anterior, según la región, se agregan:  caracoles, anguila, alcachofa, ajo, pimentón, romero, etc.

 

Son muchos los que las prefieren de pescados y mariscos e incluso mixtas, paellas secas, arroces caldosos, este plato admite cualquier combinación.

 

El arroz para la paella

Arroz Bomba
Arroz Bomba

El arroz es el protagonista principal de la paella. En la paella los granos cocidos deben quedar sueltos. No existe gran variación de sabor entre unas variedades u otras de arroz.  El grano cocinado absorbe el sabor y aroma del entorno (verduras, carnes, marisco, etc.). El arroz de la paella debe tener dos características a tener en cuenta: la primera es la capacidad de absorber agua y la segunda su resistencia a reventar (o de abrirse) durante el cocinado. Los arroces de tamaño mediano son los más empleados en las paellas (de 5 a 6 mm). Los pequeños (de menos de 5 mm) son poco apreciados. Generalmente se emplean para la elaboración de la paella arroces como el de Calasparra (originaria de Murcia) o el denominado arroz Bomba.  El arroz Bomba se prefiere por ser el que mejor mantiene las dos propiedades mencionadas, absorbe agua sin quedar pastoso tras su cocción y no rompe con facilidad.

 

Es importante repartir bien el cereal nada más añadirlo al guiso ya que si se remueve posteriormente se romperá haciendo que el grano explote.  Tras el hervor fuerte suele dejarse los últimos 5 minutos casi sin fuego.

 

Alberto

 



Paella:  Pride of Spanish gastronomy

Paella is definitely one of the best known dishes of Spanish cuisine and famous worldwide. It is said, with some justification, that the paella is the national dish of Spain for excellence, along with the potato omelette (tortilla de patatas), but the true origin of the paella is in Valencia.

Origin of paella

Albufera  (Valencia)
Albufera (Valencia)

The paella arises in rural areas of Valencia (Albufera) between the fifteenth and sixteenth centuries, by the need of farmers and herdsmen of an easy meal to prepare and with the ingredients they had on hand in the field.  Always they ate it in the afternoon.  Originally the ingredients of the paella were, poultry, wild rabbit or hare, fresh vegetables they had available, rice, saffron and olive oil mixed in the pan with water and slowly cooked with a fire made with wood from branches of orange trees, that at the same time give flavor and a distinctive odor.

 

It is not known whether the seafood paella born at the same time of the paella in the countryside but by the sea there are different ingredients that allowed this tasty alternative to be developed.

 

The word 'paella'

Many sources are given to the word 'paella'. There are a lot of theories where the word originated. The first theory is that paella comes from the Latin patella (pan).  It is also believed that 'paella' comes from the Arabic word 'baqiyah'.

It is possible that the word 'paella' is of Arab origin because rice was brought to Spain by the moors (inhabitants of North Africa) in the eighth century.

 

There is no single recipe

Paella with snails
Paella with snails

The paella is one of those dishes that supports virtually any ingredient, each master uses the one he likes and there is never a paella alike. There is no recipe that will unify the variety of possibilities for this dish.

 

The farmers used the snails that were in the field, paella may also include rabbit, duck, chicken, beef, tomatoes, beans, peppers, zucchini and onions. Saffron was added to give the dish more flavor and aroma. In addition to the above, depending on the region, they added:  eel, artichoke, garlic, paprika, rosemary, etc.

 

There are many people who prefer seafood or even mixed paellas, dry paellas, soupy rices, this dish supports any combination.

 

 

Rice for paella

Seafood paella
Seafood paella

Rice is the main protagonist of the paella.  Cooked grains should remain loose in paella.  There is no variation in taste between a rice variety or other.  Cooked grain absorbs flavor and aroma from the environment (vegetables, meats, seafood, etc.). Paella rice must have two characteristics to consider: the first is the ability to absorb water and the second the resistance to burst (or open) during cooking. Medium-sized rice are the most used in paellas (5 to 6 mm). The small grains (less than 5 mm) are unappreciated. The Calasparra (Murcia native rice) or the so-called Bomba rice are the varieties generally used for the preparation of paella. The Bomba-rice is the preferred rice as it is the best to keep the two properties above mentioned: it absorbs water without being mushy after cooking and does not break easily.

 

It is important to distribute well the cereal immediately after adding it to the broth because if it is subsequently stir it will cause the grain explosion.  After  the broth reaches the boiling point  it is usually left the last five minutes almost without fire.

 

Alberto

 



バレンシアの火祭り

バレンシアの火祭り(ファジャス) の歴史

スペインバレンシア地方の火祭り(ファジャス)は、大工の守護聖人サン・ホセを称えることを起源とし、バレンシアを中心とした周辺の都市において、3月15日から3月19日に開催される伝統あるお祭りです。

ファジャスは春になろうとする頃、大工が守護聖人サン・ホセを祀る前夜に、お祓いのために仕事場を綺麗にし、余った木材やおがくず等を燃やし、日の短い冬の間に使用し不要になったパロッツと呼ばれるランプも一緒に燃やしたことが始まりとされており、その後パロッツが人間の形へと変化することにより、今日の火祭りのモニュメントへと進化して行きました。

18世紀以降ファジャスは更に洗練され、政治への非難や世相風刺、世俗的な風習等を表現した人形が現れました。

 

ファジャスの張り子人形

バレンシアの火祭り-ファジャスの張り子人形
バレンシアの火祭り-ファジャスの張り子人形

通常各キャラクターは現代の風刺等をテーマにしており、ファジャスの巨大な張り子人形は重要な役割を果たす大きな人形を中心に(約30mの高さ)、周りにそれぞれ小さ目の人形が囲んでいます。

人形は一般的に木枠を基礎とし、発砲スチロール等で覆い張り子にします。常に政治批評や風刺のセンスが重要視され、各ステージにはバレンシアの言葉で意味の説明が書かれていたりします。

 

これらのモニュメントを構築するために、ファジャス専門アーティストや職人(大工・画家・彫刻家等)が数ヶ月間作業します。バレンシアの町で約800体のファジャスを作成します。

 


お祭りの間に行われるイベント

クリダ

2月最終日曜日に、トーレデセラーノスにてお祭り開始となります。この式典ではバレンシアの市長が街の鍵をファジャスの女王へ渡します。

 

マスクレタ

バレンシアの火祭り-プランタ
バレンシアの火祭り-プランタ

マスクレタ(爆竹)は3月1日から19日まで毎日行われ、バレンシアの人々が特にお気に入りの行事の一つです。5~7分程度、120デシベル以上の耳をつんざく音で、迫力の爆音をコンサートのように体感できます。

 

プランタ

3月14日と15日の夜は、ファジャスのモニュメントを建てる「プランタ」の日です。15日の朝までに子供用の小さなファジャスのモニュメントを作り、15日の夜から16日の朝に掛け、大きな人形を作ります。3月16日朝8時までに、全ての張り子人形が完成していなければいけません。何故なら、その時間にコンクールが催されるためです。

 

二ノットのカバルガータ

バレンシアの火祭り-二ノットのカバルガータ
バレンシアの火祭り-二ノットのカバルガータ

ファジャスが始まる1週間前に、各グループが重要なニノット(張り子の人形)を車に載せプロムナードパレード(カバルガータ・巡行)を行います。各グループに携わる人たちは、テーマに沿った衣装を身に着け練り歩きます。

 

二ノットの展示

約800体の二ノットが大型テントの下に集まり展示されます。祭りの後二ノットは焼かれますが、この審査を勝ち抜いた二ノットは一旦元のファジャスに戻り、各グループの定位置で展示された後、火祭り博物館で永久保存されます。

 

ロフレーナ・デ・フロールス(花飾り)

バレンシアの火祭り-ロフレーナ・デ・フロールス
バレンシアの火祭り-ロフレーナ・デ・フロールス

ファジェーラ(ファジャスに参加する女性達)が聖マリアに花を捧げ、3月17日と18日には一日中聖マリアの彫像とその巨大な台座は花で覆い尽くされます。聖マリア像は約14mの高さがあり、約100,000人の人々が花を捧げます。

 

花火の夜

お祭りの期間中毎晩花火がトゥリア川公園にて打ち上がりますが、3月18日には「ラ・ニト・デル・フォック」(火の夜)と呼ばれる、約20分間の盛大な最後の夜の花火が催されます。2015年には約2450kgのダイナマイトが使用され、約100万人の見物者が集まりました。

 

クレマ(人形焼き)

バレンシアの火祭り-クレマ
バレンシアの火祭り-クレマ

ファジェス最終日である3月19日最後の夜の真夜中近くになると、ファジェスは巨大なかがり火の中に入れられて燃やされます。これはクレマ(人形焼き)として知られ、ファジェス全体のクライマックスに当たるイベントです。約400か所で行われている炎の祭典で、バレンシアの街中は火の海と化します。

 

ファジャス: 無形文化遺産

ファジャスはユネスコの無形文化遺産登録を目指し、スペイン国内公募において選ばれており、今年2016年11月に開催される年次総会での候補として申請されています。

 

アルベルト

 


関連記事リンク


Fallas de Valencia

Historia de las Fallas

Las Fallas (Falles en valenciano) se celebran del 15 al 19 de marzo, en la ciudad de Valencia y otras poblaciones de la región en honor de San José, patrón de los carpinteros.

El origen de las fallas comienza cuando los carpinteros quemaban en la víspera del día de su patrón San José, en una hoguera purificadora, las virutas y trastos viejos sobrantes, haciendo limpieza de los talleres antes de entrar la primavera.  Además, quemaban sus "parots" (estructuras de las que colgaban los candiles que les daban luz) ya que con el fin del invierno y la llegada de la primavera, y al hacerse los días más largos, ya no eran necesarios. Más tarde, la inventiva popular le dio forma humana a estos parots.  A partir  del siglo XVIII, las Fallas fueron evolucionando y cargándose de sentido crítico e irónico, mostrándose sobre todo en los monumentos falleros escenas que reproducían hechos sociales censurables.

 

Los Monumentos Falleros

Fallas de Valencia-Monumentos falleros
Fallas de Valencia-Monumentos falleros

Habitualmente tienen carácter satírico sobre temas de actualidad.  Las fallas generalmente constan de una figura central de varios metros de altura (las más grandes superan los 30 metros) rodeadas de numerosas figuras de cartón piedra, poliestireno expandido, etc., sostenidas por una armazón de madera. También hay letreros escritos en valenciano explicando el significado de cada escenografía, siempre con sentido crítico y satírico.

 

Los artistas y artesanos falleros (carpinteros, pintores y escultores) trabajan durante meses para construir estos monumentos.  En la ciudad de Valencia se instalan unas 400 fallas (cada una de éstas consta de una falla principal y una falla infantil, más  pequeña)

 


Actos Falleros

La Crida

Se celebra el último domingo de febrero y es el acto en el que se inician oficialmente los festejos en las Torres de Serranos.  En este acto el alcalde de Valencia entrega las llaves de la ciudad a la fallera mayor y dan por comenzadas las fallas.

 

La Mascletà

Fallas de Valencia-Mascletà
Fallas de Valencia-Mascletà

La Mascletá se realiza todos los días, desde el 1 de marzo hasta el día 19. Es uno de los actos más valorados por los valencianos.  Se hacen explotar productos pirotécnicos, que producen sensaciones similares a la audición de un concierto, consiguiendo que el estruendo envuelva, todo en cuestión de escasos minutos (5-7) y llegando a superar los 120 decibelios.

 

La Plantà

Los días 14 y 15 de marzo por la noche son los días de la plantà, el acto de erigir los monumentos falleros.  El día 15 por la mañana, se realiza la de los monumentos de la categoría infantil y entre el 15 y la madrugada del 16 los monumentos grandes, siempre debiendo estar plantada a las 08:00 de la mañana del día 16, momento en que se presentará el jurado para calificarlas.

 

Cabalgata del Ninot

La Cabalgata del Ninot se realiza un fin de semana próximo al inicio de la semana fallera en sí.  En ella, diferentes comisiones de falla exponen, en su cabalgata, un tema social, político o deportivo normalmente de carácter local o regional.  Las comparsas, figuras y carrozas de cada comisión satirizan o critican su tema, como si de una falla itinerante se tratara y con ninots "humanizados".

 

L'exposició del Ninot  (La exposición del Ninot)

Son cerca de 800 los ninots (muñeco, en castellano) que se presentan en este museo fallero, abierto al público durante varias jornadas en una gran carpa instalada en la explanada de Nuevo Centro.  En éste se presentan los ninots con la ilusión de poder ser indultados y librarse de la quema, sólo el mejor se salvará.  El resultado del veredicto depende de una votación popular.

La vuelta a la falla se realiza con el ninot a cuestas o con algún vehículo manufacturado por los mismos falleros.

 

L'Ofrena de Flors (La Ofrenda de Flores)

Fallas de Valencia-La Geperudeta
La Geperudeta

La ofrenda a la Virgen de los Desamparados, o, conocida cariñosamente como "La Geperudeta" (la Jorobadita), patrona de la ciudad de Valencia, es una procesión en la que cada fallera ofrece un ramo de flores con el que se confecciona un espectacular tapiz de flores a modo de manto que cubre el cuerpo de la Virgen, cuya estructura de madera permite ir entrelazando los ramos para formar impresionantes diseños.  Esto, sumado a los 14 metros de altura de la Virgen, dotan a la ofrenda de una gran vistosidad.  El manto se desmonta 3-4 días después del 19 de marzo.  Hoy en día hay más de 100.000 personas  que llevan su ofrenda a la Virgen.

Castells de Focs Artificials (Castillos de Fuegos de Artificio)

Durante las fiestas falleras, se programan fuegos de artificio cada noche, que se disparan desde el antiguo cauce del río Turia.

El más importante y espectacular de los castillos es el conocido como "La Nit del Foc" (Noche del Fuego) que se dispara la noche del 18 al 19 de marzo, y durante más de 20 minutos, miles de kilogramos de pólvora (2450 kg, año 2015) iluminan el cielo de Valencia, llegando a congregarse más de un millón de personas para presenciarlo.

 

La Nit de la Cremà (La Noche de la Cremà)

La cremà es el acto de clausura de las fiestas.  Consiste en la quema de los monumentos falleros plantados en las calles de Valencia el día 19 de marzo.  El acto viene precedido por un castillo de fuegos de artificio, encendido por la Fallera Mayor y el Presidente de la Comisión. En primer lugar, en torno a las 22.00, se procede a la quema del monumento infantil a excepción de la falla ganadora del primer premio de la sección especial, que se quema a las 22.30.  A las 23.00 se quema el monumento infantil municipal.  Posteriormente a las 00.00 de la noche se queman los monumentos grandes y a las 00.30 se procede a la quema del primer premio de la Sección Especial de esta categoría.  Por último, a la una de la madrugada se quema el monumento fallero de la plaza del Ayuntamiento que está fuera de concurso, ya que es la oficial del Ayuntamiento.

 

Fallas:  Patrimonio Inmaterial de la Humanidad

Este año las Fallas son candidatas a ser declaradas Patrimonio Inmaterial de la Humanidad por la UNESCO en la Asamblea Anual que se realizará en noviembre de 2016. 

 

Alberto

 

Fallas de Valencia-la Cremà
La Nit de la Cremà (La Noche de la Cremà)


忘れられない思い出が詰まったイタリア留学   Part 3: イタリア田舎巡り

トレッキングイタリア

トレッキングイタリアという山登り会がある。入会して参加費を払えば、誰でも参加できる。

残念ながら、1回目に参加を予定していた山には雨で中止になり行けなかったが、ジェノバ滞在もあと1週間という日曜日、アロッシャの滝とポイラロッカという所に行くことができた。

アロッシャの滝
アロッシャの滝

集合場所に着くと、もうほとんどの参加者が集まっていた。いきなり日本人が現れてどうしてよいか分からないのか、ちょっと遠巻きに視線を感じていたが、ガイドのマリアが真っ先に声をかけてくれた。マリアと話していると、私がイタリア語を話せることが分かったのか、他の人もけっこう話しかけてきてくれた。

もちろん、初対面だからお決まりの質問攻め。

どこから来たの?ジェノバで何しているの?どうして滞在先にジェノバを選んだの?日本ではどんな仕事しているの?他にイタリアでどこへ行った?登山経験者?などなど。

この日のトレッキングは、公共交通機関では行けない場所だったので、ジャンカルロと一緒にマウロの車に乗せてもらった。

車中の会話はほとんど分からなかった。ネイティブのスピードと方言には付いて行けない…。

天気が良すぎたので暑さにはまいったが、滝は綺麗だったし、道中も楽しかった。

お昼ごはんの時には、1人のおばさんがお菓子を分けてくれた。花や樹に詳しいおじさんがたくさんの事を教えてくれた。全部忘れてしまったけど。

ジェノバ滞在中、最初で最後のトレッキング、とても楽しい1日だった。

 


イタリアの最も美しい村

 小さな村を訪ねるのはしばしば公共交通手段が無く、バスを乗り継ぐ等難易度が高いが、地元の人と触れ合え、心に残る旅になること間違いなしだ。いくつか訪れてみた。

モンバルドーネ
モンバルドーネ

 

・モンバルドーネ(ピエモンテ州、アスティ県)…とても小さなテーマパークのような中世の村。ピエモンテの南に位置し、要塞のように壁で囲まれている。200人強の人口で、石畳で覆われたメインストリートが一つしかない。

ブリジゲッラ
ブリジゲッラ

・ブリジゲッラ(エミリアロマーニャ州、ラヴェンナ県)…時計塔の横から村を眺めていると時間を忘れてしまう。写真の2階部分は世界的にも珍しい高架道路。通称「ロバ通り」。ふと入ったバールで食べたブルスケッタは今まで見たことのない大きさだった。

 

・ドッツァ(エミリアロマーニャ州、ボローニャ県)…エミリアロマーニャ州のエノテカがあり、スフォルツェスカ城の地下に800種類ものワインを貯蔵。村のどの家の壁にも絵が描かれていて、村全体が美術館のようだ。

 

・サン・レオ(エミリアロマーニャ州、リミニ県)…リミニから32kmの距離。巨大な岩の頂上に要塞と城があり、岩を切り開いた唯一の道からでないと到達できない。とても有名で、要塞からの眺めがすばらしくシャッターを押す手が止まらなかった。女性が一人で全て手作りしているアートショップがあった。バラはサンレオのお守りらしい。バラの形をしたしおりを買った。

 

※当校生徒Yuki様より日本語とイタリア語で投稿頂きました。

 連載でお送りしており、本Part3が最終回です。


関連記事リンク


Indimenticabile soggiorno in Italia.
Part III.  Andando per la campagna dell'Italia

Scoprire l'Italia attraverso il trekking

C'è un club alpino che si chiama "Trekking Italia".  Dopo l'iscrizione si paga per partecipare e si può fare il trekking.  Purtroppo il mio primo trekking è stato sospeso a causa della pioggia.  Ma durante il mio soggiorno a Genova, nell'ultima domenica, sono potuta andare nelle cascate dell'Arroscia e Poilarocca. 

Sentiero
Sentiero

Quando sono andata nel posto d'incontro, quasi tutti i partecipanti erano già arrivati.  Sentivo degli sguardi da lontano perché io ero l'unica giapponese del gruppo, ma la guida Maria mi ha parlato subito.  Mentre parlavo con Maria tante persone si sono avvicinate per parlare perché forse avevano capito che potevo parlare l'italiano.  Quel giorno era la prima volta e mi hanno fatto delle solite domande:  “Da dove vieni?, che cosa fai a Genova?, perché hai deciso di restare a Genova?, che lavoro fai in Giappone?, in che città sei andata in Italia?, hai abitudine di camminare in montagna?”, ecc.

Per arrivare al piede di montagna non ci sono i mezzi di trasporti pubblici.  Perciò Mauro ha dato un passaggio a Giancarlo e a me nella sua macchina. Mentre loro parlavano insieme in dialetto e velocemente io non ne capivo niente.

Quel giorno faceva bel tempo ed era troppo caldo, quindi ero stanca, ma le cascate erano belle e mi sono divertita un mondo. Mentre pranzavamo una signora mi ha offerto un dolce e un signore che conosceva bene le piante mi ha insegnato tante cose.  Ma adesso ho dimenticato tutto.

 

Durante il soggiorno a Genova il primo e l'ultimo trekking è stato molto divertente.

 


I Borghi più belli d'Italia

Di solito arrivare in un paesino piccolo è un po' difficile perché qualche volta non ci sono i mezzi di trasporti pubblici oppure si deve cambiare l'autobus molte volte.  Purtroppo si può parlare con la gente del luogo, e il viaggio rimane sempre assolutamente in cuore. In quest’occasione ho visitato…

Brisighella torre dell'orologio
Brisighella-Torre dell'orologio

-  Mombaldone (AT, Piemonte):   Un paesino molto piccolo medievale come un parco al sud del Piemonte ancora racchiuso dalle mura.  La sua popolazione è di appena più di 200 abitanti e la via principale è una sola, e si presenta totalmente ricoperta di ciottoli.

 

-  Brisighella (RA, Emilia-Romagna): Vedendo il paesino al lato della torre dell’Orologio, ho dimenticato che il tempo passava.  Sulla foto la parte nel primo piano è una strada sopra elevata, una preziosità architettonica unica nel mondo.  Si chiama “Antica via degli Asini”.  La bruschetta che ho mangiato è la più grande che avevo visto.

 

San Leo
San Leo

-  Dozza (BN, Emilia-Romagna):   C'è l’Enoteca di Emilia Romagna nei sotterranei della Rocca Sforzesca con 800 etichette selezionate.  La cittadina è resa unica dai numerosi dipinti che ne abbelliscono le facciate delle case e ne conferiscono un aspetto caratteristico.  Era come un museo a cielo aperto.

 

-  San Leo (RN, Emilia-Romagna):   Situata a 32 km da Rimini, su un enorme masso roccioso tutt’intorno invalicabile, vi si accede per un’unica strada tagliata nella roccia.   Sulla punta più alta c’è il Forte.  Il castello è famoso. Il panorama dal castello era troppo bello, non ho potuto fermarmi di scattare foto.  Ho comprato dei segnalibri a forma di rosa perché la rosa è portafortuna in San Leo.

                                                           Yuki

 



忘れられない思い出が詰まったイタリア留学   Part 2: イタリア食べ歩き

買物、食事、友情、出会いと別れ

同じ時期に留学していたリコ、アレッサンドラ、ティナと4人でつるむ事が多かった。私たちはなぜかすごく気が合った。一緒にジェノバを散歩し、スーパーで買い物し、食事に行ったり楽しい時間を過ごした。そんな日々はあっという間に過ぎ、アレッサンドラとティナが帰国してしまった時はとても寂しかった。

クレープ
クレープ

ある日、リコが気になるお店を発見したと言う。女性が一人でやっているカウンターだけの小さなお店。でも1人で入る勇気がないので、一緒に行こうと誘われたのだ。店はクレープ屋さんだった。店長のミケーラはとてもいい人で、料理もとても美味しかった。甘いのでも辛いのでも希望に合わせてどんなクレープでも作ってくれる。

 そこで何よりも楽しかったのが、他のお客さんたちと話ができたこと!小さなお店だから、席も譲り合わなければ座れない。距離が近いので会話が聞こえる。お客さんの一人が誕生日だったようで、アウグーリ!(おめでとう!)と聞こえた。そして、一緒にアウグーリ!! 気前のいいおじさんが私たちのグラスにもワインを注ぐ。チンチン!と乾杯。常連さんと知り合いになり、話は弾む。もちろん、彼らの話すイタリア語はほとんど分からない。それでも、楽しい気持ちは変わらない。ジェノバに訪れた時は、絶対にここでまた食事と会話を楽しみたい。

 


ホストファミリーに学ぶ地域文化

大家さんで同居人のパオラはとても親切な人だ。彼女と話すのはとても楽しい。日本についてやたらと質問され面倒な時もあったが、楽しい事の方が圧倒的に多かった。これがホームステイのよい所。

パーネラ
パーネラ

一緒に散歩したことがあり、ガイドブックには載っていない隠れたジェノバを案内してくれた。ジェノバの中心街は迷宮なので、二度と同じコースを一人で辿ることは出来ないが。

疲れたら、ジェノバ名物のパーネラ(ジェノバ名物で、生クリーム、粉末コーヒー、卵黄等をブレンドした手の込んだアイスクリームの一種)を食べて休憩した。ジェラートだけどちょっと違う。美味しかった。

パオラの大好きな映画俳優さん、アレッサンドロ・ガズマン。もう50歳くらいだけど、ものすごいイケメンだ!ガズマン主演の映画「Se Dio vuole」が上映されるので、パオラの友達のロレンツァも一緒に3人で映画館へ行った。観終った後、私が理解できなかった部分を教えてもらったり、ガズマンのいい男っぷりを語り合ったりと楽しい夜だった。

マンションの1階にピザ屋がある。かなり人気らしく、毎日人で溢れかえっている。ある日、パオラと2人で夕食に訪れた。お皿からはみ出た大きなピッツァ。ジェノベーゼソースのピッツァは、チーズたっぷりピッツァと比べると軽くてどんどんいけた。この店で昔から働くおばあさんが手作りしているというティラミスも絶品だった。

最終日の朝、パオラおすすめのバールで一緒に朝ごはんを食べた。店員さんが目の前でブリオッシュ(パンとパウンドケーキの中間のようなテイスト)の中にクリームを注入してくれる。私は小さいブリオッシュ2つに、それぞれピスタチオとチョコレートのクリームを入れてもらった。ステキな朝ごはんで幸せな朝を過ごした。最後のお別れの時、家を出て駅に向かう私をパオラは窓から手を振って見送ってくれた。パオラとは今も時々フェイスブックでメッセージのやり取りをしている。私の大切な友達だ。

 

※当校生徒Yuki様より日本語とイタリア語で投稿頂きました。

 連載でお送りしています。


関連記事リンク


Indimenticabile soggiorno in Italia.
Part II.  Passeggiate gastronomiche in Italia

Shopping, pasti e amicizia in Italia

Sempre stavo spesso con Riko, Alessandra e Tina, studentesse anche della scuola in quel tempo.  Non sapevo perché, ma ci davamo molto bene.  Qualche volta facevamo una passeggiata per Genova, facevamo la spesa in un supermercato, parlavamo e cenavamo insieme.  Abbiamo passato tanto tempo divertente.  Quando Alessandra e Tina sono tornate nel loro paese, mi sono sentita molto triste.

Genova-Vista panoramica
Genova-Vista panoramica

Un giorno Riko ha trovato un'osteria.  Era una piccola osteria: c'era solo un bancone da mangiare e lavorava una donna sola.  Riko non voleva andare da sola, quindi mi ha chiesto di andarci insieme.  Era una creperia.  La chef Michela era molto simpatica, e tutti i suoi piatti erano molto buoni.  Poteva fare tutti i tipi di crêpe che i clienti chiedevano.

Soprattutto ci siamo divertite a parlare con gli altri clienti. Non c'era sufficiente spazio e dovevamo avvicinarci per sederci tutti. Quindi ho potuto ascoltare la conversazione degli altri. In un dato momento ho sentito "Auguri!" perché vicino a me celebravano il compleanno di un cliente.  Poi tutti abbiamo detto insieme "Auguri!" a lui. E così un signore generoso ha versato vino nei nostri bicchieri e abbiamo fatto brindisi dicendo "Cin cin!"  In quel momento abbiamo conosciuto molti clienti abituali,  la chiacchiera era molto interessante.  Certamente che io non potevo capire tutto l'italiano che loro parlavano però era divertente.  La prossima volta che io vada a Genova vorrei sicuramente cenare in questa creperia e godermi la conversazione.

 


Imparando la cultura locale con una host family

La proprietaria di casa e la mia coinquilina Paola era molto gentile e mi fascinava molto parlare con lei. Siccome lei mi faceva tante domande sul Giappone, qualche volta mi sentivo un po' annoiata ma di solito trovavo la chiacchiera molto interessante. Questa cosa è un grande vantaggio di fare un “home stay”.

Genova-Centro storico
Genova-Centro storico

Un giorno abbiamo fatto una passeggiata insieme.  Paola mi ha accompagnato a scoprire la Genova nascosta che non c'era sui libri di turismo.  Il centro di Genova è come un labirinto: sicuramente non potrei fare quel giro da sola un'altra volta.  Quando ci siamo sentite stanche abbiamo fatto uno spuntino mangiando “pànera” e ci siamo riposate.  La pànera è un dolce tipico genovese, fatta da panna fresca, polvere di caffè e tuorli d’uova sbattuti.  E' un tipo di gelato, ma un po' diverso e di difficile preparazione.  Era molto buona!...

Paola è pazza per l'attore Alessandro Gassman.  Lui ha circa 50 anni ma troppo bello!!  In quel giorno davano un film con Alessandro Gassman: "Se Dio vuole". Perciò abbiamo deciso di andare al cinema con Paola e la sua amica Lorenza. Dopo il film mi hanno spiegato delle parti che non avevo capito, abbiamo parlato della bellezza di Gassman.  Abbiamo passato una sera molto divertente.

Sotto l'appartamento c'era una pizzeria molto popolare ed ogni sera era piena di gente.  Una sera abbiamo cenato insieme.  La pizza era così grande che sporgeva dal piatto.  La pizza alla genovese è più leggera di quella con formaggi perciò ho potuto mangiarne tanta.  Anche il tiramisù che era fatto a mano da una signora che ci lavorava da tanti anni era eccellente.

Nella mia ultima mattina a Genova abbiamo fatto colazione in un bar che Paola mi aveva consigliato. Il cameriere iniettava crema nella brioche in presenza dei clienti.  Ho mangiato due brioche piccole: una con crema di pistacchio e un'altra con crema di cioccolato.  Ero molto felice di questa colazione.  Alla fine quando camminavo fino alla stazione, Paola mi ha seguito con lo sguardo agitando la mano dalla finestra.  Anche adesso qualche volta scambiamo messaggi sul FaceBook.  Paola rimarrà sempre nel mio cuore.

 

Yuki

 



忘れられない思い出が詰まったイタリア留学  Part 1:  ジェノバ初日から驚きの連続

2か月間のイタリアホームステイとジェノバでの留学生活。

ツアーでは味わえないイタリアの良さを伝えられたらうれしい。

 

ジェノバの番地はまるでルーレットのよう!

イスタンブールで飛行機を乗り継ぎ、ジェノバ・クリストフォロ・コロンボ空港へはお昼に定刻で到着。大家さんには午後2時頃に着くと伝えてあるのでのんびり向かえばいい。空港からバスに乗り、ブリンニョレ駅まで行く。

ラジオを大音量で流しながら走る運転手さんにイタリアを感じた。

赤と黒の番号表示板
赤と黒の番号表示板

ブリンニョレ駅から滞在先までは徒歩で10分ほどのはずなので、重いスーツケースを引きずりながらでも15分ぐらいかなと、この時は思っていた。

地図を片手に通りを探す。

イタリアでは全ての通りに名前が表示されていて、建物には番号が振ってあり、数字の順番通りに並んでいる。だから住所さえ分かれば辿り着けるのだ。

よし、ここだ! しかし入口が分からない。アパートだと思っていたのに、なんだかお店っぽい。いくら探してみても入口が見つからない。埒が明かないので近くのバールで聞いてみた。

 

ジェノバ-Scalinata delle Tre Caravelle vicino alla Piazza della Vittoria
ジェノバ-Scalinata delle Tre Caravelle

ここで知る、衝撃の事実!

ジェノバの建物には赤と黒の番号があって、お店などには赤、アパートなど住居には黒の番号が掲げられている。やっかいなことに、違う色で同じ番号があるのだ。

宝クジ発祥の地ジェノバだけに、番地も まるでルーレットのよう!

「黒い番号を見つけたらcitofonoを押せばいいわ」

チトーフォノ...最初は何のことか分からなかったが、向かいの建物のインターフォンを指差して教えてくれたので理解できた。 ジェノバで最初に覚えた単語、citofono

めでたくアパートに到着し、少し休憩して翌日から通う学校の場所確認を兼ねて散歩へ。

学校へはすんなり着けたのだが、違う道で帰ろうとしたのが間違いだった。地図は持っていたが見ていなかったので迷ってしまい、海に出てしまった。丘の上からの眺めは良かったが、すごく疲れた。でも道に迷ったおかげで惣菜屋さんを見つけて、その日の晩ごはんと翌日の朝ごはんを買うことができた。

後で知ったことだが、この時に食べたほうれんそうのタルトはジェノバ名物の一つらしい。疲れた身体には少し重かったが、美味しかった。

 


国際的な環境の学校

EuroLingualで週に1回のレッスンを約8年間続けており、更にレベルアップを図るため、イタリア・ジェノバにあるA Door to Italyという外国人のためのイタリア語学校へ5週間留学してきた。 以前イタリアから先生が来日した際説明会に参加し、今回のプランニングは留学サポートシステムにより、大阪に居ながらにして安心に安く留学準備することができた。

A Door to Italy-Classe in gruppo.
A Door to Italy-Classe in gruppo.

 

学校へ登校初日、エントランスを入りボンジョルノと挨拶!

すぐにレベルチェックテストを行い、クラスを決めてくれた。

教室に入ると既に一人の男の子が授業を受けていて、前置詞と冠詞の部分が(   )で穴あきになっているプリントの答え合わせをするところだった。

黒板には彼が書いた答えがずらり。いきなりプリントを渡され、「これ答え合わせして♪」と先生。よ、容赦ないな…。

私がここへ来た最初の2週間は、ずっと同じ先生だった。彼女の説明はとても分かりやすく、授業以外でもたくさんの事を教えてくれた。私はこの先生がとても好きになった。

クラスの生徒はだいたい4~6人で、国籍はバラバラでとても楽しかった。毎日4時間の学校生活はあっという間に過ぎて行った。

 

※当校生徒Yuki様より日本語とイタリア語で投稿頂きました。

 連載でお送りしています。

 


関連記事リンク


Indimenticabile soggiorno in Italia.
Part I. Molte sorprese dal primo giorno a Genova

 

Ciao! Adesso vi racconterò il mio soggiorno in Italia (Genova) durante due mesi per studiare l’italiano.  Sarò felice se riesco a farvi sapere quanto grande c’è stata la mia esperienza la quale non si potrebbe scoprire in un viaggio turistico normale.        

 

Mamma mia!  Anche gli indirizzi sono come una lotteria!

Dopo aver cambiato l'aereo a Istanbul, sono arrivata all'aeroporto Colombo di Genova verso mezzogiorno come era previsto.  Prima avevo fatto sapere alla proprietaria di casa che sarei arrivata verso le 14.00.  Potevo andarci con calma...  Ho preso l'autobus e sono andata alla stazione Brignole. L'autista guidava ascoltando la radio ad alto volume.  Mi sono sentita di essere in Italia!  Dalla stazione di Brignole alla casa della padrona ci sarebbero voluti circa 10 minuti a piedi.  Siccome avevo la valigia pesante, in quel momento ho pensato che avrei messo 15 minuti.

Cercavo la via sulla piantina...  In Italia ogni strada ha un nome chiaramente scritto, e tutti gli edifici hanno i loro numeri in ordine.  Grazie a questo sistema si può arrivare facilmente conoscendo l'indirizzo.

“Sì, l'ho trovato...”  però non trovavo l'ingresso.  Avevo pensato a un appartamento, ma mi sembrava che fosse un negozio.  Cercavo e cercavo ma non potevo trovare l'ingresso.  Ho visto un bar vicino, e ho chiesto alla barista. 

Genova-I parchi di Nervi e i Musei
Genova-I parchi di Nervi e i Musei

Per la mia sorpresa ho scoperto la verità: a Genova ci sono numeri rossi (per le attività commerciali) e neri (per i privati).  Il problema è che può darsi lo stesso numero nei due colori. Sapevate che l'origine della lotteria è stata a Genova?  Anche gli indirizzi a Genova mi sembravano una lotteria!

"Quando trovi il numero nero, devi suonare il citofono" mi ha detto la barista.  Prima non ho capito che cosa era un “citofono”, ma lei me ne ha mostrato uno nel palazzo di fronte, e ho capito.  Citofono era la prima parola nuova che avevo imparato a Genova.

Finalmente ci sono arrivata.  Mi sono riposata un po’ e ho deciso di far una passeggiata per sapere dove era la scuola a cui dovevo andare dal giorno seguente.  Ci sono potuta arrivare senza perdere la strada.  Per tornare a casa ho usato una strada diversa e questo è stato il mio secondo errore.  Avevo una mappa, ma come non l'usavo, ho perso la strada e sono arrivata al mare. E poi sono salita su una collina...  La vista era bellissima ma io ero già troppo stanca!  Però per questo ho passato per un negozio di alimentari e ho comprato la cena e la colazione.  Dopo ho saputo che la pasqualina (torta di spinaci) è un piatto tipico genovese.  Per il corpo stanco era un po' pesante, ma era buona...

 


Una scuola con ambiente internazionale

Dopo aver studiato l’italiano a EuroLingual durante 8 anni una volta alla settimana, ho deciso di fare un soggiorno in Italia per aumentare il mio livello di lingua.  Ho chiesto l’aiuto al Programma di “Study Abroad” di EuroLingual, un sistema economico e molto sicuro e loro mi hanno consigliato la scuola  di italiano chiamata “A Door to Italy” di Genova.  Tempo fa avevo già partecipato a un seminario che aveva organizzato la scuola con una professoressa di A Door to Italy.

Nel mio primo giorno scolastico sono andata alla scuola e sono entrata dicendo "Buongiorno!".

Genova-Pozzo e chiostro di Sant'Andrea
Genova-Pozzo e chiostro di Sant'Andrea

Subito ho preso l'esame di livello. e hanno deciso la mia classe. Quando sono entrata nell'aula c'era un ragazzo che stava già in classe studiando. In quel momento avevano appena cominciato a controllare le risposte su un foglio da completare con gli articoli e le preposizioni articolate. Sulla lavagna lo studente aveva già scritto le sue risposte. Subito l'insegante mi ha dato un foglio in bianco e mi ha fatto riempirlo, implacabile!... Durante le mie prime due settimane l'insegnate era sempre la stessa. Le sue lezioni erano sempre buone. Mi ha insegnato tante cose oltre alla grammatica. Mi è piaciuta molto questa insegnante. In una classe di solito c'erano non più di 5 studenti e come tutti erano di nazionalità diverse la classe era sempre molto interessante e divertente. Per me 4 ore di lezione passavano velocemente ogni giorno.

 

Yuki

 



バラエティーに富む伝統ロシア料理

典型的なロシア料理は多種多様なだけでなく、長い冬に備え概ね高カロリーです。

伝統的なロシアのコース料理は、以下の手順が基本です。

1.  前菜(zakuski):  通常はサラダやホットスープ 

2.  メイン:  暖かい料理と付けあわせ(例)牛肉や鶏肉

3.  コーヒーまたは紅茶プラス常にデザート

 

ロシアの名物料理

前菜

前菜(Zakuski)は、サラダとキャビア・漬物・魚・肉や野菜から作られた、小さな温製または冷製料理が多く、中でもオリビエサラダ(Olivier salad)は、定番メニューとして年末に行われるロシアのパーティーには欠かせません。

オリビエサラダ (Olivier salad)
オリビエサラダ (Olivier salad)

他にもニシンのコート包み(Selyodka pod shuboi)という、ニシンをジャガイモ・ビート・にんじん・卵・マヨネーズの和え物で覆ったものが有名で、ロシア3大サラダの3つ目、ヴィナグレ(Vinegret)というビートと茹でたジャガイモ・キュウリのマリネ・エンドウ豆・玉ねぎをオイルで味付けしたものが好まれます。また一般的に、キノコのマリネや他の材料を、ビートと混ぜたサラダを食すことが多いです。

 

スープ

スープ(Sup)は、おそらく様々な料理の中でも最も特徴的で、ロシアの人々は(夏でも)ホットスープを口にします。ロシアの伝統的なスープは、決してとろみのあるタイプではなく、野菜や肉または魚をカットして調理したサラッとしたものが主流です。

ボルシチスープ(Borsch)
ボルシチスープ(Borsch)

最も有名なものは、ビート・ジャガイモ・トマト・キャベツと肉で作られたボルシチスープ (Borsch) です。スメタナ(Smetana)と呼ばれるサワークリームを付け合わせれば、完全にロシアの味となります。他にソリアンカ(Solianka)が有名で、肉または魚にピクルス・トマト・レモンを加えた酸味のあるスープ。シチー(Shchi)はサワークラウトまたはソレルというハーブを使った酸っぱいスープ。ウハー(Ukha)は魚介スープとしてよく知られています。

 

メイン

一般的には牛肉・鶏肉・魚料理があり、例えばストロガノフ(Stroganoff: 牛肉またはチキンをクリームソースとマッシュルームで調理したもの)や、シャシリク(Shashlik: ブロシェット・BBQの種類、コーカサスが源流)、様々なステーキ、牛肉やチキンの詰め物、地魚としてサケ・マス・チョウザメ・タラ等が用いられます。

ロシア料理の伝統的なものは他にもあり、シベリアが起源のペリメニ(Pelmeni)と呼ばれるイタリアのラビオリや水餃子にも似た、バターやケチャップとスメタナで味付けした包みパスタや、ペリメニの他バージョンであるヴァレーニキ(Vareniks)は、大きめで異なった詰め物(ジャガイモ・キャベツ・甘いカッテージチーズ・チェリー)が入っています。ガルブツィー(Golubtsí)という肉と米を詰めたロ-ルキャベツもとても人気があります。

ロシア料理では、ジャガイモ(茹で・揚げ、潰し等)・お米・ビートが付け合わせとして用いられます。

 

その他ロシア料理

 ロシアでは日常生活の中に多種多様な食が垣間見えます。カッテージチーズの一種トゥボロク(Tvorog)やケフィア(Kefir: ヨーグルトに似たドリンク)等がその一例です。

ピロシキ(Piroshki)
ピロシキ(Piroshki)

また、生地を使った料理もとても豊富です。例えばピロシキ(Piroshki: 具材:ロールキャベツ・肉・魚・ジャガイモ・レモン・ジャム・カッテージチーズ・アプリコット・その他)やバトルーシュカ(Vatrushka: 生地の中心に円形の窪みを作り、そこにトゥボロクやジャムをのせたお菓子)等はとても人気があります。お茶と一緒に愉しむための、生地を使ったケーキやペストリーが数多くあります。

有名なブリニ(Blini: クレープ)は、サンクトペテルブルクで特に人気があり、バター・スメタナ(サワークリーム)・ジャム・蜂蜜・黒や赤キャビアを基本とし、プラス肉・鶏肉・ハム・チーズ・ポテト・マッシュルーム・リンゴ・イチゴ等の具材を混ぜ合わせます。

 

ロシアのキャビアは2種類あり、赤はサーモン、黒はカスピ海で獲れるシロイルカ、チョウザメ、セブルーガのものです。

ロシアのパンはいくつかの種類がありますが、中でも一番食されるのが黒パン(Cherny jleb)で、ライ麦で作られるローカロリーのヘルシーなパンです。白パンと呼ばれる一般的なパンもあります。

 

ウォッカ

ロシアの伝統的な飲み物は、ウォッカではなくお茶で、お家や仕事場においてランチやディナーの後ゲストと一緒に飲むのが普通で、一日に何度も摂取されます。通常は紅茶と砂糖そしてたまにレモンを絞っていただきますが、ミルクは入れず、常にホットです。お茶単体で飲むというよりも、色々な種類のスイーツ・ペストリー・パイ・ケーキ・チョコレートやジャムと一緒にいただくことが多いです。

 

ロシアンウォッカの飲み方:

1)ウォッカは他の飲料とは混ぜず、小さなコップで飲みます

2)氷は入れませんが、ボトル自体はキンキンに冷やしてください

3)食前、食後にはウォッカを飲まず、前菜(zakuski)と一緒に飲んでください

4)  様々な乾杯の掛け声がありますが、ナ・ズダローヴィエ(Na Zdorovie: 健康のために)という言い方が一般的です。

 


関連記事リンク


Variety of Traditional Russian Cuisine

 

The typical Russian cuisine is very diverse, but also with high calories because of the long winter.

The traditional Russian food is:

1. First course - appetizers ("zakuski"), normally salads or hot soup.

2. Second course - a hot entree, for example, meat or chicken with garnish.  

3. Coffee or tea always with dessert.

 

The Russian Food Specialties

Appetizers

Appetizers (Zakuski) can be salads and small hot and cold dishes, including caviar, pickles, dishes made from fish, meat and vegetables. The "Olivier salad" is very popular and traditional in any Russian party, especially for End of Year. 

Vinegret salad
Vinegret salad

Another known salad is called "Herring under the coat" (Selyodka pod shuboi), it is made with herring covered with potatoes, beets, carrots, eggs and mayonnaise. The third typical salad is called "Vinegret" (beetroot and boiled potato, marinated cucumber, peas, onions), all seasoned with oil. There are also salads with marinated mushrooms and some others with cooked beets mixed with other ingredients.

 

First courses (soups)

The soups (Russian: "sup") are perhaps the most characteristic dishes and they are eaten hot (even in summer). The traditional Russian soups are never "mash" type, but have in the vegetable and meat or fish cut into pieces. The most famous is Borsch soup made of beets, potatoes, tomatoes, cabbage and meat. When serving add sour cream "Smetana" which is very typical in Russia. Also very popular it is the Solianka, which can be made of meat or fish with pickles, tomato and lemon, it has an original taste acid. You can find the Shchi soup (can be made of cabbage or sorrel) and Ukha (a fish soup).

 

Main courses

Generally are meat dishes, poultry and fish. For example Stroganoff (beef or chicken with cream sauce and mushrooms) or Shashlik (a kind of brochette, original dish from Caucasus), various steaks and stuffed meat, chicken. The local fish may be salmon, trout, sturgeon, cod, etc.

Beef Stroganoff
Beef Stroganoff

Another traditional dish of Russian cuisine is called "Pelmeni" (Siberian origin) and resembles the Italian "ravioli", that are eaten with "Smetana", butter or ketchup. The other version of "pelmeni" is "Vareniks" - are larger and with other fillings (potato, cabbage, sweet cottage cheese, cherries). Another very popular dish is the "Golubtsí" (cabbage leaves stuffed with meat and rice).

As garrison in Russia many potatoes (boiled, fried, mashed, etc.), rice, beetroot (cooked) are also eaten.

 

More specialties of Russian cuisine

In Russia there are a great variety of dairy products: many kinds of cottage cheese ("Tvorog") and "Kefir" (a drink similar to yogurt).

Vatrushka
Vatrushka

Also, dishes prepared with mass are very popular, for example, the Piroshki (stuffed cabbage, meat, fish, potatoes, lemon, jam, cottage cheese, apricots and other things), "Vatrushka" (an open round dumpling, made with "tvorog" or jam). There are many types of pasta for tea, cakes and pastries.

The famous "Blini" (crêpes) are very popular in St. Petersburg. The blinis are served with butter, smetana (sour cream), jam, honey, and black or red caviar with different fillings, meat, chicken, ham, cheese, potato, mushroom, apple, strawberry, or mixtures of several ingredients.

Russian caviar:  There are 2 types of caviar: red (salmon) and black (beluga, sturgeon, Sevruga - from the Caspian Sea).

Russian bread:  There are several types, the most typical is black bread - (Cherny jleb), with rye flour is very healthy and has few calories. There are also a regular bread called white bread - "Bely jleb".

 

Vodka

The traditional drink taken over in Russia is not vodka but the tea.  It is taken at any time of day, at home, at work, with the guests and after lunch or dinner.  Usually black tea with sugar and often with lemon, but no milk, and always hot. The tea is not taken alone but often accompanied with all kinds of sweets, pastries, pies, cakes, chocolates, jams.

 

How to drink Russian vodka?

1)  The vodka never should be mixed with other drinks. It is drunk from small cups.

2)  No ice sets, the whole bottle should be cooled.

3)  Do not drink Vodka before or after dinner, but accompanied with "zakuski" - appetizers.

4)  Many toasts, the most famous is "Na Zdorovie" (Cheers) are pronounced.

 



Разнообразие традиционной русской кухни

Русская кухня очень разнообразна, с высоким содержанием калорий.

Традиционная русская пища:

1. Первые блюда - закуски ("закуска"), обычно салаты или горячий суп.

2. Во-вторых, конечно - горячие блюда, например, мясо или курица с гарниром.

3.  Кофе или чай всегда с десертом.

 

Российская пищевая промышленность

Закуской могут быть салаты и небольшие горячие и холодные блюда, в том числе икра,  блюда из рыбы, мяса и овощей. Например, салат "Оливье" является очень популярным и традиционным в любом русском застолье, особенно для конца года.

Селедка под шубой (Herring under the coat)
Селедка под шубой (Herring under the coat)

Другой известный салат называется "Селедка под шубой" он сделан с селедкой, покрытой картофелем, свеклой, морковью, яйцами и майонезом. Третий салат называется "Винегрет" (свекла и картофель отварной, маринованный огурец, горох, лук) приправленный оливковым маслом. Есть также салаты с маринованными грибами и вареной свеклой, смешанные с другими ингредиентами.

 

Первые блюда (супы)

Суп является, пожалуй, наиболее характерным блюдом, и его едят горячим (даже летом). Традиционные русские супы никогда не делаются по типу "Пюре", но есть и овощные и с мясом  или где рыба разрезается на куски. Наиболее известным является Борщ. Это суп из свеклы, картофеля, помидоров, капусты и мяса. При подаче добавляется сметана, которая является очень типичной для России. Также очень популярна Солянка, которая может быть сделана с мясом или с рыбой, помидорами и лимоном, она имеет оригинальный кислый вкус. Вы можете так же встретить суп Щи (из капусты или щавеля).

 

Основные блюда

Мясные блюда, птица и рыба. Например "Строганов" (говядина или курица с соусом и грибами) или шашлык (Оригинальное блюдо с Кавказа), различные стейки, фаршированные мясом или курицей блюда. Рыба такая как: лосось, форель, осетр, треска, и т.д.

шашлык (chicken sashlik)
шашлык (chicken sashlik)

Еще одно традиционное блюдо русской кухни - "пельмени" (Первоначально из Сибири) и напоминает итальянские "равиоли", которые едят со сметаной, сливочным маслом или кетчупом. Другим вариантом пельменей являются вареники. Вареники -  больше, совершенно другой формы и с другими начинками (картофель, капуста, сладкий творог, вишня). Еще одно очень популярное блюдо - Голубцы (листья капусты, фаршированные мясом и рисом).

 

Другие особенности русской кухни

В России большое разнообразие молочных продуктов: разные виды творога. А так же кефир (напиток похож на йогурт).

блины (Salmon blini)
блины (Salmon blini)

Очень популярны, например, пирожки (начинка очень разнообразна: капуста, мясо, рыба, картофель, лимон, варенье, творог, абрикосы и др); Ватрушка (открытые круглые пончики, сделанные с творогом или вареньем). Есть много видов макарон. После главных блюд обычно подают чай с тортами или пирожными.

Знаменитые блины очень популярны в Санкт-Петербурге. Блины подаются с маслом, сметаной, джемом, медом, черной или красной икрой. Начинки могу т быть разными: мясо, курица, ветчина, сыр, картофель, грибы, яблоко, клубника или смесь нескольких ингредиентов.

Русская икра. Есть 2 типа икры: красная (лосося) и черная (белуги, осетра из Каспийского моря).

Русский хлеб. Есть несколько видов, наиболее типичный черный хлеб, с ржаной мукой, очень полезный и имеет мало калорий. Есть также обычный хлеб, называется белым хлебом.

 

Водка

Традиционный напиток России не водка, а чай. Его пьют почти в любое время, у себя дома, на работе, в гостях, после обеда или ужина. Обычно черный чай с сахаром и лимоном, без молока, и всегда горячий. Чай не принято пить без сладкого. Его подают с конфетами, пирожными, тортами, вареньем.

 

Водка. Как пить русскую водку

1)  Водка не смешивается с другими напитками. Её пьют из маленьких рюмок.

2)  Бутылка должна быть охлаждена.

3)  Не пьют водку до или после ужина, без сопровождения закусок.

4)  Произносят тосты, самым известным является "На здоровье".

 



ロシアのクリスマスは1月7日!

ロシアのクリスマス歴史

ロシアのクリスマス
ロシアのクリスマス

ロシア正教のクリスマスは1月7日に行われます。

ロシア正教会は今日でもユリウス暦に基づき、カトリックの祭典より13日後にキリスト誕生を祝います。例外的にロシアのカトリックやプロテスタントの信徒は、現代的なグレゴリオ暦に従います(ロシア以外の西洋社会において、1582年よりユリウス暦を廃止し、グレゴリオ暦に改正されています。またロシアの一般社会では、グレゴリオ暦を採用しています)。

デッドモローズとスネグラーチカ
デッドモローズとスネグラーチカ

ソビエトが存在していた頃、クリスマスを祝うことは殆どありませんでした。お祝いのイメージは多くの国々で用いられているモチーフであるサンタクロースまたはパパノエルから、デッドモローズまたはパパフロストへと置き換えられました。3頭の白い馬が運ぶそりに乗り、家々へとプレゼントを運ぶといったキャラクターで、シベリアでおじいさんと暮らしている孫娘スネグーラチカという雪の精といつも一緒に居ます。

 

1991年のペレストロイカ(世直し)によりロシアは伝統を復活させ、2005年から10日間(12月24日から1月13日まで)を宗教と新年の祝日と定め、ごちそうを用意し祝うようになってきました。

 

ロシアのクリスマス近年の祝い方

街、商店、住宅等様々な場所は花のリース、おもちゃやたくさんのもみの木で飾られ、ロシアの全ての都市にあるスケートリンクは、クリスマスシーズンのお祝いをする準備に余念がありません。

クリスマスディナー
クリスマスディナー

この祝日の季節には「Yolka」と呼ばれるイベントを催し、モミの木を装飾したクリスマスツリーを囲み、コンサートやショーを楽しみます。

12月24日と25日にはカトリックのクリスマスを祝い、その後12月31日から1月1日にかけて新年の特別な料理を振る舞います。テーブルにはウォッカやシャンパンのボトル、フルーツ(特にみかん、そして高価な果物類)、スイーツ、サラダ、肉料理、その他色とりどりの料理が用意されます。一番重要なカウントダウンパーティーは、モスクワの赤の広場で開催され、人々は花火やライブミュージックに酔いしれます。

 

正教会のクリスマスは、1月6日に素敵で神聖なクリスマスディナーを整え、家族と一緒に過ごします。この祭典の日には夕食前まで断食を行い、また夕食時にもアルコールを飲むことは禁止されています。1月12日~13日の夜には、ユリウス暦による旧正月のパーティーで締め括ります。

 


関連記事リンク


Christmas in Russia is on January 7th.!

History of Christmas in Russia

The Russian Christmas or Orthodox Christmas is on January 7th.

Moscow-Christmas in the Red Square
Moscow-Christmas in the Red Square

The Orthodox Church celebrates the birth of Christ thirteen days after the Catholic tradition because it is guided by the old Julian calendar. Instead, Catholics, Protestants and laity follow the modern Gregorian calendar (amended from the Julian Calendar in 1582).

 

Ded Moroz-Snegurochka
Ded Moroz-Snegurochka

When the Soviet Union still existed, Christmas was almost not celebrated. The whole ceremony was replaced by the image of Dead Moroz or Father Frost, (synonymous in many countries of Santa Claus or Papa Noël). It is a character carrying gifts to every house boarding his sleigh drawn by three white horses. He is accompanied by his little granddaughter Snyegurochka, which is made of snow and lives with his grandfather in Siberia.

 

With the Perestroyka (1991) Russians again came to the old party and since 2005 its celebration coincides with a "long bridge" of about ten days (December 24th. to January 13th.) formed by the New Year holidays and religious feast itself.

 

Russian Christmas Celebration nowadays

The streets, shops, houses and other spaces are decorated with garlands, toys and many firs. In all cities of Russia skating rinks are prepared to celebrate the bridge and the Christmas season, being the principal in Red Square.

Russian Christmas food
Russian Christmas food

It is the season for many public holidays that are called "Yolka" (fir). There are concerts, shows, where everything revolves around a fir tree.

On 24 and 25 December, the Catholic Christmas is celebrated. Then, special dishes are offered for the New Year holiday (December 31rd. and January 1st.).  Tables are full of meat in different presentations, bottles of vodka and champagne, fruits (especially tangerines, a very expensive fruit in past), sweet, salads and others. The most important year-end party is held in the Red Square in Moscow, with fireworks and live music.

Orthodox Christmas is a tribute to the family, organizing the famous sacred Christmas dinner on 6th. January. During this celebration it is forbidden to drink alcohol, besides keeping fasting all day before dinner.

Finally the night of 12-13th. January, it is the party called "Old New Year" that is the "New Year" according to the Julian calendar.

 



Рождество в России 7 января!

История Рождества в России

Русское Рождество или Рождество Христово 7 января.

Moscow by night in Christmas
Moscow by night in Christmas

Православная Церковь празднует рождение Христа через 13-ый день после католической церкви, потому что она руководствуется старому Юлианскому календарю. Вместо этого, католики, протестанты и прихожане следуют современному Григорианскому календарю (исправленного с Юлианского календаря в 1582).

 

Дед Мороз-Снегурочки
Дед Мороз-Снегурочки

Когда Советский Союз еще существовал, Рождество почти не отмечалось. Вся церемония была заменена изображением Деда Мороза, (синоним во многих странах Санта-Клауса или Папа Ноэля). Он в сопровождении своей маленькой внучки Снегурочки, которая сделана из снега и живет с дедом на Сибири. Доставлял на своих санях подарки детям. 

 

С перестройки (1991) Русские снова пришли к старой партии, а с 2005 г. его празднование совпадает с новогодними выходными, около десяти дней (с 24 декабря по 13 января.), Образованный от  новогодних праздников, и самого религиозного праздника.

 

Современное празднование Рождества В России

Улицы, магазины, дома и другие помещения украшены гирляндами, игрушками и множеством ёлок. Во всех городах России катки готовы праздновать рождественский сезон, как это впервые было сделано на Красной площади. В этот период много праздников, которые называются "Ёлка" (ель). Есть концерты и шоу, где все вращается вокруг ёлки.

New year in Russia
New year in Russia

24 и 25 декабря отмечается католическое Рождество. С 31го декабря на 1 января празднуется уже Русский Новый Год. Специальные блюда предлагаются для новогоднего праздника. Столы полны мяса, Разнообразного алкоголя, фруктов (особенно мандарины, очень дорогие фрукты в прошлом), сладкие блюда, салаты и другие продукты. Наиболее важная часть проходит в конце года на Красной площади в Москве, с фейерверками и живой музыкой.

Православное Рождество является семейным праздником, организуется священный рождественский ужин 6 января. Во время этого праздника запрещено пить алкоголь.

Наконец в ночь с 12 на 13 Января празднуется "Старый Новый год", что является "Новым Годом" по юлианскому календарю.

 



若さを保つ秘訣はイタリア語を学びイタリアを旅すること 

夢が現実に

1999年に定年退職した翌年、長い年月を仕事に費やした自分への褒美として、夫と共に初めてイタリアを旅行しました。

カンパーニャ観光名所
カンパーニャ観光名所

滞在中、古代ローマの偉大さを感じさせる数多くの遺跡に興奮し、日本の教科書にも出てくるような有名で本物の名画と彫刻をこの眼で観ることができ、とても感動しました。私はこの旅をきっかけに、イタリア語の勉強を始めました。それからというもの、私達夫婦は毎年イタリアへのツアーに参加しています。イタリア語を話さない夫も幾度となく訪れる毎に、イタリアの魅力に惹きつけられるようになりました。

 

イタリアを旅することは情熱

旅先での貴重な体験を忘れないように、毎回帰国後イラストを用いた旅日記を作っています。

アマルフィのドゥオーモ
アマルフィのドゥオーモ

机の前に座りイラストを画く時間は、もう一度旅情に浸ることのできる至福のひとときです。先頃、ある旅用衣料品店で行われていた、旅に関するエッセイのコンテストに参加しましたが、驚いたことに私が出品した旅の絵日記が入選しました!

 

旅日記

実は学生時代に中国語を専攻し、長年勉強していました。中国語の文法はイタリア語と比較し、それほど難解ではありませんでしたが、イタリア語の文法は学び始めた瞬間から難しいと思いました。

旅の絵日記入選作品
旅の絵日記入選作品

長い間学習しているので結構話せるようにはなりましたが…。

若い頃にイタリア語を学び始めなかったことを後悔するとともに、最近年齢のせいで、母国語である日本語でさえ少々おぼつかなくなって参りましたが、更にイタリアを旅するために、そして脳を活性化させるために、イタリア語を勉強し続けて行きたいと思います。

 

【当校生徒Sachiko様より日本語とイタリア語で投稿頂きました。】

 



Il segreto per rimanere giovani:
Studiare l'italiano e viaggiare in Italia

Sogno diventato realtà

Nel 1999 ho lasciato il mio lavoro dopo aver raggiunto il limite di età.

Paestum, veduta
Paestum, il mio ultimo viaggio

Come ricompensa del mio lungo lavoro, l’anno successivo ho deciso di viaggiare in Italia con mio marito per la prima volta.  Durante il soggiorno mi sono commossa a vedere tante rovine che mostravano la grandezza della Roma Antica.  Oltre a ciò, con la mia grande gioia, ho potuto vedere proprio con i miei occhi i quadri e le sculture originali famosi che avevo visto e ammirato tante volte sui libri scolastici giapponesi.

 

Viaggiare in Italia: una passione

In occasione di quel viaggio mi sono messa allo studio della lingua italiana.  Ed è così che ogni anno mio marito ed io abbiamo cominciato a partecipare a un viaggio organizzato in Italia.  

Diario di Paestum

Con la ripetizione del viaggio anche mio marito, che non parla l’italiano, ha cominciato a provare l’attrazione per questi viaggi in Italia.  Dopo ogni viaggio mi diverto a fare un diario del viaggio usando le mie illustrazioni per non dimenticare questa esperienza preziosa.  Dopo ritornare da un viaggio ogni volta che mi siedo alla scrivania quando disegno un diario nuovo mi fa provare ancora una volta la sensazione del viaggio fatto.  

 

Diario di viaggio

Il mese scorso ho partecipato a un Concorso delle Opere di Viaggio che si teneva a un negozio di abbigliamenti e accessori da viaggio.  Con mia grande sorpresa, il mio diario illustrato del mio ultimo viaggio in Italia che si esponeva come opera, aveva vinto un premio.

Viaggio a Paestum

In realtà, da studentessa avevo studiato il cinese per molti anni per il corso di laurea.  La grammatica del cinese non è stata molto difficile come quella dell’italiano.  All’inizio quando ho cominciato a studiare l’italiano pensavo che la grammatica italiana fosse troppo difficile per me, ma adesso posso parlarlo abbastanza bene. È un peccato non aver cominciato a studiare l’italiano da giovane!   Ultimamente non riesco a parlare correttamente neanche il giapponese a causa della mia età, però in futuro ho intenzione di continuare a studiare l’italiano per poter viaggiare in Italia e per essere in grado di attivare il mio cervello.

 

Sachiko

 



EuroLingualでのロシア語レッスン

アルファベットからスタート

ロシアの文化や歴史に興味があり、ロシア語を勉強し始めました。「ロシア語を勉強している」と人に言うと、「文字を覚えるのが大変そう」といつも言われるのですが、文字を覚えるのは大変ではありませんでした。

ロシアのキリル文字
ロシアのキリル文字

最初はキリル文字に戸惑うかもしれませんが、シンプルな文字をたったの33個覚えればいいだけなので、誰でも想像以上に早く覚えられると思います。ただ、ロシア語ではアクセントの位置によって発音が変わるので、知らない単語をアクセント記号なしで正確に読むことはできませんでした。

 

難解だけど面白い

ロシア語は難しいとよく聞きますが、やってみてすぐその理由が分かりました。過去に英語とスペイン語を勉強したことがあるのですが、ロシア語の文法は本当に複雑で難しかったです。

マトリョーシカ
マトリョーシカ

スペイン語の動詞の活用は基本的に規則性が強いので頑張れば覚えられないこともなかったですが、ロシア語では動詞だけでなく名詞や形容詞、代名詞にも膨大な数の語尾変化があるので、頑張っても覚えられる量ではありませんでした。数が多いだけでなく、ロシア語の文法理論は英語やスペイン語と比べて思いがけないようなものが多いので、なぜそうなるのかを理解するのがまず大変でした。ですが、逆にそういった意外性がロシア語の面白さでもありました。

 

どのみち無理なので、変化を最初からいくつも覚えようとするのは途中からやめました。沢山ある中から2つか3つだけ自分がよく使いそうなものを選んで、それだけ覚えるようにしたらだいぶ楽になりました。ごく簡単な会話であればできるようになりましたが、文法ミスをせずに話せるようになるにはまだまだ勉強しなければいけないと思います。先生はロシア語学習には苦労が多いことを分かってくれていたので、少しでも私が楽しめるようにいつも授業に工夫をしてくれました。

 

素晴らしいロシア文化

ロシアに対してあまり良いイメージを持っていない人が多いようですが、一度その文化の魅力に触れると、好きにならずにはいられない奥深い国です。

聖ワシリイ大聖堂
聖ワシリイ大聖堂

実際、ロシア語を習い始めてからマトリョーシカを10セットも買ってしまいました!ロシアの最新ヒットチャートをインターネットで視聴するのが最近の日課なのですが、ロシア語は響きがとても神秘的で美しい言語なので、良い曲が沢山あります。時々歌詞が理解できるととても嬉しくて、ロシア語を習いに行って良かったなと思います。ロシア語は今まで勉強した中で一番難しくて、何年も勉強を続けなければいけない言語ですが、それにもかかわらず間違いなく私の一番好きな言語です。サンクトペテルブルグに旅行に行くのが楽しみになりました。

 

 

【当校生徒Yumiko様より日本語とロシア語で投稿頂きました。】

 


関連記事リンク


My experience studying Russian at EuroLingual

Starting from the Alphabet

I had been interested in both Russian culture and history, thus I started to study Russian language.  

Russian Cyrillic Alphabet
Russian Cyrillic Alphabet

When I tell about it to the people, always they say “It seems like it is so hard to remember the alphabet.”  In fact I found that it wasn’t so difficult to learn it.  At first it might be confusing to learn the Cyrillic alphabet, but I think anyone can do it earlier than he/she can imagine.  It is necessary to memorize only 33 characters.  So I couldn’t read words that I didn’t know accurately without accent marks because in Russian the pronunciation varies depending on the position of the accent.

 

Difficult but interesting Language

Many times I heard that it is hard to learn Russian and after I started to study, I understood soon the reason why it could be difficult.  In the past I had studied English and Spanish.

Comparing these languages, the Russian grammar  could be more complicated and too much difficult for me. It wasn’t impossible to memorize Spanish verbs conjugation because of the strong regularity, but in the case of Russian, I realized that there were a lot of declinations of words not only in verbs but also in nouns, pronouns and adjectives.  In this language there were too many things of grammar to be learnt that it was out of my imagination.  Even though this made me more interested in learning Russian. 

Matryoshka dolls
Matryoshka dolls

Anyway I stopped trying to memorize every kind of variation in the middle of the way and changed my mind into  choose to remember only a few points of the grammar and use them more frequently so that it became considerably easier for me.  Nowadays I can talk in a very simple conversation but if I want to speak without any grammar mistake I think that I should have to study much more.  Since my teacher knew that there were many difficulties in learning this language, she gave many directions in order to open me the way to understand it easily and be able to enjoy the lesson. 

 

The Amazing Russian Culture

It seems there are many people who don’t have a very good image of Russia, but once you touch the charm of its culture, it is impossible not to like to go on learning in details its culture.

Tsarskoye Selo-Catherine Palace
Tsarskoye Selo-Catherine Palace

In my case after I started to learn Russian, I’ve bought 10 sets of Matryoshka!  Recently it became my daily routine to watch and listen the latest hit chart of Russia in internet.  I think there are many good songs because Russian has a very mysterious and beautiful language sound!  When I understand some Lyrics, it is very pleased for me and I feel happy in taking the decision to learn Russian.  Russian is the most difficult language that I study up to now, and even knowing that it is a language that I should be continued studying for years if I would like to speak it very well, it is definitely my favorite language among those I already learnt.  Now my dream is to visit to St. Petersburg!

 



Мой опыт изучения русского языка в "EuroLingual"

Начинаем с Алфавита

Меня всегда очень интересовали русская культура и история, поэтому в какой-то момент я решила выучить русский язык.

трудный алфавит
трудный алфавит

Когда говоришь об этом кому-нибудь, то часто слышишь в ответ "Там же такой трудный алфавит!" Но на самом деле его не так сложно запомнить. Сначала он кажется похожим на кириллицу, но я думаю, каждый сумеет освоить его быстрее, чем можно себе представить. Необходимо запомнить только 33 буквы. Плюс ударение, поначалу я не могла прочесть слова которые не знала точно, потому что в русском произношение меняется в зависимости от положения ударения в слове.

 

Сложный но интересный язык

Много раз я слышала насколько тяжел русский язык, и после того как я начала его учить, я вскоре поняла причину, по которой он считается таковым. До этого я выучила английский и испанский. По сравнению с ними русская грамматика гораздо сложнее и слишком запутанная для меня. В испанском было не сложно запоминать спряжение глаголов,  потому что они довольно закономерны, но в случае с русским я столкнулась со множеством склонений не только для глаголов, но и для существительных, наречий и прилагательных. В этом языке нужно знать так много грамматических комбинаций, что, кажется, это вне моего сознания! И тем не менее, это только делает изучение русского интересным для меня.

 

матрешек
матрешек

Наконец, я перестала стараться запомнить каждую модель в середине ее изучения, и начала запоминать основные грамматические модели и использовать их чаще, потому что это удобнее и легче для меня. Сейчас я владею простым разговорным русским, но я хочу говорить без ошибок и, конечно же, мне еще долго этому учиться. Мой учитель, зная что в русском так много трудных моментов, дает мне много рекомендаций по изучению, чтобы сделать уроки легче и увлекательней.

 

Удивительная Русская культура

Похоже, что есть много тех, у кого довольно размытое представление о России, но однажды прикоснувшись к ее культуре, просто невозможно не полюбить ее изучение.

Moscow-Petrovsky Palace
Moscow-Petrovsky Palace

В моем случае, после того, как я начала учить русский, я купила уже десять наборов матрешек! И в последнее время у меня стало привычкой смотреть и слушать последний хиты русского радио в интернете. Так много хороших песен, потому что русский очень загадочный и красивый язык! Когда я понимаю текст, я очень рада и счастлива что приняла решение учить его! Русский это самый трудный язык из тех что я пока изучала, и даже зная, что его придется учить еще несколько лет прежде, чем я смогу разговаривать хорошо, это определенно мой самый любимый язык из всех что я знаю. Теперь моя мечта - поехать в Санкт-Петербург!

 



語学上達の秘訣 Part 3:  試験編

英語テスト

今日日本では大手企業の英語公用語化や資格取得、昇進を目指すための語学試験受験者(特に英語)が増加の一途を辿り、例えば2013年度のTOEIC受験者数は約268万人で、今後大学入試にTOEFLを活用するプランもあり、英語試験の勢力図が変化しそうな気配です。

英語が世界的に共通語として話される現代において当然の流れだと言えますが、ここでは少し違った視点から、語学学習におけるテストの重要性を探ってみたいと思います。

 

語学試験は千差万別

日本において3大英語試験である英検・TOEIC・TOEFLは、多くの場合企業による能力を測る指針として、また海外留学時に必要なスコアの判断基準として用いられていますが、実際のところ各試験の手順、求められるポイント、ボリューム等それぞれ内容が異なります。

語学試験

英語だけを見てもその他に日本で受験できる試験は数多くあり、更にヨーロッパ言語を含めるとテスト大国と言えるほど、バラエティーに富んだたくさんの試験が年中全国で行われています。そして国柄により内容の違いは大きくなります。例えばブラジル教育省主催のCELPE-Brasは、3時間の制限時間内4問の問いに対し、作文で解答する筆記試験と20分の口頭試験で(全編ポルトガル語のみ)、中級以上でないと合格とみなされません。

 

日頃の学習成果を客観視する

このように試験により判断基準は大きく異なり、どれがより優れたものなのかを判別するのは困難です。

海外での仕事

しかしどの試験も各国の考え方が反映され、歴史があり、多くの人が携わり進化を遂げている高い質を備えたものですから、日頃の学習をグレードや数字で見える化し、客観視することで自らの弱点を知り、更なるスコアアップを目指しながらモチベーションを保ち、結果的に高スコアを弾き出せることができれば自信に繋がります。但し試験は万能ではなく、TOEICで高スコアを取得していても流暢に話せないケースが見受けられます。言語学習の基本的な要素(ライティング・リーディング・リスニング・スピーキング)

をバランスよく学習し、文化的な背景を知ることでどんな試験にもマルチに対応でき、そのようにして培われた経験は海外への旅行や留学、生活や仕事をする場面で大いに役立ちます。

 

とにかく一度受けてみる

もしあなたが日頃の成果を確認したいのであれば、ご自分に合った試験の受験をお薦めします。

海外での仕事

様々なコンテンツの一つとして語学学習に取り入れることで確実なレベルアップが見込め、上手く行けばビジネスに繋がる可能性も秘めています。長らく試験から遠ざかっているのであれば、小手調べとしても最適です。社会人にはなかなか味わえない独特の緊張感や、合格した時の喜びを感じ、普段は見えないたくさんの同じ言語を学習する様々な世代の受験者に出会える機会です。成長曲線が鈍化しているのなら尚の事、受験を突破口として大きく羽ばたくチャンスを作り出せるかもしれませんよ!

 


関連記事リンク


語学上達の秘訣  Part 2:  旅行編

外国語を学習する動機は人それぞれでしょうが、海外旅行のために努力される方も多いのではないでしょうか。

 

語学上達の秘訣

旅行し未知の世界を知ることで得る経験は、何事にも代えがたい人生を深くする特別な要素です。 外国を旅するのに現地の言葉を知っているのと知らないのとでは楽しみ方に大きな差が生まれ、数字を知らなくては買物もできず、現地のマナーを知らなければ恥ずかしい思いをするかも知れません。 外国語のテキストでは初歩の段階からホテルの予約や場所の尋ね方等を学び始める事も多く、旅について考えることは基本中の基本です。 さて外国語を少し話せるようになれば、ステップアップも兼ねて次の休みはどこへ行きましょう!?

 

プランニング

日本では便利なパックツアーで、あらかじめお膳立てされたコースを旅し、ほぼ外国語を話す必要が無い添乗員同行型の商品を手軽に入手することができますが、外国語を話す皆さん、ここはあえてプランニングにチャレンジしてみましょう!

プランニング

最近では誰でもインターネットで世界中の航空券やホテルの予約が簡単にできる時代になりました。

休みが取れ現地行きの航空券を手に入れたら、次は現地で何をするのかを具体的に考え、詳細をプランニングします。目的地を決めたら、ホテルの空き状況をチェックし、移動手段をどうするかとどんどん細かくローカルな情報を検索するにつれて、日本語のページでは探せなくなってきます。

そう旅は既に始まっているのです!

 

シミュレーション

プランニング中各種チケットの空きを必死で探し、移動時間の計算に戸惑うことでしょう(日本の乗り物のように頻繁なタイムテーブルとは限りません!)。

シミュレーション

見落としがないか再チェックをしつつ、工程をシミュレーションしてみましょう。準備を完璧に整えたとしても、現実の旅にトラブルはつきものです。まさかの時の予防策として、複数ルートを考慮に入れておいたほうがいいかも知れませんね。

列車やバス、ローカル航空券の予約は日本で行うのが得策です。ハイシーズンの乗物予約が取れない場合が多くあります。美術館への入場も事前予約なしでは長い時間並ぶ羽目になることが結構あります。

 

オリジナルの旅

このような旅の準備は物凄く骨の折れる作業ですが、パックツアーでは経験できないオリジナルの旅を実現し、何と言っても語学学習の実経験レベルが格段にアップします。

オリジナルの旅

ハードルは高いですが、日本語が殆ど通じない海外で立ち回るためには避けて通れないプロセスです。

海外に居住し四六時中現地語を話すことで、語学レベルは日本での学習とは比べ物にならないほどアップしますが、旅は言わば疑似移住でもあります。ある程度話すことができるようになれば、ぜひこの方法に挑戦してみてください。きっと語学力が上がり、人間として成長し、開眼することでしょう!

 


関連記事リンク


語学上達の秘訣  Part 1:  音楽編

様々な観点から語学と音楽との関連性について研究されていますが、これほど優れたセルフトレーニング方法は他に無いのではないでしょうか?語学と音楽に対しアンテナを張ることで、上達への相乗効果が期待されます。

 

音楽を聴いて「感動」する

「感動」はモチベーションへの大きな推進力となります。「感動」はおそらく過度な期待をしていない場合に発現するもので、個人差もあり人工的に作り出したりできない事象でしょうが、言葉では表現できないような神の手により創造されたのかと思える音楽は世界中に数多くあり、例えばクラシックならバッハやショパン、ポップス・ロックならビートルズ等が一般的によく知られ、多くの人が一度は音楽を聴いて感動した経験があるのではないでしょうか。

音楽と感動

新旧問わず欧米の音楽文化から学べるものはたくさんあります。音楽に感動することからスタートし、外国語の歌詞を探求し、できれば気に入った音楽を楽器で奏でたり歌ったりして、究極的には自作の曲を創ることで創造的なマインドに辿り着くことができます。そのプロセスは言語学習の追及に似ており、例えば文学にしても本を読み耽った果てに作品を発表するのが作家であり、そこまでの境地に辿り着かなくとも、その一連の過程を踏んで行くことは間違いなく上達へ進む道で、やればやるほど血となり肉となります。

 

音楽は「リズム」と「メロディー」の2大要素から成り立っている

各言語には抑揚(イントネーション)があり、発音も含め本による学習ではなかなか習得できないものです。

リズムとメロディー

外国語を習得する早道は現地で慣れるのが一番だとよく言われますが、私たちは日本に住んでいてまとまった時間を海外で過ごすことができないから外国語学校で学ぶ訳です。プラス日常生活の中から効率的な学習方法が無いか探してみると、身近に音楽があるではないですか!音楽には国境が無く、いつでもどこでも気軽に楽しみながら触れることができます。自然に「リズム」や「メロディー」を掴み、できれば音楽に合わせて歌ってみてください。発声しながら自分の声を確認し、ネイティブの歌にリンクすることで発音が強化されます。「メロディー」は普遍的で、「リズム」は進化するものです。時代毎の文化の推移をうかがい知る事もでき、何と言っても日本には“カラオケ”という健康法がありますから、簡単にトレーニングが可能ですね!

 

音楽人口は多く、コミュニケーションに有用

海外に出向き外国語でコミュニケーションをする際に、どんなアーティストが好きかという話題になることもあるでしょう。

音楽によるコミュニケーション

現地のアーティストをリスペクトすることは、その国の人にとっても嬉しいことです。話が発展し、知り得なかった情報を得ることもあり、また日本の音楽事情も伝えることができれば、立派な文化交流ですね!外国の曲を現地人と一緒に歌い時間を共有できれば、また更なる感動を生みます。

とにかく音楽は、言語学習にとっての万能薬なのです♪

 


関連記事リンク


サンクスギビングの七面鳥レシピ

FACEBOOKページにも、七面鳥(ターキー)を作る際の手順写真を公開しておりますので、

ぜひご覧ください!

 

七面鳥(ターキー)のレシピ

 

1)解凍

解凍
解凍

 

 

①   約7㎏の冷凍七面鳥を冷蔵庫で3~4日間かけて解凍します。

② 解凍が完了したら首から上の部分と内臓を取り除き、内側を洗った後ペーパータオルで水分を吸収し乾かします。

 

2)注入

注入
注入

① 2つの調味料を七面鳥に注入します。

a-  赤ワインまたはシェリーとパイナップルジュースを季節のハーブ(ローズマリー、タイム、コショウ、塩、等)と和えたもの

b-  シナモンとナツメグをミルクに加えたもの

※シリンジ(注射器)の目詰まりを避けるために、注入する前に各調味料を裏ごしし、液化しておく

② およそワイン2カップとミルク2カップの量を注入します。

 

3)塗布

塗布
塗布

① よりジューシーな仕上げをお望みであれば、細かくカットしたローズマリーやレモンの皮とオレンジを200-300gのバターに混ぜ、皮膚の下(皮膚と胸肉の間)に塗ってください。【ハーブバター】

② ターキーに金色のつやを帯びるようにするためには、焼いている間にハーブバターをブラシで継続的に皮膚の表面に塗ってください。

ブレンド可能な材料:

a-  バター、ニンニク、ハーブ、塩、コショウ

b-  バター、クローブパウダー、シナモンと砂糖

 

4)充填

充填
充填

この方法では七面鳥に一般的な詰め物(スタッフィング)を入れません。中に充填するものは、一口大に切ったタマネギ、上下に分けて切ったニンニク、1/4にカットしたレモン、そして七面鳥に香りを付けるためのハーブ(ローズマリー、タイム等)のみです。

 

5)固定

固定
固定

①   背部を上に向け、翼を後ろに持ち上げ脚部と十字に紐で固定します。

②   野菜と一緒に調理する場合は、まずオーブンの皿の上に一口大のカットセロリ、タマネギとニンジンのベッドを作り、その上に七面鳥を置きます。

 

 

6)調理

七面鳥盛り付け
七面鳥盛り付け

① 250℃に予熱したオーブンに七面鳥を入れ、皮膚が金色になるまで約30分間そのままにしておいてください(扉を開けない)。 より良い仕上がりを目指すためには、熱気が肉全体にまんべんなく行き渡るよう焼き網のセッティングがとても重要です。焼く際の脂分により肉を浸してしまわないよう熱気を循環させ、受け皿に脂が滴り落ちるような構造にしてください。

② その後160℃まで温度を下げます。太ももに温度計を刺し(一番深い部分で骨には触れない程度)、調理をコントロールします。

③ 背部にハーブバターを塗り、焦げないようにアルミホイルを三角形にしたカバーを乗せ、焼き続けます。

④ 最終的に深部の温度が74℃から85℃到達するよう、160℃で約3時間焼き続けてください。

⑤ オーブンから七面鳥を一度取り出し、そのまま調理し続けます。しかし焼きすぎないよう注意してください。

⑥ 七面鳥を切り分ける前に、15分間寝かせてください。

⑦ 七面鳥と以下のソースを一緒にサーブしてください。

a-  ホットクランベリーソース(バルサミコ酢、オリーブオイル、クランベリーを混ぜ温めたもの)、

b-  冷製クランベリーとりんごのソース(クランベリーにリンゴとハーブを加え調理した後冷やし固めたもの)、

c-  クリームグレービーソース(七面鳥を調理した際に出る肉汁と、ウイスキーもしくはクリーム(またはその両方)を加熱したもの。)

 

※七面鳥はコストコにて購入。当校では少し大きめのオーブン、容量30ℓのSHARPヘルシオを使用しています。

アルベルト

  


関連記事リンク


Il nostro tacchino del Thanksgiving: Ricetta

 

Ecco la nostra ricetta fatta nel evento scorso del Thanksgiving.

 

1) Scongelare

①    Acquistare un tacchino di 6-7 kg e scongelarlo in frigorifero per 3-4 giorni.

② Una volta scongelato, rimuovere il collo e visceri, lavare il tacchino dentro, fuori e asciugarlo tutto con una carta assorbente.

 

2) Iniettare

①    Iniettare il tacchino con tutte e due queste preparazioni:

a-   vino rosso o sherry con succo di ananas, insaporito con erbe aromatiche (rosmarino, timo, pepe nero, sale, ecc.) e

b-   latte (con cannella, cumino e noce moscata). Prima di iniettare, scolate tutto bene per evitare posteriori ostruzioni della siringa.  Se potete iniettare il tacchino il giorno prima alla cottura così si insaporisce meglio.

② La quantità di liquido iniettato dipende da voi ma in genere è di circa 2 bicchieri di vino e 2 di latte.

 

3) Imburrare

①    Per avere un tacchino più gustoso, morbido e tenero, si spalma burro sotto la pelle (tra la pelle e la cassa toracica) e anche sulla pelle di tutto il tacchino.  La miscela si fa con circa 200-300 grammi di burro aromatizzato con rosmarino, scorza di limone e di arancia tutto tagliato finemente.

② Per ottenere un tacchino con la pelle d'oro si imburra costantemente la superficie del tacchino con una spazzola durante tutta la cottura.

 

Possibili miscele:

a-    Burro, aglio, erbe aromatiche, sale e pepe.

b-    Burro, chiodi di garofano in polvere, cannella e zucchero.

 

4) Riempimento

In questo caso non ho riempito il tacchino con carne, riso, pane, ecc. come a volte si fa. Invece, solo ho messo cipolle tagliate, aglio, limoni tagliati a pezzi grossi e qualche erba (rosmarino, timo, ecc.) per insaporire e aromatizzare il tacchino. 

 

5) Allacciare

①  Mettere le ali del tacchino indietro e rimettere il tacchino con le gambe trasversali per legarle.  Così al cucinare, le gambe non si apriranno.

② Se si cucina il tacchino con verdura mettere il tacchino in un tegame, prima fare un letto di sedano, cipolle e carote tagliate a grossi pezzi.

 

6) Cottura

Tacchino a tavola
Tacchino a tavola

①    Preriscaldare il forno a 250°C.  Mettere il tacchino su una griglia e lasciare agire per circa 30 minuti fino a vedere che la pelle è dorata.  Il tacchino si cucina meglio quando l'aria circola sotto e intorno ad esso, così metterlo su una griglia è molto importante.  La griglia permette all'aria di circolare all'interno della teglia e contemporaneamente impedisce immergere il tacchino nel suo grasso.

② Abbassare la temperatura a 160°C.  Inserire il termometro nella coscia (nella parte più profonda senza toccare l'osso) per controllare la cottura.

③ Avendo raggiunto un colore bello sulla pelle, si può coprire con un foglio di alluminio a forma di triangolo spalmato previamente con burro e erbe per prevenire l’essiccamento della pelle.

④ Continuare a cuocere a 160°C. La temperatura finale dovrebbe raggiungere 74°C e nelle porzioni più spesse 85°C (generalmente circa 3 ore)

⑤ Una volta che il tacchino esce dal forno, la cottura continuerà, perciò fare attenzione a non cucinarlo di più.

⑥ Lasciare il tacchino riposare 15 minuti prima dell’intaglio.

⑦ Per servire il tacchino si mangia con una delle seguenti salse:

a-   salsa calda di mirtilli (balsamico, olio e mirtilli),

b-   salsa fredda di mirtilli e mele (aromatizzata con erbe) o

c-   salsa a temperatura ambiente di sugo e panna (preparato con il fondo di cottura riscaldato e mescolato con whisky e / o panna.

 

Alberto

 



Origin of Thanksgiving Day(サンクスギビング・デイの由来)

Thanksgiving is a very special day in America celebrated every year on the fourth Thursday of November. It has a very interesting history. The origin of Thanksgiving Day comes from the 16th century when the first thanksgiving dinner is said to have taken place.

 

Origin of the celebration of Thanksgiving

A group of about 102 pilgrims, crossed the Atlantic in the year 1620 in Mayflower (a 17th Century sailing vessel). They travelled kept in the cargo space of the sailing vessel for nearly two months suffering extreme conditions. No one was allowed to go on the deck due to terrible storms. The pilgrims comforted themselves by singing sacred Psalms.

Happy Thanksgiving Day!
Happy Thanksgiving Day!

They arrived to Plymouth rock on December 11th 1620, after a sea journey of 66 days. Though the original destination was somewhere in the northern part of Virginia, they could not reach the place owing to winds blowing them off course. Nearly 46 pilgrims died due to extreme cold in winter. However, in the following spring, Squanto, a native Indian taught the pilgrims to survive by growing food.

 

Thanksgiving, first feast with indians
Thanksgiving with colonists (Mike Licht)

It is said that Pilgrims learnt to grow corn, beans and pumpkins from the Indians, which helped all of them survive. In the autumn of 1621, they held a big celebration were Indians were invited. The grand feast was organized to thank god for his favours. This communal dinner is popularly known as “The first thanksgiving feast”. There is however, no evidence to prove if the dinner actually took place.

According to the first hand account written by the leader of the colony, the food included, ducks, geese, venison, fish, berries, etc.  It is not sure if turkey was eaten in the first feast. Pumpkin pie, a modern staple adorning every dinner table, is unlikely to have been a part of the first thanksgiving feast. Pilgrims however, did have boiled pumpkin. Diminishing supply of flour led to the absence of any kind of bread.

 

Turkey, Thanksgiving dinner
Turkey for the Thanksgiving dinner

The feast continued for three days and was eaten outside due to lack of space. It was not repeated till 1623, which again witnessed a severe drought. In 1676 governor Bradford proclaimed another day of thanksgiving. October of 1777 witnessed a time when all the 13 colonies joined in a communal celebration. It also marked the victory over the British.

After a number of events and changes, in 1863 President Lincoln proclaimed the last Thursday in November to become the Thanksgiving Day. George Washington, the first president of the United States, proclaimed the first national holiday of  Thanksgiving Day in 1789 and move it to the fourth Thursday of November.

 

Thanksgiving in our days

Nowadays Thanksgiving Day is a traditional day to get a special meal with the family and friends. The meal often includes a turkey, stuffing, potatoes, cranberry sauce, gravy, pumpkin pie, and vegetables. It is a time to give thanks for what they have.

Special meal of Thanksgiving
Special meal of Thanksgiving

Thanksgiving Day parades are held in some cities and towns on or around Thanksgiving Day. Some parades or festivities also mark the opening of the Christmas shopping season. Some people have a four-day weekend (because most government offices, businesses, schools and other organizations are closed) becoming a popular time for trips and to visit family and friends.

 

 

Alberto

 


関連記事リンク

 

関連記事リンク



ヨーロッパ言語の日

Happy European Language day
Happy European Day of Languages/楽しいヨーロッパ言語の日

欧州評議会により2001年9月26日にヨーロッパ言語の日が制定されて以来、毎年この日を記念する祭典が行われています。

この日には、47か国にまで拡大した欧州評議会加盟国の8億人以上の人々に、他の言語を学ぶための特別な呼び掛けが行われます。言語の多様性は更なる異文化理解への鍵であり、ヨーロッパ大陸の豊かな文化遺産を活用するためのツールとして、欧州評議会は欧州全域で多言語や文化の多様性を奨励しています。

 

Map of Languages
Map of Languages/言語地図

言語は言葉以上のものであり、その目的は文化を豊かにすることです。言語学習のためのルールはなく、人々は年齢や社会的背景に関係なく学ぶことができます。また言語学習の開始が早ければ早いほど容易に吸収でき、そのうえ社会の成熟や個々のヨーロッパ市場開放を促します。

毎年およそ10の言語がこの世界から消失しています。 21世紀の終わりには、世界の言語の50~90%が失われると予想されています。そのような理由から、今日ヨーロッパ全体における多言語使用の推進は、言語保護を思い起こさせるためのとても重要な活動なのです。

 

知ってましたか?

European languages
  • 世界には6000~7000言語存在し、ヨーロッパだけでも約225種類の方言があります。
  • 世界の言語の殆どは、アジアとアフリカで話されています。
  • 少なくとも世界人口の半数は、バイリンガルか複数言語を話します。要するに、2言語以上を話すまたは理解します。
  • バイリンガリズムは、容易に追加言語の学習を可能にし、思考プロセスを強化します。

アルベルト

 



European Day of Languages

As an initiative of the Council of Europe, the European Day of Languages is celebrated every year on September 26 since 2001.

Day of European Languages

On this date a special call to learn other languages is done to more than 800 million Europeans spread in the 47 member states of the Council of Europe.  Linguistic diversity is a tool for achieving greater intercultural understanding and a key element in the rich cultural heritage of our continent.  The Council of Europe promotes multilingualism and cultural diversity across Europe.

Languages of Europe

Language is more than words, its purpose is to increase the culture.  There is no rule for language learning, and people can do it regardless of age or social background. In fact, the sooner you start learning a language, the easier it is.  Furthermore, language learning can improve socialization and open doors in the single European market.

 

Each year about 10 languages disappear in the world. At the end of the twenty-first century will have lost between 50 and 90% of the world's languages.  For this reason the promotion of multilingualism across Europe during this day is a very important task to recall everybody to reflect for the protection of our languages.

 

Did you know that…?

  • There are between 6000 and 7000 languages in the world with about 225 indigenous languages in Europe
  • Most of the world’s languages are spoken in Asia and Africa
  • At least half of the world’s population are bilingual or plurilingual, i.e. they speak or understand two or more languages
  • Bilingualism makes the learning of additional languages easier and enhances the thinking process.
Day of European Languages

Alberto

 


アルツハイマーから身を守るバイリンガル

世界アルツハイマーの日
9月21日 世界アルツハイマーの日

 

語学学習を続けていても、普段教室の外で外国語を使う機会も無く、無駄に思えるというご意見を学習者の方から聞くことがありますが、実は長い目で見ると健康を左右する重要なテーマと言えるかも知れません。

健康な老後

超高齢化社会を迎えようとする先進国の人々にとって、健康に天寿を全うすることは大目標であり、多くの人たちはそのために身体に良い食物を摂取し、毒を排除し、運動を心掛け、頭を使う努力等、健康のための高い意識を持ち行動しています。

普段からそれらの行動を心掛けている人は、将来年齢を重ねた時の身体的ダメージを最大限に抑える事ができ、恐らく健やかな老後を迎えることができることでしょう。

消えて行く記憶

しかし不安要素もあります。誰もが恐れている事の一つに認知症があります。働き盛りのバリバリ仕事をしている人に突然降りかかることもある不可解な脳の病気、特効薬が発見されていない世界で約2,400万人が患っている認知症を、バイリンガルの人は遅らせることができ、4~5年長生きするという研究結果が、近年世界の脳科学・脳神経学研究者により相次いで発表されています。

特に幼少の頃から2言語以上を学習することにより効果を発揮し、モノリンガルの人と比較して、1度に複数のことを並行して処理できるマルチタスク能力ないし、タスクの切り替えを素早く行える能力において優れており、バイリンガルの子供は注意を払い、計画的で、思考を整理することに長けているという研究結果が出ています。

 

脳のパズル

完全なバイリンガルになればなるほど有利であるものの、大人になってからの第2言語習得も認知症を予防する助けとなるようで、脳を活性化する頭の体操はやればやるほど効果があり、2つの言語の切り替えによる頭の訓練を長い間続けることにより認知能力を高め、生涯に渡り恩恵を受け得ます。特に日本人が系統の違う西洋言語を習得することは、例えば英語圏の人がイタリア語を習得することに較べ、負荷の掛かるものです。別の言語を操ることは、ある意味その瞬間毎にクロスワードパズルを解いているようなものであり、特別な努力なしに自然と刺激的な活動を行うことで、言語習得、異なる文化の理解、コミュニケーションスキルや仕事の処理能力が向上し、生涯健康と長寿を実現することが可能な言語学習に対する投資は、将来多くの利益をもたらしてくれるものだと言えるのではないでしょうか。

 

*参考資料:  

  1. “Delaying the onset of Alzheimer disease”The Official Journal of the American Academy of Neurology, U.S.A.)
  2. “Being bilingual may delay Alzheimer's and boost brain power”The Guardian, UK)
  3. “Speaking multiple languages may help delay dementia symptoms”NPR, Washington, D.C., U.S.A.)
アルツハイマーに向かって


ビールの基本的なスタイル

ビールは世界中で最も人気のある飲料の一つであり、大麦の粒や他の穀類を水と混ぜ発酵させて作る、苦味を持った「未蒸留のアルコール飲料」です(そのため多くのビールには、ビール自体が作り出す二酸化炭素がたくさん溶け出した気泡が含まれます)。

醸造過程
醸造過程

アルコール含有量を30%にまで上げ醸造が可能ですが、3~9%の間が最も一般的です。

麦芽大麦が小麦やオーツ麦(時にはトウモロコシ)等、他の穀物が相当量で組み合わされている場合、多くの場合、小麦のビール、オーツ麦のビール等と呼ばれます。基本的にホップの種類がビールの名前に影響することはありませんが、チェコのピルゼンという町が発祥のモラヴィアン大麦とボヘミアのザテックというホップについては、ピルスまたはピルスナービールと呼ばれます。 

 

最も伝統的なタイプのビール

1)エールビールの仲間

エールビールの仲間
エールビールの仲間

このグループのビールは、最も高い温度(10から25℃)で発酵し、上面酵母を使用します。この過程では3〜4日の高温発酵を行いますが、約2週間発酵を持続させる生産者が多いです。上面発酵酵母の多くは更に数日間13度=16度の温かい状態を保った後、樽やボトルに入れ冷たい温度で二次発酵を行い、熟成を早めます。

エールビールは淡く暗い色合い、重口またはライトボディ、高または低アルコール度数で、多かれ少なかれ苦味を持っています。使用麦芽とホップの種類や量、熟成の時間次第でそれらの度合いが決まります。

  • ブリティッシュスタイル:マイルド、ビター、ペールエール、ブラウンエール、オールド·エール、バーレーワイン、スコッチエール等。
  • ベルギースタイル:殆ど全てのベルギービールは上面発酵であり、それらはエールと呼ばれます(トーストエール、レッドエール、ゴールデンエール等)。
  • ドイツスタイル:アルトビール(エールのように高温発酵を行った後、ラガーのように何週間か低温熟成させる)コルシュビール(高温発酵によりとてもフルーティー、淡いゴールド、繊細で滑らか)。
  • その他の国:ガルデビール(フランス)、オーストラリアン・スパークリング・エール、アメリカンエール等。

 

2)ラガービールの仲間

このカテゴリーでは、下面発酵により醸造されるビールをご紹介します。今日では、世界中のビールの中で最も一般的な形態であり、ラガーのグループにおいてピルスナースタイルは一番よく知られています。

ラガービールの仲間
ラガービールの仲間

ラガービールは比較的新しいものです。19世紀半ば、パスツールがタンクの底部の酵母発酵培養を分離する研究を行うことから興った冷蔵技術の開発を通じ、中央ヨーロッパの醸造所において作られるようになりました。

ラガーはつまり、タンクの底で酵母を低温発酵(7〜15℃)させ、その後0度で熟成させたビールです。

本物のラガーは通常、どういうキャラクターのビールに仕上げるかにより、2~6ヶ月間熟成させます。

  • ピルスナー:最初に透明で金色のビールを醸造したピルゼン(ボヘミア)が起源。本格的なピルスナーは淡い色合いで、ドライ。アルコール分は4.5および5.5%と穏やかで、モルトの良いキャラクターと特徴的なアロマホップを醸し出します。
  • ミュンヘン·ヘル(バーバリアン・ラガー・ペール):ピルスナーと似ていますが、わずかにドライで重口。
  • ミュンヘン·デュンケル(ダークラガー):ミュンヘンと南ドイツの伝統的な特質を持つ。ペールモルトよりも強いキャラクターで、それよりも前から存在していた。
  • マイセン / オクトーバーフェスト(ウィーンスタイル):今日ではオクトーバーフェストを祝うために作られています。銅のようなブロンズ色のラガービール。フルボディでゴールデンラガーよりもアルコール分が多い。
  • ドルトムンダー輸出用:北西ドイツのドルトムント産。ピルスナーよりも重口で少し苦く、淡い金色で少しドライ。
  • ボック、ドッペルボック、ヴァイツェンボック、マイボック、アイスボック:すべての強力なドイツビール

 

3)小麦のビール

小麦のビール
小麦のビール

混合した小麦(麦芽または麦芽にしない)と大麦により、上面発酵したビールにフィルターを通さずに醸造した際に霧のように見えるため、これらのビールはホワイトビールとして知られています。酸味があり、発泡が多く爽やかなのど越しで、伝統的に南ドイツ、ベルリン、ベルギーで生産されています。
これらのビールはかつて夏に愉しまれるものでしたが、最近は絶大な人気により一年を通して飲まれています。

  • ベルリナーヴァイセ(ベルリンのホワイト):25〜50%の小麦を、残りの部分は大麦を使用。小麦全体をふんだんに使用し、最も爽やかなのど越しが得られるよう計算して作られています。淡く明るい色合いで3%程度の低アルコール含有量により、夏の前菜用として最適です。 
  • ヴァイツェンビア:南ドイツ産。こちらもまた明るい色合いと、フルーティーな非常に爽やかな味わいで、更には濃厚でクリーミーな長時間持続する泡を特徴とします。ベルリンで醸造されるビールの中でも小麦の組成割合が高く、約40〜70%使用されています。 
  • ウィットビール/ブランシュ(ベルギー小麦):麦芽にしない小麦を用いることにより、更なる風味とより重い口当たりとなります。淡い黄色でやや濁っており、その軽さや酸味と爽やかなキャラクターにより夏にピッタリのビールと言えます。

 

4)家族向けのランビックというスタイル

家族向けのランビックというスタイル
家族向けのランビックというスタイル

これらのビールはホップが苦味を抑えるように熟成されているため、弱酸性で少し苦いランビックとして知られ、ブリュッセルエリアにて作られている自然発酵させたビールです。ランビック、グーズ、ファロ(ベルギー)と伝統的なベルギーのフルーツビール、クリーク(チェリー味)とフランボーゼン(ラズベリー味)等はデザートビールとして親しまれています。

 

 

5)ポーターとスタウト

ポータービールは苦みが少なくスタウトに比べ濃度やアルコール度数が低いビールです。スタウトは大体が黒色で、暗く、苦いビールで、醸造する際のローストされた大麦麦芽の色をしています。どちらも英国産です。

 

6)その他のビール

前述のいずれかに分類するのが難しい特別なビールのシリーズ。

  • スチームビール:アメリカ(カリフォルニア州)からの唯一のネイティブスタイル。このビールは下面発酵ながら高温イースト処理を施しています。結果として、ラガーのクリーンな特徴とエールのフルーティーさとを組み合わせたビールとなっています。 
  • ラオホビア(スモークビール):ドイツ北ババリア(バイエルン)の特にフランコニアやバンベルグの街が産地。燃したブナ材の熱により大麦麦芽を乾燥させ、特別なアロマによって燻す、暗褐色または黒色の下面発酵ビールです。
  • シュタインビア(ビアストーン):ババリア(バイエルン)で生産されている、特別な約1200℃の石を使用して麦汁を加熱し、スモーキーな焦げた風味のあるビールです。
  • シュワルツビア(スタウト):まず最初に旧東ドイツのバート・ケストリッツ村で開発された、日本ではかなり人気のビールです。普通は、チョコレートの風味があり、アルコール分約5度の強烈な黒色のラガーです。 

アルベルト

 


関連記事リンク


The Basic Styles of Beer

 

Beer is one of the most popular beverages worldwide. It is a “undistilled alcoholic beverage” with bitter taste, made of grains of barley or other cereals fermented in water (for this reason beer contains bubbles of dissolved CO2 saturated which often produces its foam). Its alcohol content can reach up to 30% vol. but the most common is to find beer between 3 and 9% vol. When the malt barley is combined in significant quantities of other grains such as wheat or oats (sometimes even corn), this beer is often called as beer of wheat, oat... The type of hops used will not affect the name of the beer, except in the case of Pils or Pilsener beer, which refers to the beers originally made in the city of Pilsen with Moravian barley and hops of Zatec from Bohemia.

 

Most Traditional Types of Beer:

1) Family of Ale Beers

Family of Ale beers
Family of Ale beers

This group of beers uses the top-fermenting yeast that grows at the highest temperatures (10 to 25°C).  In this process, the hot fermentation lasts about 3 or 4 days, however, many producers ferment beer up to two weeks.  Then, most of the top-fermented beers have some kind of further aging, which can range from a few days of conditioning in hot (between 13 and 16°C) to a maturation in cold or even a second fermentation in the cask or bottle.

The ale beer may be pale or dark, have heavy or light body, high or low alcoholic graduation and be more or less bitter. Everything will depend, among other things, on the amount and type of malt used, hops and maturation time.

  • British style:  Mild, Bitter, Pale Ale, Brown Ale, Old Ale, Barley Wine, Scotch Ale, etc.
  • Belgian style: Almost all Belgian specialty beers are top-fermented, so it should be called ales (toast ale, red ale, golden ale, etc).   
  • German style:  Altbier (hot fermented as ales, but then have a cold maturation period of weeks, as the lager beers) and Kölsch (for their hot fermentation they are very fruity, well pale golden, delicate and smooth)
  • Other countries:  Bière de Garde (France), Australian Sparkling Ale, American Ale, etc.

 

2) Family of Lager Beers

This category of beers brewed by bottom-fermentation. Today it is the most common form of worldwide beer, Pilsner style being the best known and more often in the group of lager.

Family of Lager beers
Family of Lager beers

The lager beers are relatively new. They date from the mid-19th. century. They began to be created through the development of artificial refrigeration, to the research of Pasteur to isolate a yeast culture fermenting in the bottom of the tanks and the work of several Central European brewers.

A lager is therefore a yeast fermented beer with a low working temperature (7 to 15°C) in the bottom of the tank, which was then cold-ripened at about 0°C. The authentic lager usually ripens for a period of 2-6 months depending on the character you want to give the beer.

  • Pilsener or Pilsner:  It was in Pilsen (Bohemia), where the first transparent golden beer was produced.  Authentic Pilsener are pale, with moderate alcohol content, between 4.5 and 5.5%, dry, with good malt character and a very distinctive aroma hops.
  • Münchner Hell (Bavarian Lager Pale):  Similar to Pilsener but slightly less dry, and with more body.
  • Münchner Dunkel (Dark Lager): Traditional specialty of Munich and parts of southern Germany. They tend to have more character than the pale malt and they existed before.
  • Märzen / Oktoberfest (Vienna Style): Today it is produced to celebrate the Oktoberfest. They are lager beers or coppery bronze color, full-bodied and more alcohol than the golden lager.
  • Dortmunder Export:  It comes from the city of Dortmund, in northwestern Germany.  These beers are pale golden color, semi-dry, with more body than a Pilsener, but a little less bitter.
  • Bock, Doppelbock, Weizenbock, Maibock, Eisbock:  All strong German beers.

 

3) Wheat beers

Wheat beers
Wheat beers

They are top-fermented beers made with a mixture of wheat (malted or not) and barley. These beers are also known as white beers, because they look like fog when they are not filtered.  They have character acid, refreshing and sparkling, and they are traditionally produced in southern Germany, Berlin and Belgium.

These beers were traditionally available only in summer; now, because of their enormous popularity, in any season. 

  • Berliner weisse (White from Berlin):  With between 25 and 50% wheat, barley being the rest. They are considered the most refreshing of the entire range of the wheat. They are very pale, light and with a low alcohol content, around 3%, so they are ideal for the summer or as an appetizer.
  • Weizenbier:  From southern Germany.  They are also light, fruity and very refreshing. They are further characterized by their head dense, creamy and long-lasting foam. Its composition is usually more wheat than in Berlin, between 40 and 70%.
  • Witbier / Bière blanche (Belgian Wheat): The wheat is not malted, then they have more flavor and more body. They are pale yellowish and somewhat turbid. They are very suitable for the summer for its lightness, acidity and refreshing character.

 

4) Family of Lambic

These beers are spontaneously fermented beers that are made in the Brussels area known as Lambeek, slightly acidic and bitter because the hops are aged to avoid the bitterness.

Lambic beers
Lambic beers

 They are:  Lambic, Gueuze, Faro (Belgium) and the traditional Belgian fruit beers Kriek (with cherries) and Franbozen (with raspberries) used to accompany a dessert.

 

 

 

5) Porter and Stout

The Porter Beer is a less bitter beer, of lower original lower densities and lower levels of alcohol than a Stout. The stout is a beer almost black, dark, bitter, brewed from roasted barley malt color. Both of them are British.

 

6) Other specialties

A range of special beers difficult to classify in any of the preceding paragraphs.

  • Steam beer:  The only one native style from United States (California). It is a bottom-fermenting beer but using yeast of high temperature. The result is a beer combining the "clean" characteristics of a lager with the fruitiness of the ale.
  • Rauchbier (smoked beer):  It comes from the region of Franconia and especially the city of Bamberg in northern Bavaria, Germany. They are bottom-fermented beers where the malt barley is dried with the heat from the beech wood burned, making the smoke a very special flavor aroma. They have a dark brown or black color.
  • Steinbier (“beer stone”):  It is produced in Bavaria, using special stones to give a smokey or burnt taste, as the wort is heated on stones at 1,200°C.
  • Schwarzbier (Stout):  Firstly developed in the village of Bad Köstriz in the former East Germany.  In Japan it is a fairly popular beer. Usually it is a lager with a taste of chocolate, about 5º alcohol and an intense black color.

Alberto

 



料理に合うビール

birra e cibi diversi

歴史的に私たちは、良いワインや水でさえも料理のお供として使い、炭酸飲料やビールにはあまり目もくれませんが、実はビールだってとても料理にマッチするのです。

ビールと料理との組み合わせのルールは、ワインと料理との関係とは違い、ビールの場合は似たもの同士を、ワインは差異を愉しむ関係性があります。

清涼な喉ごし、低アルコール、低カロリーと、ビールは健康的でバランスの取れたダイエットにもってこいの完璧なコンビネーションで、それはスナックや軽い食事にも発揮します。しかし下にご紹介するような幾つかのルールによって、違うタイプのビールと食事をどのように組み合わせることができるかについて学んでみましょう。

 

酸性の食事

ここはビールがワインに対抗する時です。酸性食品は多くのワインにとってお手上げです。酢で味付けする様々な料理は、多くのワインを変化させ、オーク樽やシェリーで発酵するワインや少数の白ワインのみがこの成分に耐えることができます。

Birra e cibi al pomodoro
トマトベースとビール

• ビールは、肉と魚どちらのマリネにもとてもよく合います。

• ビールは、シチューやブレッド・ウィズ・トマト等トマトベースの料理によく合います。

• 多くの野菜はその酸味のせいでワインとは相性が悪いですが、ビールなら大丈夫です。

• マスタードで味付けした料理でも、ビールとなら素晴らしく調和します。

 

スパイシーフード、とても辛いもの

スパイシーな料理によって鈍くなった口中の感覚は、特にクリアーな琥珀色のビールの爽やかさを際立たせます。

Birra e guacamole messicano
メキシコ料理とビール

よってビールはメキシコ料理、インド料理、タイ料理と美しいタッグを組みます。もしそこにコリアンダーや生姜を加えたなら柔らかさを増し、メキシコ料理探究の最高な仲間になります。

 

幾つかの発泡酒にはにんにくや唐辛子が加えられていますが、つまるところビールはこれらのような香辛料との相性が抜群です。

 

甘酸っぱい料理

東洋の料理、特に日本食に使われるソース(寿司、刺身)は完璧に合い、わさびや醤油といったスパイスにも富んでいます。

東洋の料理とビール
東洋の料理とビール

マスタードやケチャップのような強い味とビールとの組み合わせでもよく合います。

 ハンバーガーとビールは古くからあるスタイルですね。

 

燻製やピクルス

ラガーは、この方法で処理された肉や魚の料理、ソーセージや魚の燻製等どちらにもよく合います。

また、ビールは魚のマリネによく合います。

 

炭焼き

ローストビーフとビール
ローストビーフとビール

• 焼きローストビーフがミディアムボディのビールと完全に調和します。

• 一般的にビールは、高脂肪食品、肉や揚げた肉、脂ののった魚等の要素を持つ料理に対し、口内を「クリーンアップ」させる感覚をもたらします。

• 興味深いことに、卵黄に含まれる脂肪が舌の味蕾を塞いでしまい、ワインのような飲み物との相性はどうしようもありません。しかしビールでは口触りがソフトに、フレッシュで、油分を拭い去ってくれるのです。

• またビールによく合うチーズは、高脂肪で酸味を含む食品でもあります。

 

苦味

エンダイブ、キクヂシャ、ナス等のような苦味を持った野菜は、強い味のフルボディーのビールとのバランスが最高です。ビールはアーティチョークの苦味を抑えることのできる唯一の 飲み物です。

 

チョコレート料理

チョコレートソースの掛かった(ヤマウズラとウズラやメキシコ料理)すべての料理は、最高の組み合わせです。

チョコレート料理とビール
チョコレート料理とビール

ビールはまた、お菓子の世界ではまだまだ伸びしろがあります。これを証明するものが、黒ビールやブルネットと強いチョコレート味のおいしいデザートを組み合わせたものです。

 

チーズとビール
チーズとビール

チーズ

チーズとの組み合わせは豊富です。黒ビールはブルーチーズと非常によく会います。

 

材料としてのビール

もちろん、ビールで調理されているすべての料理は、同じビールと完璧に組み合わせることができます。

ワインとの関係性として、白ワインの代わりにラガー(ブロンド)を、赤ワインの代わりにエール(またはダークブラウン)を、デザート用として琥珀(赤)色のフルーティーな風味のものを用いるのが一般的なルールとなります。

 

 

アルベルト

 


関連記事リンク


L'abbinamento della birra con i cibi

Storicamente, abbiamo usato un buon vino o anche l’acqua per accompagnare il nostro menu e abbiamo relegato le bibite gasate e la birra per gli altri momenti della giornata...  Ma lo sapevate che c'è anche un abbinamento per la birra?

Le regole di abbinamento gastronomico tra birre e cibi sono differenti da quelle tra vini e cibi, in quanto per le birre ci vuole un abbinamento per “similitudine” mentre per i vini si agisce per “contrasto”.

Grazie al suo sapore rinfrescante, basso tenore alcolico e basso contenuto calorico, la birra è il compagno ideale per una dieta sana ed equilibrata. La sua combinazione con snack e cibi leggeri è perfetto, ma possiamo anche imparare a combinare diversi tipi di birra con diversi cibi seguendo alcuni consigli e alcune regole:

 

I cibi acidi

• Qui è certamente dove la birra trova l’opportunità contro il vino, perché è proprio nel terreno acido dove molti vini non hanno nulla a che fare. Ogni piatto condito con aceto altera molti vini e solo pochi vini bianchi fermentati in botti di rovere o sherry sono in grado di resistere a questo ingrediente.

• La birra combina meravigliosamente con marinate, sia di carne che di pesce.

• La birra va bene con piatti a base di pomodoro come: stufati, pane con pomodoro, ecc.

• Molte verdure che sono incompatibili con il vino per la loro acidità, vanno bene con la birra.

• Anche i piatti conditi con mostarda, hanno una grande armonia con la birra.

 

I cibi piccanti e molto speziati

• La birra, specialmente la chiara (bionda), diminuisce la sensazione prodotta dai piatti piccanti per il suo contrappunto rinfrescante. Perci­ò la birra sposa meravigliosamente con i piatti messicani, indiani e thailandesi.  Se si aggiunge, ammorbidisce l'intensità del coriandolo e zenzero, diventerà il nostro miglior compagno per esplorare la cucina messicana.

• Pochi alcolici sopportano l'aggressione dell’aglio e il peperoncino; tuttavia, la birra trova un buon compagno in questi ingredienti.

 

I piatti agrodolci

• La cucina orientale, in particolare giapponese, si combina perfettamente con i loro sughi (sushi, sashimi), in cui abbonda il wasabi piccante e la salsa di soia.

• Anche i piatti con mostarde e salse ketchup vanno bene con birre per il suo sapore intenso.  Così l'hamburger e la birra è un classico.

 

I cibi affumicati e marinati

• La birra bionda va bene con piatti a base di carne e pesci trattati con questo metodo, sia carni come salsicce e pesci affumicati.

• Inoltre, la birra si sposa benissimo con i pesci marinati.

 

I carboni

I sapori arrosti della carne alla griglia armonizzano perfettamente con la birra di medio corpo.

 

I grassi

• In generale, possiamo dire che la birra porta un senso di "ripulire" il palato di tutti quei piatti che hanno un elemento con alto contenuto di grassi, carne e carni fritte, pesci grassi, ecc.

• È interessante notare che, a quanto pare il grasso in uova servite con i tuorli semiliquidi tratta di "tappare" le papille gustative della lingua, perciò bevande come il vino non vanno bene. Tuttavia, questo non accade con birre morbide e fresche, che puliscono la bocca.

• E i formaggi che si sposano bene con le birre sono quelli con un alto contenuto di grassi e una chiara tendenza all’acidità.

 

I sapori amari

Il gusto amaro delle verdure come indivia, scarola, melanzane... sono equilibrati con il sapore intenso delle birre corpose.  La birra è l'unica bevanda in grado di calmare il carciofo.

 

Piatti con cioccolato

Ogni piatto che prende salsa di cioccolato (pernici e quaglie o la cucina messicana) fa della birra un ottimo compagno.

La birra ha anche uno spazio nel mondo dei dolci. Prova di ciò è la combinazione di deliziosi dessert con intenso sapore di cioccolato con la birra scura o bruna.

 

I formaggi

L'abbinamento con il formaggio è abbondantissimo. La birra nera combina molto bene con i formaggi blu.

 

La birra come ingrediente

Naturalmente, tutti quei piatti che vengono cucinati con la birra possono essere combinati perfettamente con la birra stessa come bibita.

La regola generale per servire una birra, considerando l'abbinamento con i vini, è usare una lager (bionda) invece di un vino bianco, una birra ale  (scura o bruna) nel posto di un vino rosso e una birra ambrata aromatizzata alla frutta (rossa) per i dessert.

 

Alberto

 



オーストラリアのダーウィン・フェスティバル

皆さんこんにちは! 次回のイベント、『世界のビール愛好会 Beer Fest』にぜひご来場ください。私の出身地であるダーウィンについて、そして毎年夏に行われる有名なイベント、ダーウィン・フェスティバルについてお話ししたいと思います。

 

ブーゲンビリア・フェスティバル

私が子供の頃、通っていた小学校がブーゲンビリア・フェスティバルというお祭りに参加していました。

Jabiru-ズグロハゲコウ
Jabiru (ズグロハゲコウ)

8月に行われ、その季節にはブーゲンビリアの白、赤、紫の花々が町中に咲き乱れていました。私達は、シティー・センター周辺で行われていた公式なパレードに参加し、北部独特の野性的な衣装に身を包んでいました。ズグロハゲコウという地域の鳥を模した紙粘土細工を持っていたので、竹の棒の先にくっ付けて、飛んでいるように振り回していたのを覚えています。

 

ダーウィン・フェスティバル

1974年のクリスマスの日、ダーウィンはサイクロントレーシーと呼ばれる巨大な竜巻によって大損害を受けました。68人が死亡し、25,000人以上の人々が家を失いました。

ダーウィン・フェスティバル-フェスティバル・パーク
ダーウィン・フェスティバル-フェスティバル・パーク

町中殆どのビルが破壊され、その多くが全壊でした。その4年後1978年に、街の復興を願いお祭りが始まりました。その後それが街の発展を反映し、現代アートやダーウィンの文化に関する催し、地域柄を前面に押し出したお祭りへと変化し、1996年からダーウィン・フェスティバルとして名前を変更し今日に至ります。今では18日間の様々なイベントが行われるお祭りに発展しました。もし今年ダーウィンに行かれるのなら、8月7日~24日に開催されますので、素敵な時間をお過ごしくださいね。

 

それでは最後に申しておきますが、ダーウィンは凄く良い場所です。気候は1年を通して最高で、シーフードは新鮮でお手頃な価格ですし、生活スタイルは本当に素晴らしく、どなたにとっても快適に過ごして頂けます。私は現在13年間日本で暮らしていますが、今でもダーウィン人の気質を忘れないよう心掛けています。

                                       ダンカン

 


関連記事リンク


The Darwin Festival in Australia

Hello everybody!  Let me invite you for the next event:  The Beer Fest.  First I want to start talking about my city, Darwin, and a famous event that every year is celebrated in Summer:  The Darwin Festival.

 

The Bougainvillea Festival

When I was a kid, there was a festival that my primary school used to participate in called the Bougainvillea Festival, because it's held in August, the season when the bougainvilleas flower in their white, red and purple colours all over town.

Bougainvillea
Bougainvillea

We used to join in the official parade that went through the city center, dressed as local wildlife from the Northern Territory. I remember I had a Jabiru, a local bird, made out of paper-mache and stuck at the end of a bamboo pole, which I waved around like it was flying.

 

The Darwin Festival

In 1974, on Christmas day, Darwin was devastated by a massive cyclone called Cyclone Tracey. It left 68 dead and over 25,000 residents homeless; almost all buildings in the city were damaged and many completely destroyed.

Darwin Festival
Darwin Festival

The festival started in 1978 to mark a significant revival of the city, 4 years after. The name changed to the Darwin Festival in 1996, to reflect the growing involvement in contemporary art, Darwin culture and celebration of the local lifestyle. Now it's an 18 day event where the city comes alive with all kinds of festivities. If you're in Darwin this year from the 7-24 of August, get in there and have a good time.

 

And lastly, Darwin is a great place.  The weather is great all year round; the seafood is fresh and reasonable priced, the lifestyle is really wonderful and everyone takes it easy.  Though I've been in Japan for 13 years now, I still try to keep a bit of Darwin inside me.

 

Duncan

 



La fête nationale du 14 juillet(7月14日のナショナルホリデイ)

Fête du 14 jullet
Fête du 14 jullet

Le 14 Juillet est en France l’occasion de célébrer la fête nationale. Cette date marque la prise de la Bastille qui a eu lieu en 1789 et qui est le début de la Révolution Française.  

C’est grâce à la Révolution que la France est une république, a une constitution et bien sûr peut s’appuyer sur la Déclaration des Droits de l’Homme. La devise de la France est d’ailleurs tirée de cette Déclaration: Liberté, Égalité, Fraternité.

 

Célébrations du 14 juillet

Feu d'artifice de la tour Eiffel du 14 juillet
Feu d'artifice de la tour Eiffel du 14 juillet

Aussi, chaque année, presque toutes les villes et villages de France célèbrent cette date en tirant un très beau feu d’artifice et en organisant un bal en plein air, dans les salles des fêtes ou encore les casernes de pompiers. C’est un événement très populaire que tout le monde apprécie.

Défilé 14 juillet (Paris)
Défilé 14 juillet (Paris)

Paris plus particulièrement organise un grand défilé sur les Champs Elysées où l’on peut voir tous les corps d’armée (aviation, infanterie, artillerie, cavalerie, légion étrangère). On peut regarder ce défilé partout en France grâce à la retransmission en direct à la télévision. Le président de la République assiste au défilé avant de donner une "garden party" dans le jardin du Palais de l’Elysée.

 

Lucile

 



感謝 (Agradecimentos)

7月5日にEuroLingualのイベントで、ブラジルについて少し話す機会がありました。今月ワールドカップが行われていることもあり、特にサッカーとカーニバルが世界の注目の的になっていますが、ブラジルには他にもたくさん面白いことがあります。イベントの間、ブラジルでは特に有名なお祭りで、毎年6月に行われるフェスタ・ジュニーナについて話しました。また、私の最愛の都市であるブラジリアについても少しだけ話せました。とても短い時間にブラジル中央の高原に建設されたブラジリアという街についてのプレゼンを、皆様に大変好奇心を持って見て頂け、私にとっても興味深いひと時でした。ゲームをし、たくさんのブラジル音楽を聴き、サンバまでダンスすることになるなんて、このイベントは本当に楽しかったです。皆様は少しだけブラジル料理について、またブラジルならではのフルーツやジュースも味見しました。ご参加いただいた皆様、ブラジルについてお話できる良い機会を頂き、ありがとうございました。

 

                                  カロリネ

 


関連記事リンク


Agradecimentos

 

No dia 05 de julho foi realizado, pela EuroLingual, um evento com o objetivo de falar um pouco sobre o Brasil. O país tem estado em destaque durante todo esse mês, devido a Copa do Mundo, no entanto, além do futebol e do Carnaval, o Brasil tem muitas outras coisas interessantes.  

Durante o evento pudemos conversar sobre outra famosa festa que ocorre no mês de junho, a festa Junina.  Além disso, pude falar um pouco sobre a minha amada cidade, Brasília.  Foi bastante interessante ver a curiosidade dos participantes sobre como uma cidade, em tão curto tempo, foi construída no meio do Planalto Central. Esse evento foi bastante divertido, pois pudemos participar de jogos, escutar bastante música brasileira e até dançar samba. Os participantes também tiveram a oportunidade de apreciar um pouco da culinária brasileira, além de frutas e bebidas típicas. Gostaria de agradecer a todos pela a participação e pelos bons momentos que tivemos, conversando sobre o Brasil.

 

Caroline

 



Il carnevale in Brasile, a ritmo di samba(ブラジルのカーニバル、サンバのリズム)

Quando si parla del Brasile di solito ci viene in mente il Carnevale, una delle espressioni più conosciute della cultura brasiliana.

 

L'origine del Carnevale brasiliano

Carnevale-Sfilate
Carnevale-Le sfilate

Il carnevale brasiliano è famoso in tutto il mondo, soprattutto quello di Rio de Janeiro, celebre per il lusso e lo spreco di denaro con la sontuosa sfilata delle scuole di samba.  Però anche a Bahia, Recife e in parecchie città del Brasile si tengono grandi feste e musiche per le strade delle città. Questa festa è di origine europea, particolarmente della colonizzazione portoghese e italiana con aggiunte africane e amerindiane, che hanno dato al Carnevale tutta la creatività e l’originalità.  Il Carnevale di Rio risale al 1723, quando gli immigrati portoghesi sbarcavano sulle rive del Guanabara Bay introducendo gli usi e costumi delle tipiche feste europee fatte in primavera.   Dopo si è incorporato il sapore afro-brasiliano delle tradizionali feste africane degli schiavi da loro portati in Brasile.

 

Il Samba

Carnevale di Rio-Carri allegorici
Carnevale di Rio-Carri allegorici

Ogni anno si sceglie un tema che sarà l’ispirazione alle allegorie, i carri, i costumi e il samba enredo (canzone di ogni scuola). I Cariocas (così si chiamano le persone che abitano a Rio de Janeiro) dicono spesso in giro che "a chi non piace il samba o ha problemi alla testa o ha problemi ai piedi". Il Samba nasce negli anni '40 del secolo scorso ed entrò a far parte dell'identità brasiliana. Il Samba è stato eletto dalla popolazione come il ritmo musicale principale di Rio de Janeiro.

 

Il Re Momo

Nel carnevale di Rio de Janeiro sono coinvolte 5000 persone per scuola, così si può avere un'idea della grandezza della manifestazione e l'atmosfera di festa che si respira.

Sambodromo a Rio de Janeiro
Sambodromo a Rio de Janeiro

Questa festa comincia quando il Re Momo diventa il sindaco della città durante tutto il tempo del Carnevale e riceve le chiavi per la città gridando a gran voce il vostro primo ordine: "Decreto gioia!". 

 

Queste parate si svolgono presso il Sambodromo, un luogo costruito per i festeggiamenti più importanti di Rio de Janeiro con una capacità di 70.000 persone. Ma durante i giorni della festa, le danze si svolgono non solo al Sambodromo ma anche in tutti i quartieri, ed ci sono molti altri eventi.  Inoltre chiunque può vestire e trascorrere una giornata di divertimento piena di risate.

 

Il Re Momo
Il Re Momo

Il Re Momo, che divenne sindaco, è responsabile al Sambodromo di inaugurare il Carnevale "ufficiale".  La tradizione afferma anche che il re Momo dovrebbe essere in sovrappeso, perché l'eccesso di gioia sintetizza il significato del carnevale. Ma l'obbligo di pesare almeno 110 chili è stato abbandonato nel 2004, e in effetti, quest'anno il Re Momo è stato di diversi chili più sottile rispetto ai suoi predecessori.

 

Alberto

 


関連記事リンク


Les traditions du mois de juin en France...(フランスの6月の伝統的なお祭り)

Le baccalauréat (BAC)

Pour tous les lycéens, il y a l'examen du baccalauréat (BAC)

C'est un diplôme national qui a deux catégories:  

  • général, avec trois séries différentes: S scientifique, ES économie, L littéraire.
  • technique avec des séries spécifiques: technologie, informatique, logistique, mécanique etc…

En tout cas, c'est un vrai rituel de passage qui permet soit de continuer ses études ou de trouver du travail. 

L'examen du baccalauréat
L'examen du baccalauréat

Mais le mois de juin c'est aussi: 

 

La fête de la musique

La fête de la musique qui se déroule tous les ans depuis 32 ans, le 21 juin, partout en France.  Des musiciens professionnels et amateurs, des adultes, des enfants... Du rock, de la pop, du bal musette, de la chanson française etc… Il y a des concerts gratuits à tous les coins de rues, dans les bars, en terrasse et il y en a donc pour tous les goûts, c'est vraiment sympa!

 

La fête de la musique
La fête de la musique

 

Tournoi Roland Garros

Pour les amoureux du sport, il y a le tournoi de tennis Roland Garros mais également le tour de France!

On peut regarder les matchs et les courses en direct à la télévision, c'est divertissant même si parfois on s'endort devant…

le tournoi de tennis Roland Garros
Le tournoi de tennis Roland Garros

Autant d'événements qui annoncent l'été et les vacances qui vont avec!

 

Lucile

 



ブラジリア

7月5日(土)のブラジリアン・アフタヌーン・ティー・パーティーに向け、ブラジル関連の情報をお送りします。

ブラジリア出身のカロリネ先生による、ブラジリアの概要をポルトガル語/日本語にてお楽しみください。

 

ブラジリアの地図
ブラジリアの地図

ブラジリアは現在のブラジルの首都であり、「希望の都」と呼ばれ、連邦特別区としても知られています。都市構想計画によりブラジリア国立公園として全ての町は区域周辺に造成され、連邦特別区となっており、衛星都市として知られています。ルシオ・コスタによる都市構想、また建築家オスカー·ニーマイヤーによる設計により、完全な計画都市として創られました。ルシオ·コスタは地域の地形とパラノア湖(人工湖として掘削)に合わせて都市開発を実施しました。ブラジリアは1960年4月21日に発足し、サルバドール(バイーア)、リオ·デ·ジャネイロに次いで、ブラジル3番目の首都となりました。ブラジリアを上空から見ると、飛行機や蝶のような姿をしています。市内の主な公共建築物もオスカー·ニーマイヤーによって設計されました。これらの要因により、ブラジリアはユネスコの世界遺産として認定されています。

ブラジリア全景
ブラジリア全景

 

 

 

都市についての雑記:ブラジルの新しい首都について、1891年神父ジョアン·ボスコが夢を見て、「この新しい首都は繁栄と富に満ちた土地になるだろう」と予言したことが伝説となっています。このため神父ジョアン·ボスコは、ブラジリアの保護神と考えられています。  

                                               カロリネ

 


関連記事リンク


Brasília

 

É a atual capital do Brasil. Também é conhecida como “Capital da Esperança” ou Distrito Federal. Brasília é formada pelo Plano Piloto e Parque Nacional de Brasília.

Brasília vista panorámica
Brasília-Vista panorámica

Todas as cidades construídas ao redor desses setores fazem parte do Distrito Federal e são conhecidas como cidades satélites. Brasília foi uma cidade totalmente planejada. O plano urbanístico  (Plano Piloto) foi elaborado por Lúcio Costa e a cidade foi desenvolvida pelo arquiteto Oscar Niemeyer. Lúcio Costa planejou a cidade para se adequar ao relevo da região e ao lago Paranoá (lago artificial, que estava sendo construído). Brasília foi inaugurada em 21 de abril de 1960. E tornou-se a terceira capital do Brasil, após Salvador (Bahia) e Rio de Janeiro. Quando vista de cima, Brasília tem a forma de um avião ou uma borboleta. Os principais prédios públicos da cidade também foram projetados por Oscar Niemeyer.  Devido a esses fatores, Brasília é considerada um patrimônio Mundial pela UNESCO.

Brasilia-Catedral
Brasilia-Catedral

 

Uma curiosidade sobre a cidade: existe uma lenda que em 1891 o padre João Bosco sonhou com uma nova capital para o Brasil. Essa nova capital seria uma terra próspera e cheia de riquezas. Devido a esse sonho profético, o padre João Bosco é considerado o padroeiro (protetor)  de Brasília. 

                                                     Caroline

 



フェスタ ジュニーナ/ ジュリーナ(6月と7月のお祭り)

7月5日(土)のブラジリアン・アフタヌーン・ティー・パーティーに向け、ブラジル関連の情報をお送りします。

カロリネ先生による、ブラジルの6月と7月のお祭りについての情報を、ポルトガル語/日本語でお楽しみください。

 

Festas Juninas

フェスタ ジュニーナ/ ジュリーナは、カトリックの起源のお祝いとして、6月または7月にブラジルで催されます。聖ペトロと聖パウロの日として祝われるこのイベントは、東北地方の特徴が色濃いお祭りで、地域社会の人々や多くの観光客が一緒になり、飾り付けや郷土料理を愉しみます。キャンプファイヤーの火を灯し、たくさんのカラフルな風船や盛大な花火でパーティーを盛り上げます。

 

Festas de Sao Joao

参加者は田舎風の素朴な、男性はチェックのシャツとカラフルな布のパッチワーク柄パンツや麦藁帽子を着こなし、女性はカラフルなドレスと麦藁帽子が定番スタイルです。そしてクァドリーニャ(フランスのダンス、カドリーユが原型)を踊るためにカップルが誕生して行きます。クァドリーニャでは、カップルがダンスを開始すると「新郎」と「花嫁」となり、架空の結婚を演ずることができます。この結婚の儀式クァドリーニャは、ヨーロッパで行われている結婚を祝う聖ヨハネのお祭りと繋がりがあります。

 

カロリネ

                             


関連記事リンク


Festas juninas/julinas

 

Festas juninas e/ou julinas são celebrações de origens católicas que ocorrem nos meses de junho e julho no Brasil.

Comida típica São João
Comida típica São João

São festas características da região Nordeste e são celebrados nesses eventos o dia de São Pedro e São Paulo. Essas comemorações reúnem toda a comunidade  local e muitos turistas e contam com uma decoração e comidas típicas.  Fogueiras são acessas, decora-se o local da festa com muitos balões coloridos e ocorrem queimas de fogos de artificio.

 

Balões São João
Balões São João

Os participantes podem se vestir de caipiras: os homens com camisa quadriculada, calça remendada com panos coloridos e chapéu de palha. Já as mulheres usam vestidos coloridos e chapéu de palha. Então, formam-se casais para dançar a quadrilha. Essa dança foi baseada em uma dança francesa “quadrille”. Na quadrilha, o par que inicia a dança são o "noivo" e a "noiva", pois a quadrilha pode se encenar um casamento fictício. Esse ritual matrimonial da quadrilha está relacionado as festas de São João que ocorrem na Europa e que também celebram casamentos.

 

Caroline

 



ムジカ・ポプラール・ブラジレイラ / MPB(Música Popular Brasileira)

ムジカ・ポプラール・ブラジレイラ

7月5日(土)のブラジリアン・アフタヌーン・ティー・パーティーに向け、ブラジル関連の情報をお送りします。

Musica Popular Brasileira

ラテンアメリカの大国ブラジルでは、ポルトガル語が主要言語として使われていますが、そのポルトガル語を音楽を通じて学ぶというのも一つの手段です。

ブラジル音楽の核の部分、MPB*エミ・ペー・ベーと発音(Música Popular Brasileira)について少しご紹介します。

 

ブラジル・アメリカ

世界における日本の音楽マーケットはアメリカに次ぐ規模を誇りますが、ブラジルの音楽大国ぶりも相当なもので、様々なジャンルが存在し進化し続けています。

Musica Popular Brasileira

ストリートにおいては、生演奏バー“Música Ao Vivo”が街の至る所に点在し、昔の日本でも見られた“流し”のようなその日の糧を稼ぐべく音楽で生計を立てるプロミュージシャンが全国津々浦々に存在し、例外なく確かな力量を持つミュージシャンが揃っており、各地方で生まれる音楽も多彩です。

 

またインターナショナルアーティストの公演が大規模に行われ、世界的に有名なブラジル人アーティストも数多くいます。

アメリカと同じく一国に世界を内包する国家であり、白人・黒人・黄色人種等の文化が混在しているため独特な音楽文化を育んでいます。アメリカとブラジルの間の大きな違いは、アフロ文化の影響度や人種間の棲み分けまたは融合にあると言えるでしょう。

世界的にブラジル音楽はラテン音楽とカテゴライズされ、主なジャンルとしては、サンバ・ボサノヴァ・セルタネージョ等がよく知られており、フランスではワールドミュージックの主要な要素として、アメリカではジャズ・ロックの一端として、また日本ではボサノヴァが幅広く受容されています。

 

ブラジリアン・ニュー・ミュージック

MPBはブラジル音楽の代表格で、ボサノヴァを基調とし、ポルトガルのファド・ブラジル周辺国の音楽・クラシック・サンバ・ジャズ・ロックを混ぜこぜにし、文化的な薫り高く昇華した独創的なブラジル音楽として親しまれています。

Bossa Nova

誤解を恐れずに言うと、日本でのニューミュージック的な立ち位置でしょうか!? 土着的ではなく、都会的な非常に洗練された印象を持って頂けると思います。※過去にトロピカリズモという政治的な運動も通過

ボサノヴァの生みの親、アントニオ・カルロス・ジョビン (Antônio Carlos Jobim)より連なる現代までユニークで数多くのアーティストが輩出されています。

 

MPBアーティスト

Cantantes MPB Brasileira

健在アーティストでは、ジョアン・ジルベルト(João Gilberto)、カエターノ・ヴェローゾ(Caetano Veloso)、ガル・コスタ(Gal Costa)、マリア・べターニャ(Maria Bethânia)、シコ・ブアルキ(Chico Buarque)、ジルベルト・ジル(Gilberto Gil)と言った、MPB創始者を筆頭に、ミルトン・ナシメント(Milton Nascimento)、ジャヴァン(Djavan)、イヴァン・リンス(Ivan Lins)、シモーネ(Simone)、ジョージ・ベン・ジョー(Jorge Ben Jor)、ホベルト・カルロス(Roberto Carlos)等の個性派、最近ではマリーザ・モンチ(Marisa Monte)、パト・フ(Pato Fu)、セウ・ジョルジ(Seu Jorge)、日本で有名なところでは、セルジオ・メンデス(Sergio Mendes)、小野リサ(Lisa Ono)等もMPB的なアプローチで活躍しています。

 

その他ブラジル音楽アーティスト

今回はMPB関連に限定して記しましたが、他にも多くのMPBアーティストが存在し、更には現代的なポップス・ロックシンガー、バンドも数多く輩出しています。

Brazilian live music band

現在最も有名なイヴェッチ・サンガロ(Ivete Sangalo)、ダニエラ・メルクリ(Daniela Mercury)等の女性シンガー、シャーリー・ブロウン・ジュニオール(Charlie Brown Jr.)、ピティー(Pitty)等のニューロックバンド、セプトゥーラ/ソウルフライ(Sepultura/Soulfly)やアングラ(Angra)といった世界的に知られたロックバンドと、幅広いジャンルを有すブラジル音楽を聴き逃すなんてもったいないことです!

ぜひご一聴を♪ 

 


関連記事リンク


Le mois de Mai en France(フランスの5月の伝統的なお祭り)

En France, le mois de Mai est synonyme de brin de muguet et de fête du travail. Mais aussi c’est synonyme de films, fête, stars, tapis rouge et paillettes!

En effet, chaque année depuis 1946 (sauf en 1948 et 1950), se déroule un grand festival international de cinéma:  

 

Le Festival de Cannes

Cannes poster 2014
Cannes poster 2014

Cette année, la 67ème édition, qui se déroulera du 14 au 25 Mai 2014, sera présidée par la réalisatrice Jane Campion (La leçon de Piano, Holy Smoke, Bright Star).

Comme pour les Oscars, il y a plusieurs récompenses:

  • Meilleur film (la Palme d’Or)
  • Grand Prix
  • Prix de la mise en scène
  • Prix du scénario
  • Prix du Jury
  • Meilleur acteur
  • Meilleure actrice
  • Caméra d’or
  • Prix Un Certain Regard 
Palme cannes
Palme cannes

Et comme pour tous les festivals de cinéma, les prix sont symbolisés par une sculpture:  ici à Cannes, c’est une feuille de palmier stylisée qui est utilisée. Et chaque année depuis 1998, c’est la maison Chopard qui confectionne les fameuses palmes. Elles sont très belles et très élégantes.

 

Défilé à Cannes

l’Hôtel Martinez
l’Hôtel Martinez

L’autre tradition du Festival de Cannes c’est de défiler sur le tapis rouge et de monter les marches du palais du festival. Toutes les stars sont au rendez-vous! C'est l'occasion pour elles de montrer leurs plus belles robes et leurs plus beaux bijoux…pour le grand bonheur des journalistes et des photographes bien sûr!

 

Après les films, il y a aussi la fête. Les lieux les plus prestigieux pour aller danser:  l’Hôtel Martinez, Le Palais Club, La Villa Schweppes ou encore Le Loft.

 

Lucile

 



Ricchezza e storia della gastronomia serba(多様性に富んだセルビア料理の歴史)

La ricchezza della cucina serba si deve alla varietà geografica, etnica e culturale e al continuo spostamento del popolo attraverso i secoli. La cucina serba ha influenza greca, bulgara, turca e ungherese. La cucina autoctona è a base di carne alla griglia, pesce d’acqua dolce, formaggi e legumi.

Cucina serba
Cucina serba

Le principali specialità sono: cevapcici (polpettine di carne), pljeskavica (polpettone alla griglia), raznjici (spiedini di carne), kajmak (un tipo di panna), gibanica (sfoglia con carne e formaggio), proja (polenta), ecc.

 

Si dice che la cucina medievale serba era a base di latte e derivati, e di vegetali. Il pane non si consumava molto, tutto quello di grano era riservato alle persone di alto livello sociale, mentre i poveri mangiavano il pane di segale e d’avena. Si consumava solo carne selvaggia e i bovini si tenevano per i lavori di agricoltura.

 

Cucina serba
Cucina serba

C’è un detto serbo: “Non ho mangiato se non ho usato il cucchiaio”. Infatti, in Serbia sempre si prende a pranzo sia quello di tutti i giorni o quello per occasioni speciali,  una zuppa o una minestra.  Ne esistono diversi tipi, ma quelli più comuni sono: zuppa di vitello, di agnello, di pollo, ecc.  Spesso sono piccanti e anche includono legumi.

 

Altri cibi locali sono il prosciutto, kajmak (panna), ajvar (crema di peperone), cicvara (pappa fatta di farina, kajmak e acqua), “slatko” di rosa e specialità fatte con le prugne secche. La specialità della Serbia occidentale è la carne affumicata.  La cucina della Serbia orientale è caratterizzata da agnello cotto nel latte, carne di cinghiale affumicata, ecc. Nella Serbia meridionale troviamo la carne alla griglia o allo spiedo.

 

Non è facile insegnare i segreti della cucina serba a una persona straniera. Ci sono tanti nomi di piatti che semplicemente non si trovano nei dizionari e non si possono tradurre, e nemmeno fanno parte della cucina di altri paesi, anche quando sono fatti di ingredienti semplici che possono trovarsi in tutto il mondo. Per questo motivo per conoscere la cucina tradizionale serba c’è bisogno della mano esperta di un ristoratore serbo. 

Settimana prossima abbiamo un evento che ci farà conoscere un po’ di questi segreti.  

 

Alberto

 


関連記事リンク


豊かなセルビア料理

私のニックネームはサシャです。皆さんもサシャと呼んで下さい。

今回、もしかしたらあなたにとって初めて、多彩で豊かなそして何より美味しいセルビア料理の一端をご紹介させていただくことを、とても光栄に思っています。

 

セルビア古代文化

セルビア料理の豊かさ多彩さは、セルビアの人々の長い歴史から生まれたもので、セルビア文化をよく表しています。

セルビア料理①

かつてセルビア人は広大な地域に暮らしていました、ローマ帝国時代でもトルコ人がヨーロッパに侵攻を始めた時代でもヨーロッパ最大の人口を誇りました。セルビア人はヨーロッパの他の民族と相互に影響を与え合えました、もちろん料理においても。そして有名なセルビア人の軍人、冒険家、皇帝などを挙げればアレクサンダー大王やマルコ・ポーロ…そして皇帝ドウシャンらなどと共に、エジプト、ペルシャ、インド、中国などに赴き、偉大な古代文明から多くの影響を与え合え、セルビア料理はさらに花開いたのです。

 

影響力の衰退

残念ながらヨーロッパや世界の文化に多大な影響を与えた、最も美しく咲いた古代セルビア文化の花は中世に突然刈り取られます。

セルビア料理②

例えを挙げれば、まずはローマそしてクリスチャンそして今の世界の文明にカレンダーを与え、世界最古の文字(ヴィンチャ文字、この文字からラテンやキリル文字が作られた)、現代の基礎となる最初の憲法(ドウシャン法典)、科学や医療の分野での発明(眼科手術、歯科学など)、公衆衛生の発展として公私のお風呂(まだヨーロッパでは風呂ではなく悪臭を中和させるための強い香りの香水をもちいることが多かった時代)、芸術(特に絵画と肖像)、音楽、そして建築などです。他にも、まだ多くの研究はなされていない料理や食文化のスタイル(スプーン、ナイフ、フォークを使用する)を広めた(多くのヨーロッパ諸国が同じお皿から分け合い、指で食べていた時代)。それらが、オスマン帝国やオーストリア、ハンガリーに長い時代にわたり占領され壊されました。しかしセルビア料理はそれら多文化と影響し合い変化し、さらに多彩になりました。

 

セルビア料理の多様性

他の文化と影響し合ったばかりではなくセルビア人の中でも料理は発展してゆきます。現代のセルビア料理は広大な地域に広がっていて(時代が進むにつれ縮小していく傾向がありますが)地域毎に特色があり、セルビア料理の豊かさはまるで海のようです。しばしば、同じ名を持つ料理が、各地域で調理法も見た目も味も異なることがあります。例えば、国民的人気を誇るパスーリュ(インゲン豆の料理)は何百ものレシピが存在します。

セルビア料理③

セルビア料理に興味を持たれたならばセルビア国内(バチュカ、シュマディヤ、コソヴォ、メトヒヤ、スレム、ラシカ、ホモリエ、バナト等)でも豊かな地方性を見ることができ、今はセルビアに属していない地域(モンテネグロ、ダルマチア、リカ、バラニャ、ボスニア、スラヴォニア、バニヤ、ヘルツェゴビナ、南セルビア等)にもその姿を見、さらにその隣国の中(ハンガリー、ルーマニア、ブルガリア、アルバニア、イタリア、ギリシャ等)にもその姿があり、遠く離れた国(西ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリア等)でも大勢のセルビア人が住んでいますからセルビア料理のさまざまなスタイルが見られます。私は特に、古くはセルビア帝国の都であった、プリズレンとスコピエの繊細で美味しい郷土料理と、800年に渡りレシピを守ってきたアトス山のヒランダル修道院に縁のある郷土料理の特徴的な味を強調したいと思います。特にセルビア人にとってとても大切なヒランダルで私は料理を研究し実際に調理するという栄誉にあずかることができました。

 

以上のことで興味を抱いて下さったら、ぜひ私の国に訪れて、なぜ旅行者・訪問者が滞在を延長したり、再び訪れるのかを自分の目や口で確かめてみてください。また、料理だけではなく、私の国は伝統的に心のこもったおもてなし(ホスピタリティー)をすることで有名です。

 

サシャ

 


関連記事リンク


Порекло и богатство српске кухиње

 

Велико ми је задовољство што Вас могу можда први пут, да упознам са делићем раскошне, разноврсне и пре свега веома укусне Српске Кухиње . Богатсво и разноликост јела Српске Кухиње, као доброг представника Српске Културе, условило је наравно као последица дуге и древне историје Српског народа.

 

Србија древна култура

セルビア料理①

Живећи у далекој прошлости на широким животним просторима, а и касније као најбројнији народ Римске Империје и све до Турских инвазија у Европу њен најмногољуднији (европски) народ, примао је и давао утицаје наравно и у кулинарству, са другим пре свега европским народима. Али и путујући са својим великим представницима, пустоловима, ратницима и царевима, као што су били Александар Македонски, Марко Поло, ... све до Цар Душана Силног, и стижући све до далеких крајева Кине, Индије, Персије и размењујући и са тим великим и древним цивилизацијама утицаје, разноликост и шаренило Српске Кухиње се увелићавала.

 

Пад српске кухиње

Нажалост, можда у врхунцу процвата Српске Културе у средњем веку, нагло је пресечена ова древна цивилизација која је Европској и Светској култури дала много.

セルビア料理④

Као на пример што је прво Римској, а касније Хришћанској и данас Светској цивилизацији подарила календар, најстарије писмо (Винчанско) од кога су касније настале и латиница и ћирилица, прве писане законе и државни устав (Душанов), много тога у тадашњој науци и медицини (још у то време нпр операције на оку, стоматологији), хигијени са јавним и кућним купатилима, бањама (у неким другим цивилизацијама још се у то време, чак и на дворовима то решавало јаким парфемима), уметности, посебно сликарству (у живопису и иконописањем), музици и архитектури, и изузетно, мада још увек недовољно истраженој области кулинарства, али и форме тј. начина употребе хране са кашиком, виљушком и ножем (док су многи европски народи још увек јели само прстима из заједничких тањира), све је пресечено вишевековном окупацијом Отоманске Империје и Аустроугарске Империје.

Данашња Српска Кухиња је у интерактивној размени са кухињама ове две царевине значајно измењена али и обогаћена у разноликости. Али и од давнина па све до данашњих дана Срби као народ нису само давали и примали утицаје са другим народима, већ су и унутра свог националног бића на широком животном простору (који се кроз историју непрекидно смањује), развијали локалне кухиње и разноврсна јела, што још опет повећава непрегледивост богатства ове кухиње. Често постоје и многе варијанте истог јела, са различитим начинима спремања, форме и укуса, нпр национално и популарно јело Пасуљ има више стотина различитих рецепта за припрему.

 

Pазноврсност српске кухиње

За оне које више заинтересује Српска Кухиња, моћи ће да се увере у разлике и стилове кулинарства не само у околини матичне државе Србије (па и у самој њој нпр Бачка, Шумадијска, Косовометохијска, Сремска, Рашка, Хомољска, Банатска кухиња ...) већ и у другим српским животним просторима, пре свега Црној Гори са приморијем, Далмацији, Лици, Барањи, Босни, Славонији, Банији, Херцеговини, Јужној Србији ..., па и суседним државама где Срби још живе Мађарској, Румунији, Бугарској, Албанији, Италији и Грчкој, као и у далекој дијаспори у Западној Европи, Америци и Аустралији.

セルビア料理⑤

Посебно бих истакао посебност и истанчаност укуса локалних кухиња у Српским царским престоницама као што су Призрен и Скопље, и наравно тамо где су најбоље сачувани оригинални рецепти Српске Кухиње пре више од 800 година, тј. Турског и Аустроугарског утицаја, у Српском Царском Манастиру Хиландару на Светој Гори у Грчкој, која је и аутору овог текста и најближа по укусу и стилу, а имао је привилегију да на том, за Србе најзначајнијем, месту кува.

Ако сам Вашу радозналост поштовани, овим текстом бар мало заголицао, да упознате ову Древну Кухињу, и ако сам невешт у писању, надам се да Вас нисам са неукусом одбио, молим Вас посетите Српске Земље и лично се уверите, зашто је главни разлог због кога туристи и гости продужавају боравак и поново долазе, у како добро познате по гостопримству српске домове, тако и хотеле и ресторане!   

 

Саша

 



Joyeuses Pâques!(ハッピー・イースター)

œufs en chocolat
œufs en chocolat

Après Noël, Pâques est la fête chrétienne la plus importante en France. 

Elle symbolise la résurrection de Jésus Christ.

Pour célébrer sa renaissance mais aussi celle de la nature, la tradition veut que l'on s'offre des œufs en chocolat.

Pour les enfants, c'est le lapin de Pâques qui vient déposer les œufs dans le jardin.  La chasse aux œufs est alors ouverte!  C'est très amusant!

L'agneau de Pâques
L'agneau de Pâques

 

Le dimanche de Pâques est un jour férié, il est marqué par la messe et la dégustation d'un bon repas en famille (souvent on mange de l'agneau).

 

Lucile

 

 



Pasqua in Italia e buon cibo(イタリアのイースターとおいしい料理)

Certamente il Natale è una festività religiosa piena di significati per gli italiani, ma la Pasqua non lo è da meno.  La data della Pasqua cattolica cambia ogni anno ed è legata al ciclo lunare perché è la domenica successiva alla prima luna piena (il plenilunio) dopo l’equinozio di primavera (il 21 marzo).

Agnello e piselli
Agnello e piselli

Oggi vi voglio parlare delle tradizioni culinarie di questa festa.  In Italia e nel mondo ce ne sono tantissime!  Alcuni piatti preparati per questa festività, hanno origine da antiche tradizioni religiose.  La carne di agnello, proveniente dalla cultura ebraica, rappresenta ad esempio l'innocenza di Gesù.  Il pranzo della domenica di Pasqua la famiglia si riunisce e di solito mangia l’agnello arrosto con contorno di piselli (segno dell’arrivo della primavera).  La cena si fa più leggera con l’immancabile brodo di carne e cappelletti.   Il giorno seguente, chiamato Lunedì dell’Angelo o più comunemente Pasquetta, gli italiani spesso fanno una gita in campagna o al mare e organizzano pic-nic.

Per tutti questi giorni a tavola si ritrovano generalmente cibi semplici che hanno una tradizione contadina:

 

Pane e altri cibi simili:

Spesso presentate sotto forma di torte rustiche con verdure ed erbe, o arricchite con prosciutto, pancetta, olive e formaggio.

Torta pasqualina
Torta pasqualina

Tra questi la ricetta più conosciuta è la pizza pasquale, che ha la forma di un panettone, arricchito da pecorino fresco tagliato a cubetti, pecorino stagionato grattugiato, uova e olio di oliva.

 

Secondi Piatti:

A base di carni bianche di animali da cortile tra i cui si trovano il coniglio, il tacchino e il pollo. Possiamo parlare anche delle torte salate e le torte verdi: come la torta pasqualina (antico piatto genovese ripieno di verdure, uova e parmigiano), la torta al formaggio (di origine umbra), e tante altre ripiene di uova, pecorino fresco, farina e olio d'oliva.

 

Uova colorate:

Simboli della rinascita e del risveglio della natura e della vita stessa. Questo ingrediente rappresenta la vita che si rinnova (con la resurrezione di Gesù) ed è auspicio di fortuna e fecondità.

Cestino pasquale con uova decorate
Cestino pasquale con uova decorate

Di solito si prepara un cesto per la colazione di Pasqua con le uova sode decorate con colori apposti per i bambini, la torta di Pasqua, del vino bianco, ecc., che si fanno benedire il sabato precedente la Pasqua.  I bambini italiani non attendono impazienti il coniglietto di Pasqua (l’usanza non esiste in Italia) ma non vedono l’ora di mangiare le uova di cioccolata e di scoprire la sorpresa (un piccolo regalino) all’interno dell’uovo di cioccolata che ricevono la mattina di Pasqua.

 

Altri dolci:

Colomba pasquale
Colomba pasquale

Altri dolci sono la  colomba pasquale (con sapore simile al panettone ricoperto di zucchero e mandorle), la pastiera napoletana (con ricotta, grano e buccia d’arancia), ecc.   

 

 

 

 

Alberto

 

 



嬉しい便り

先日立命館アジア太平洋大学(APU)入学のために、集中講義を受講された生徒様のお話です。

APUでは入学時にプレイスメントテスト(クラス選抜試験=上位クラスでは英語中心の講義となる)が実施され、その対策の為に当校へおいでになりました。

APUでは多くの国々より留学生を受け入れているので、各地域の様々な発音の英語を聞く機会が多いことが予想され、更には今日の情勢を鑑み、彼女のお母様からより多くの違った英語を聞く機会を与えてほしいと依頼を受けていました。そのため当校在籍の各国講師(英語圏以外を含む)による英語の授業を受講頂き、元々英語でのコミュニケーションレベルは高かったものの、TOEFLにあまり慣れていなかったため高いスコアが出ませんでしたが、結果としてTOEFLスコアが上昇し、最上位クラスにエントリーできたというお便りを頂きました!

講師一同大変喜んでおります。

高い目標に臨む貴女にはこの先もたくさんの試練があると思いますが、前向きに楽しく学んで参りましょう!

 

EuroLingualでは、大変優秀なマルチリンガル講師が多く在籍しております。

以上のようなクラスのカスタマイズや多言語学習も可能ですので、是非ご相談ください。 

 



クレープパーティーへのご参加に感謝!

クレープパーティーにご参加頂いた皆様、ありがとうございました。

私どもの学校で良い時間をお過ごし頂けたなら、またフランス料理について何か発見して頂けたなら幸いです。

ミニレシピです。是非ご参考にしてください!

 

1.「ハムとチーズのそば粉ガレット」

 

クレープパーティー
クレープパーティー

材料(6-8人分)

  • そば粉:500g
  • 水:1ℓ
  • 全卵:1個
  • サラダ油:大さじ1杯
  • ロースハム:10枚
  • とろけるチーズ:250g

 

作り方

大きなボウルにそば粉全部を入れ、1ℓの水を注ぎながらかき混ぜた後、卵とサラダ油を加え約10分間泡立て器で混ぜ合わせます。混ぜ合わさった後1時間以上寝かせてください。

フライパンに油を塗り暖まったら、生地を伸ばし少し焦げ目がつく程度に焼いてください。片面が焼けたら裏返し、ハムとチーズを挟み、チーズが溶け出せばできあがりです。温かいまま召し上がってください。

 

2.「甘いクレープ」

 

甘いクレープ
甘いクレープ

材料(6-8人分)

  • 小麦粉:  250g
  • 牛乳: 500mℓ
  • 卵:  3個
  • ジャム、砂糖、ヌテラ等お好みで

作り方

大きめのボウルに小麦粉全部を入れ、ミルクを加えながらかき混ぜた後、卵を1個ずつ加えながら混ぜ合わせてください。混ぜ合わさった後1時間以上寝かせてください。

フライパンに油を塗り暖まったら、生地を伸ばし少し焦げ目がつく程度に焼いてください。

裏返し両面が焼けたら、お皿に盛り、温かいままでまたは冷やして、ジャムや砂糖等お好みで包んで召し上がってください。

 

ガレットやクレープには、ブルターニュ地方のシードルが一番合います(甘口から辛口まで、お好みに合わせて楽しんでください)。

 

                                                                                                         ルシル

 


関連記事リンク


Merci pour la soirée crêpes!

 

Merci à toutes et à tous pour avoir participer à notre soirée crêpes ! Nous espérons que vous avez passé un bon moment en notre compagnie et découvert plein de choses sur la cuisine française !

 

Petit mémo recettes:

 

1.  Galettes de sarrasin jambon fromage

 

Galettes de sarrasin
Galettes de sarrasin

Ingrédients (pour 6-8 personnes):

  • 500 g de farine de sarrasin
  • 1 L d’eau
  • 1 œuf entier
  • 1 cuillère à soupe d’huile
  • 10 tranches de jambon blanc
  • 250 g de fromage râpé

 

Préparation:

Dans un grand bol, mettre toute la farine et verser le litre d’eau tout en remuant. Incorporer l’œuf et l’huile. Bien remuer avec un fouet pendant environ 10 minutes. Laisser reposer pendant au moins une heure.

Beurrer une poêle à crêpes.  Quand elle est bien chaude, verser une louche de pâte et laisser dorer. Retourner la galette et mettre le jambon et le fromage pour qu’il fonde.

Servir chaud.

 

2.  Crêpes sucrées

 

Crêpes sucrées
Crêpes sucrées

Ingrédients (pour 3-4 personnes) :

  • 250 g de farine de blé
  • ½ litre de lait
  • 3 œufs
  • confitures, sucre, Nutella etc…

Préparation :

Dans un grand bol, mettre toute la farine et verser le lait tout en remuant. Incorporer les œufs un par un et remuer. Laisser reposer pendant au moins une heure.

Beurrer une poêle à crêpes. Quand elle est bien chaude, verser une louche de pâte et laisser dorer. Retourner la crêpe et réserver sur une assiette à part. Servir chaud, tiède ou froid avec de la confiture ou du sucre.

 

Les galettes et crêpes sont des recettes qui viennent de Bretagne et la meilleure façon de les apprécier, c’est de les déguster avec du cidre de la région ! (Cidre doux ou Cidre brut selon vos préférences.)

 

                                                                                                                                                     Lucile

 



Faîtes sauter les crêpes! (クレープ飛ばし!)

ガレット
ガレット

En France, faire des crêpes est une tradition très populaire car la recette est peu chère et très simple à réaliser: il faut juste du lait, des œufs, de la farine. Aussi, faire des crêpes c’est souvent synonyme d’un repas sans chichis et convivial: en famille, entre amis, petits et grands, tout le monde adore ce plat que l’on agrémente comme on veut et que l’on peut manger juste avec les doigts!  Il n’y a pas d’étiquette, tout le monde mange sa crêpe comme il le préfère.

 

Il y a plusieurs recettes différentes mais on distingue deux grandes catégories:

-  les crêpes salées (jambon, champignon, crème, fromage, sauce tomate, lardons)

-  les crêpes sucrées (confiture, chocolat, sucre, miel)

 

On peut faire des crêpes toute l’année, pour un repas ou juste pour un goûter. Mais la saison préférée des français pour faire des crêpes c’est la fin de l’hiver, soit entre février et mars.

 

Fête de la Chandeleur

D’ailleurs tous les ans, le 2 février on fête la Chandeleur (une fête chrétienne qui célèbre la visite de Jésus au temple, 40 jours après Noël) en mangeant des crêpes!

ニースのカーニバル フランス
ニースのカーニバル フランス

 

La Chandeleur marque aussi plus ou moins le début du Carnaval, grande fête où l’on se déguise, on bouscule les traditions et l’ordre social (on brûle le "Roi", les gentils deviennent méchants, les pauvres deviennent riches, etc…).  C’est également une grande manifestation où l’on va faire les manèges à sensation et on mange beaucoup de choses sucrées!  (crêpes, gaufres, churros, barbe à papa, bonbons, etc…)

 

Pour célébrer cette tradition, ici à EuroLingual, nous organisons un cours de cuisine «spécial crêpes party» le samedi 15 mars, à partir de 17 heures… venez nombreux!

 

Lucile

 


関連記事リンク


クレープをひっくり返しましょうか!

クレープをひっくり返しましょうか!
クレープをひっくり返しましょうか!

 

今日は次回のイベント、フランス家庭料理教室「クレープパーティー」についてお話します。

フランス語のクレープ(crêpe)は、ラテン語のクリスプス(crispus)が語源で、オムレツを作る時にしわを寄せながら小さく薄く軽く「カール」させることを意味します。

 

しかし、クレープの起源はフランスでしょうか?

5世紀頃の伝説によれば、キャンドルマス(2月2日に行われるロウソクで祝福する祭礼)のためにローマへ向かい、疲れてお腹をすかせていたフランス人巡礼者達のために、とても慈悲深いローマ教皇ゲラシウス1世が食べ物を与えようと、バチカンに大量の卵と小麦粉を用意するように命じ、キッチンで作らせたのがクレープの最初の逸話だと言われています。そのような初期のクレープがフランスに伝達し、キャンドルマスの伝統料理となりました。

 

クレープとガレット

クレープは基本的に、卵・小麦粉・ミルクやバターのようなシンプルな材料を準備すれば変幻自在にアレンジができ、スイーツやおかず、素朴なものから優雅なものまで幾通りもの方法で汎用的な調理が可能です。

 

ヴェネツィアの仮面
ヴェネツィアの仮面

ブルターニュ人がアジア発祥の暗い色を特徴としたそば粉を輸入し、その肥沃な大地で植え付け始めた時から、彼らは大変気に入り消費量が飛躍的に伸びて行きました。。

クレープやガレットを少なくとも週に1度、フライパンではなくそれぞれが所有するホブ(とても大きな円形の熱い暖炉内の横棚)で作るようになったのです。

そして彼らは辛口・甘口と色々なクレープを食すことのできる、クレープショップを街の至る所に出店するようになりました!

 

キャンドルマスの日

キャンドルマスの日にクレープを作る際、片手でコインを手に握りながらもう一方ではクレープをひっくり返し、上手く飛べば一年間幸運が味方に付くとされる風習があります。

フランスでは、特別にこの聖なるお休みにクレープを作るという訳ではなく年中作ります。それらの休日は伝統的な休日として過ごし、むしろキャンドルマスの祭礼後にやってくるカーニバルの時期にクレープを作り、盛大に祝います。

 

さあ皆様一緒にテーブルを囲んでクレープをいただきましょう!

でもカーニバル用の仮面を忘れないでくださいね!

アルベルト

 


関連記事リンク


È ora di far saltare le crêpes!

La crêpe (crespelle)
La crêpe (crespelle)

Oggi vorrei parlarvi del nostro prossimo evento, la lezione di cucina francese di crespelle o crêpe (in francese).  La parola francese crêpe, deriva dal latino crispus, che significa “arricciato”, termine associato originariamente alle crespelle, una sorta di piccole, sottili e leggere frittate che durante la cottura si raggrinzano tutte. 

 

Ma la crêpe e di origine francese?

La crêpe è un’antichissima preparazione francese, che, secondo la leggenda, pare risalire addirittura al V secolo, quando Papa Gelasio, molto caritatevolmente, volle sfamare dei pellegrini francesi stanchi ed affamati, giunti a Roma per la festa della Candelora, e perciò ordinò che dalle cucine vaticane si portassero ingenti quantitativi di uova e farina, con i quali sarebbero state create le prime rudimentali crêpes. 

Tale rudimentale preparazione delle crêpes fu poi portata anche in Francia e divenne piatto tradizionale del giorno della Candelora (festa cattolica prevista per il 2 Febbraio in cui vengono benedette le candele).

 

Crêpes e Galettes

Preparate fondamentalmente con pochi e semplici ingredienti, come uova, farina, latte e burro, le crêpes sono una pietanza alquanto versatile, poiché, partendo dalla preparazione base, possono essere trasformate e farcite in mille modi e impiegate in una miriade di preparazioni, dolci o salate, rustiche o raffinate.

Galette
Galette

L'introduzione del grano saraceno dai caratteristici chicchi scuri, importato dall'Asia trova il fertile terreno in Bretagna.  I "bretons" (gli abitanti di questa regione) ne vanno molto fieri, e ne fanno un consumo impressionante.  Cucinano delle "crêpes" o delle "galettes" almeno una volta a settimana, non in una padella, ma su un piano di cottura molto particolare (un cerchio molto grande completamente piatto, e caldissimo).  Si trovano delle "crêperie" (posti dove si mangiano delle crêpes, sia salate che dolce) ad ogni angolo delle città!

 

Tradizione della Candelora

La tradizione vuole che, il giorno della Chandeleur (Candelora) si faccia saltare una crêpe tenendo una moneta nella mano.

Maschera veneziana
Maschera veneziana

Se la crêpe gira bene, allora fortuna e ricchezza vi accompagneranno durante tutto l'anno. 
Però, in Francia, nessuno aspetta questa festa per cucinare delle crêpes.  Anzi sono un classico delle feste studentesse e durante tutto il periodo del Carnevale, che viene dopo la festa de la Candelora…

 

A tavola tutto il mondo!  …che le crêpes ci aspettano…

e non dimenticatevi le vostre maschere!

Alberto

 



San Valentino(バレンタイン・デイ)

Oggi è San Valentino, la festa degli innamorati!

 

L'origine della Festa di San Valentino

Chiesa San Valentino Terni
Terni: Chiesa di San Valentino

La sua origine viene da un rito romano a Lupercus, il dio della fertilità. Nel 496 d.C. Papa Gelasio annullò questa festa pagana decretando che venisse seguito il culto di San Valentino per sostituire l’mmorale Lupercus.  

 

San Valentino, nato a Terni, nel 176 d.C. è morto a Roma il 14 febbraio 273, era un vescovo che era stato martirizzato.  Valentino dedicò la vita alla comunità cristiana e alla città di Terni.

È il patrono degli innamorati poiché la leggenda narra che lui fu il primo religioso che celebrò l’unione fra un legionario pagano e una giovane cristiana. 

 

Si dice che un giorno San Valentino ascoltò vicino al suo giardino, due giovani fidanzati che stavano litigando. Allora gli andò incontro con in mano una rosa che regalò loro, pregandoli di riconciliarsi. Qualche tempo dopo la coppia gli chiese la benedizione del loro matrimonio. E così è nata questa tradizione. 

 

La Tradizione di San Valentino nei diversi paesi

i dolci di San Valentino

Nei Paesi anglosassoni il tratto più caratteristico è lo scambio di «Valentine», bigliettini d’amore. In Germania gli innamorati scrivono bigliettini e acquistano regali, non troppo costosi, e fiori per il proprio partner. In Olanda e in Inghilterra c’è chi spedisce biglietti non rivelando la propria identità. In Spagna invece in quel giorno vanno a ruba le rose rosse. In Giappone la tradizione prevede che siano le ragazze a regalare una scatola di cioccolatini ai ragazzi, anche se non sono necessariamente i loro fidanzati: vanno bene pure amici e colleghi di lavoro. E gli uomini che ricevono cioccolato a San Valentino devono ricambiare il dono ricevuto regalando cioccolato bianco un mese dopo San Valentino, cioè il 14 marzo.

 

Una cosa curiosa per oggi!  Quest’anno Papa Francesco per San Valentino, il giorno della Festa degli innamorati, ha organizzato per la prima volta nella storia della Chiesa, un incontro di 25.000 fidanzati, provenienti da tutto il mondo.  Tutti i "promessi sposi" avranno un'ora di dialogo con il papa in piazza San Pietro.

 

E voi?  Avete già preparato o ricevuto i vostri cioccolatini?

 

Buon San Valentino a tutti!

Alberto

 



Benvenuti a tutti!  (私たちのブログへようこそ)

Benvenuti al nostro Blog Multilingual Generation

Ciao a tutti!

Adesso EuroLingual vuole iniziare l’anno con il nostro blog, un sito dove potremo parlare e discutere di temi di interesse comune a tutti gli studenti di ogni lingua (quelli che a volte non si possono discutere in classe) e diffondere eventi culturali di ogni paese europeo sia in giapponese che in madre lingua.

 

Anche il nostro blog sarà un posto per trovare esercizi on-line per chi vuole mantenere attiva la lingua che impara.  Se, invece, siete FB-maniaci, cercateci su Facebook (qui) dove potrete seguire la nostra vita di tutti i giorni, le foto, le novità.

E ricordate che migliorare la lingua è migliorare la cultura perché:

 

“Una lingua non è il risultato di una serie di regole grammaticali.  Una lingua è il risultato di una cultura, della sua storia, delle sue tradizioni e del suo territorio!”

 

Dal mio arrivo in Giappone, mi sono dedicato appassionatamente alla promozione dell’eredità culturale del mio paese e dello studio della lingua e cultura. Tutti i miei sforzi sono tesi ad offrire non solo l’opportunità di apprendere una lingua ma di fare un’esperienza diretta e personale della vita e della cultura europea.

 

EuroLingual, non è solo una Scuola di lingue ma un Centro Culturale dove i nostri

studenti possono incontrare altri che studiano forse un’altra lingua,

ma che sono appassionati per una cultura in comune…

 

Alberto



私たちのブログへようこそ!

 

(日本語訳)

皆さんこんにちは!

ユーロリンガルでは新たな年を迎え、ブログを始めることとしました。 

各国語を学ぶ全ての生徒様共通の関心事について話したり議論をし(授業でやり残したトピックも歓迎です)、日本語または各国語による様々な国の文化的なイベント等を拡充予定です。

 

また私たちのブログは、積極的な学習環境を維持しようとする方にとって、オンラインで鍛錬できる場でもあります。あなたがフェイスブックマニアなら、日々の情報、写真等を紹介する私たちのFBページを是非チェックしてください。

 

言語力を高めるということは文化力の向上に繋がるということを忘れないでください。

 

何故なら言語は文法規則だけで語れるものではなく、

その土地に根差した文化や歴史そして伝統の複合体であるからです。

 

日本に来てからというもの、情熱を持って母国の文化遺産、各国語や文化研究の普及促進に努めて参りました。私の努力は皆様の語学学習機会のみならず、ヨーロッパ文化における自らの人生経験を皆様にお伝えすることに向けられてきました。

 

ユーロリンガルは単に語学学校というだけではなく、

ヨーロッパ文化を介してそれぞれの言語を学習する

研究熱心な皆様が交流する文化の中心地でもあるのです。

 

アルベルト

 



Multilingual Generation

Tour Eiffel-フランス
Tour Eiffel-フランス

レッスンでお伝えできなかった事や、有用な話題、各国語担当講師の母国語による情報等を発信すべく今回遅ればせながらBlogを立ち上げました。

どうぞ末永いお付き合いのほどを。

さて、Blogタイトルをどうしようかとチョット迷いましたが、7か国語(実は現在8か国語!)を学べるEuroLingualですから、例えば英語を勉強されている生徒様があまり耳にすることのないロシアの話題を少し知る事ができたりと、他の国の言葉や文化に触れる機会がありますので、ある意味皆様多言語化に向かっていて、また昨今世界的にグローバル化しており、全ての世代が外国語と関わる事を避けられない世の中ですので、ここは進歩的な皆様と共に更に語学力を磨くべく、Multilingual Generationと名付けることにしました。

 

EuroLingualでは、3月15日にLucile先生主催のクレープパーティーを行いますので、それまで特にフランスをフィーチャーして参りたいと思います。皆様パリを訪れたことはありますか? 様々な年代の歴史を感じさせる見どころ満載の大都会で、年間およそ7000万人が訪問する世界一の観光都市ですが、その象徴エッフェル塔を間近で見ると、美しさに溜息が出てしまいます。創建から125年経ってもなお人々を魅了し、世界で最も有名なタワーとして異彩を放っています。パリの美しさはきっと人類共通の基準として、これからも君臨して行くことでしょう...。

 



Welcome to our Blog:
"Multilingual Generation"

We are a multilingual generation!

EuroLingual's Blog is a Multilingual Generation!

コンタクト

e-mail EuroLingual
Phone EuroLingual

(06)  6376 7720

Fax EuroLingual

(06)  6376 7720

Access EuroLingual

〒530-0014

大阪府大阪市北区

鶴野町4-11

朝日プラザ梅田1203

Time schedule EuroLingual

月~金 9:00-21:00

土 9:00-16:00

簡易マップ

梅田ロフト・MBS向かい

ユーロリンガル

ヨーロッパ語のEuroLingualでは、外国語学校として世界標準のコミュニケーションを基本とした文化的なレッスン、各国料理教室、パーティー、留学サポートを主に行っており、各生徒様への細やかな個人サポートを可能とするプライベートや小規模グループを中心とした授業展開にて、より早く目標到達へと導きます。

 

Follow us

Facebook EuroLingual
Google + EuroLingual
ブログ EuroLingual:  Multilingual Generation
YouTube EuroLingual
Pinterest EuroLingual
Instagram EuroLingual