フランス語世界共通試験

フランス語世界共通試験

 

EuroLingualではフランス語世界共通試験対策において、高等教育を受けたネイティブスピーカーの教師全員が、豊富な知識と経験により、生徒様がテストに対して理解を深め、目標を達成して頂けるようお手伝いします。

私どもの試験準備集中コースはテストの項目である、リスニング・リーディング・スピーキング・ライティング(またそれらに関連する文法)のセクション全てをカバーします。生徒様が成功するために必要な、国際的なフランス語の受験問題を解くスキルを学んで頂けるよう、私達は世界的に要求度の高いテストより厳選した教材を提供します。

 

試験に臨む際に一番知っておいて頂きたいことは、フランス語の試験においてポイントを獲得することは技術であり、技術を得るためには長い時間を掛け継続的な訓練を怠らないことが最も重要だということです。それはテスト前の一夜漬けのような取り組みでは点数を稼げず、受験日までの長期計画で、例えば毎日30分フランス語のスピーキングやリーディングの訓練を行い、試験数日前より200語のエッセイをフランス語で記すというような行動により達成されるものだということを意味します。

生徒様は教室での通常レッスンに加え、ご自身がテストに出ると予想される練習問題を解いたり、EuroLingualスタッフが用意する宿題を持ち帰り、取り組んで頂く事ができます。

なお、レッスン時における文法等の解説は、通常グループレッスンではフランス語によるご説明となりますが、プライベートレッスンでは、生徒様のご希望により日本語でご説明させて頂く事も可能です。

 


多言語スクールの
フランス語


教室で学べる他の言語


 


レッスンスタイルを選ぶ



DELF / DALF

DELF、 DALF、フランス語世界共通試験、 EuroLingual大阪、梅田EuroLingual, ユーロリンガル, ヨーロッパ語,

 

DELF / DALFとはフランス文部省認定フランス語資格試験で、セーヴルの中央機構Commission Nationale全国委員会のもと、世界150カ国で実施されています。

DALF C1を取得すると、フランスの大学に入学する際に義務づけられている、フランス語能力評価試験が免除されます。

世界の多くの高等教育機関でも、広く認可されつつあります。

DELF(A1、A2、B1、B2)・DALF(C1、C2)という6つのディプロム(証書)が発行されます。

春季・秋季の年2回開催されています。

 

DELF/DALF:  
2017年試験概要

 *J=ジュニア

  DELF DALF
レベル

A1

A1J

A2

A2J

B1

B1J

B2

B2J

C1 C2
受験料

11,000

11,000

13,000

13,000

17,000

17,000

学習

時間

目安

60-100

150-200

350-400

550-650

800-950

1000

以上

筆記

試験

(春季)

5/7

(大阪)

(京都)

5/14

(大阪)

(京都)

5/7

(大阪)

(京都)

5/14

(大阪)

(京都)

5/7

(大阪)

(京都)

5/14

(大阪)

(京都)

口頭

試験

(春季)

2017年より、口頭表現試験日時は、各試験センターで設定

筆記

試験

(秋季)

10/8

(大阪)

(京都)

*A1J京都なし

10/15

(大阪)

(京都)

*A2J京都なし

10/8

(大阪)

(京都)

*B1J京都なし

10/15

(大阪)

(京都)

*B2J京都なし

10/8

(大阪)

(京都)

10/15

(大阪)

(京都)

口頭

試験

(秋季)

10/8

(大阪)

(京都)

10/15

(大阪)

(京都)

10/22

(大阪)

10/8

(京都)

10/29

(大阪)

10/15

(京都)

10/22

(大阪)

(京都)

10/29

(大阪)

10/22

(京都)

試験

会場

問合

せ先

アンスティチュ・フランセ関西-大阪
〒530-0041大阪市北区天神橋2-2-11 阪急産業南森町ビル9階
Tel:  06-6358‐7391.  Fax: 06‐6358‐7393

E-mail: delfdalf@institutfrancais.jp

ウェブサイト: www.institutfrancais.jp/kansai

 

アンスティチュ・フランセ関西‐京都

〒606-8301 京都市左京区吉田泉殿町8

Tel: 075-761-2105. Fax: 075-761-2106

E-mail: kansai@institutfrancais.jp

ウェブサイト: www.institutfrancais.jp/kansai

申込

期間

春季:  2月25日(土)~3月26日(日)

秋季:  7月8日(土)~9月2日(土)

申込

方法

こちらをクリックすると願書専用ページへ移動します。

*願書記入例はこちら

ダウンロードしご記入後、受験希望の試験センターへご持参の上受験料をお支払い下さい。またその際パスポート等の身分証明書のコピーも提出してください。

締め切り後の出願は認められませんので、受付期間にご注意ください!



TCF

TCF、フランス語世界共通試験、 EuroLingual

 

フランス語能力試験 TCF(Test de Connaissance du Français)=フランス語の知識テストは、フランス国民教育省(文部科学省に相当)の認定するフランス語能力テストです。

この試験はフランス語圏以外の国の人々を対象とし受験資格に制限はありません。

日本では 2001年秋より実施開始され、全国で 7カ所の試験会場があり、東京日仏学院が受験の窓口および事務的な拠点となっています。

試験は内容別に3つ(読解 30問 45分、文法 20問 20分、口頭 30問 40分、計105分)に分かれ、四択問題式でフランス語の総合力を確実かつ正確に診断するようになっています。

試験終了後、答案は本部の CIEPに送られ、コンピュータによって採点されます。

評価は英語の TOEICのように得点で示され、CEFRのレベルと共に 699点満点のスコアで示されます。受験者の試験結果に不合格はなく合否は問われません。そのため資格試験とは異なり、試験結果の成績レベルの認定は 2年間となっています。

フランス大使館の情報では、TCF を奨励し何らかの形で実施に協力している国内の大学は、獨協大学、上智大学、南山大学、関西大学外国語教育研究機構、学習院大学、慶應義塾大学湘南藤沢キャン パスとなっています。ちなみに、東京外国語大学フランス語研究室の前任のフランス人教員は、 TCF をフランス語能力の測定に活用することに理解を示し前向きであったが、大学としては組織的実施に向けて協力していません。 なおTCF は 2002 年 12 月より ISO (国際標準化規格) の品質基準を得ています(品質マネージ メントシステム 2000 年版:9001:2000)。

 

在日フランス大使館 TCFサイト



多言語スクールの
フランス語


教室で学べる他の言語


 


レッスンスタイルを選ぶ



コンタクト

e-mail EuroLingual
Phone EuroLingual

(06)  6376 7720

Fax EuroLingual

(06)  6376 7720

Access EuroLingual

〒530-0014

大阪府大阪市北区

鶴野町4-11

朝日プラザ梅田1203

Time schedule EuroLingual

月~金 9:00-21:00

土 9:00-16:00

簡易マップ

梅田ロフト・MBS向かい

ユーロリンガル

ヨーロッパ語のEuroLingualでは、外国語学校として世界標準のコミュニケーションを基本とした文化的なレッスン、各国料理教室、パーティー、留学サポートを主に行っており、各生徒様への細やかな個人サポートを可能とするプライベートや小規模グループを中心とした授業展開にて、より早く目標到達へと導きます。

 

Follow us

Facebook EuroLingual
Google + EuroLingual
ブログ EuroLingual:  Multilingual Generation
YouTube EuroLingual
Pinterest EuroLingual
Instagram EuroLingual