英語特徴

英語の重要性

グローバリゼーション
グローバリゼーション

英語は、日本で最も身近な外国語であるものの、実際のところ大多数の日本人にとって、日常生活において使用することはあまりありません。しかし昨今のグローバル化もあり、海外から来日する外国人が増え、日本人の海外渡航も増加の一途を辿り、社内英語公用語化の影響等、今後ますます重要性を増してくることは間違いありません。

パリで中国人に”Could you please take me a picture?”と言われ、”Yes, sure”と返し、そこから世間話なんていう話ももう日常となっています。

英語圏話者でない別々の国の人同士が、第3国でコミュニケーションを取るのに英語は共通語です。

 

英語を話す国々…それは世界

世界の中の英語
世界の中の英語

母国語としての人口はそれほど多くないものの、世界の最も多くの国と地域で話されており、公用語人口としては世界一、ヨーロッパでは学校でいちばん学ばれている外国語です。第二言語 (English as a second language = ESL) として用いる人口は約4億人に上り、ビジネス・科学技術・インターネット/IT産業・文献等幅広い方面で世界に君臨する言語と言っても過言ではないでしょう。各地域に根差した新英語が出現する等、更なる可能性を秘めながら、世界共通語としての英語を話せることの価値は計り知れません。

英語は80か国以上で話されており主に、イギリス・アメリカ・カナダ・オーストラリア・ニュージーランドでは公用語、その他アイルランド、中央アメリカ・南アメリカ・アフリカ・オセアニア・フィリピン等東南アジアのいくつかの国々、インド等、世界中で共通語として通用します。

 

日本人にとっての英語

ヨーロッパで英語が話される割合
ヨーロッパで英語が話される割合

日本では隣国であるアメリカとの結びつきが強く、外国から日本を見たときに、東洋と西洋文化が交わる地域としての認識があり、世界で最もアメリカナイズされている国という有難くない評判もあるほど、良くも悪くも文化的に多大な影響を受けています。英語を起源とする外来語も数多く、一般的に日本人は義務教育も含め10年程度の長期間英語を習うため、読み書きに不自由しないケースが多いです。

そういった理由から、十分な基礎を持っており、全く0からのスタートでは無いため、実は今まで話す機会が無かった方でも、比較的容易に話すことが可能です。

ヨーロッパ語EuroLingualでは、旅行会話からビジネス英語を使われる方まで、また試験対策にも対応した、多角的な幅広いニーズにお応えします。

他の英会話スクールとはまた違った、多言語を学ぶ場としてのヨーロッパからの視点で、単に英語を勉強するだけではなく文化も丸ごと学習して頂けます。

 

英語を話す世界の国々

英語を話す世界の国々の地図。大阪・梅田にあるヨーロッパ語のEuroLingualです。

クリックして画像を拡大

 


多言語スクールの
英語


教室で学べる他の言語


 


レッスンスタイルを選ぶ



English Language and Culture Facts

The Importance of English

Although English is the most familiar foreign language in Japan, it is not much used for most of the Japanese people in their everyday life.

London (UK)-Tower Bridge
London (UK)-Tower Bridge

There is no doubt that English will  become increasingly important more and more in the future because of recent globalization in these years, also because lot of foreigners come to Japan from abroad or Japaneses travel overseas, and lastly because of the use of English as in-company official language for many Japanese companies.

In Paris it could be a daily scene a story like this: a Chinese asks, “Could you please take me a picture?” and a Japanese answers, “Yes, sure”  then they start a small talk from there.   Throughout the world, when people with different mother tongues come together they commonly use English to communicate.

 

Countries that Speak English... This is The World

Although the population of English native speakers is not so high, this language is spoken in most of the countries and regions of the world.

New York (USA)-Statue of Liberty
New York (USA)-Statue of Liberty

In Europe, English is the most learnt foreign language in the school. Population that uses English as a second language (English as a second language = ESL) is up to about 400 million people in the world, and it can be said that it is the language which is dominating all over the world in wide areas such as business, scientific technology, Internet / IT industry and the literature, etc.  The value of its potential is immeasurable and we can say that English is a universal language.  Therefore a "new English" is emerging in certain areas of the world being a mix of regional languages with English.

 

English is spoken in more than 80 countries, but mainly as official language in the United Kingdom, the United States, Canada, Australia, and New Zealand.  It is also spoken as co-official language in Ireland, Central America, South America, Africa, Oceania, Philippines or some of the South East Asian counties, and India, etc.  Finally, it is also spoken as a common language all over the world for communication among people of different mother tongues.

 

English for Japanese

Sydney (Australia)-Opera House and bridge
Sydney (Australia)-Opera House and bridge

Japan has strong ties with its neighboring country America.

When foreigners see Japanese culture imagine that Japan is a fusion of Eastern and Western cultures, being this a unwelcome reputation as the most Americanized country in the world. 

We have received a strong cultural influence from America for better and for worse. Japanese language uses many words of foreign origin, especially those coming from English, and also Japanese people learn English for long-term (for about 10 years), including the compulsory education.  For that reason it is not particularly difficult to read and to write for a Japanese people. Therefore, Japanese people have a sufficient basis of English, and could not be considered a complete beginner in the language in almost all the cases. Even if you did not have a chance to speak until now, it is possible to speak with relative ease.

 

In EuroLingual, we offer a wide range of courses for students from custom made corporate syllabi of travel conversation until the business English to formal exam preparation.  In EuroLingual, it is possible to learn not only English but also culture from a viewpoint in Europe since our school is a multi-lingual place, something which is moreover different with the other English conversation schools.  

 

London (England)-Big Ben, Westminster, Bridge and Thames River
London (England)-Big Ben, Westminster, Bridge and Thames River


多言語スクールの
英語


教室で学べる他の言語


 


レッスンスタイルを選ぶ



コンタクト

e-mail EuroLingual
Phone EuroLingual

(06)  6376 7720

Fax EuroLingual

(06)  6376 7720

Access EuroLingual

〒530-0014

大阪府大阪市北区

鶴野町4-11

朝日プラザ梅田1203

Time schedule EuroLingual

月~金 9:00-21:00

土 9:00-16:00

簡易マップ

梅田ロフト・MBS向かい

ユーロリンガル

ヨーロッパ語のEuroLingualでは、外国語学校として世界標準のコミュニケーションを基本とした文化的なレッスン、各国料理教室、パーティー、留学サポートを主に行っており、各生徒様への細やかな個人サポートを可能とするプライベートや小規模グループを中心とした授業展開にて、より早く目標到達へと導きます。

 

Follow us

Facebook EuroLingual
Google + EuroLingual
ブログ EuroLingual:  Multilingual Generation
YouTube EuroLingual
Pinterest EuroLingual
Instagram EuroLingual