EuroLingual各言語
共通レベル

ヨーロッパ言語共通参照枠 logo

 

EuroLingualのコースは、学習者の知識に合わせた10の異なるレベルで編成されており、これらはCEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)に基づいて構成されています。レベル1は完全な初心者であり、レベル10の習熟度を持つ学習者は、高度なネイティブスピーカーに相当します。レベル8では文法を完全に習得していることに相当し、語彙力や会話の俊敏性を鍛えることにより更に2レベルを上げることができる状態を表しています。

 

学習者が正しいレベルのクラスに配置されることを確実にするため、知識のみならず特に話すことに重点を置いたレベルチェックが行われます。

 

EuroLingualの言語レベル:
10レベル

あなたにひとつだけ
の評価!

EuroLingual 10レベルの言語学習プログラム

クリックして画像を拡大

 

教室で学べる言語


 


レッスンスタイルを選ぶ



A1 入門-(ブレイクスルー)

A1: ブレイクスルー
または入門


EuroLingual レベル 1 初心者(ビギナー)

(ビギナー)

完全に初心者で、いくつかの重要な単語や文章(挨拶を交わす、自身についての説明、生活の中のありふれた対象の名前を把握する)を除き、言語を使用するための実用的な能力が非常に少ないまたは無い状態です。ジェスチャー、写真、CDやDVD等を使い、発音、基本語彙、文法、サバイバル言語能力を向上させます。

 

EuroLingual レベル 2 初心者上級(ハイ・ビギナー)

(ハイ・ビギナー)

疑似初心者または上級初心者、即ち基礎力はあるものの、狭い範囲でのごく基本的な語彙知識や、少し言語に触れたことがある程度の経験があります。文法をよく理解しておらず、いくつかの重要な単語やフレーズを記憶し文章を組み立てることができません。暫くの間言語を使用していない、またはこれから学習を始めようとしている段階で、自己紹介やシンプルな道順の質問、カフェやレストランでの食べ物や飲み物の簡単な注文ができます。


 

入門段階の言語使用者 (A1):

  • 特定のニーズを満たす日常的な表現や非常に基本的なフレーズを理解して使用できる
  • 自分や第三者を紹介することができる
  • 住居、自分自身、知人、所有物などの個人的な内容に関する質問を問答できる
  • 道順について尋ね、答えられる
  • 食べ物や飲み物を注文できる
  • 簡素な旅行において宿泊施設の手配ができる
  • 対話の相手がはっきりとゆっくり話し、外国語の初級者であることを理解した姿勢を見せる場合に、単純な方法で対話できる

 


A2 初級 -(ウェイステージ)

A2: ウェイステージ
または初級


EuroLingual レベル 3 初級(エレメンタリー)

(エレメンタリー)

言語を理解し、使い慣れた日常表現や基本的なフレーズを使えますが、コミュニケーション能力は限定的で、日常の話し言葉を理解するための困難があります。簡単な構造の文章に問題は無いものの、未知の文法構造に出くわした際、正しくきちんとした対処に自信を持てない状態です。

 

EuroLingual レベル4 上初級(ハイ・エレメンタリー)

(ハイ・エレメンタリー)

日常的な事柄についての文章を作成し、組み立て、質問に答えることができます。時制の違いや語順用法を含む基本的な文法構造知識があり、通常の状況で対応するのに十分な語彙を持っています。


 

初級段階の言語使用者 (A2):

  • 基本的な個人および家族情報、ショッピング、地元の地理、雇用等、身の回りの事柄に関わる文章や頻繁に使用される表現を理解できる
  • ありふれた日常的な場面において、身の回りおよび習慣的な事柄に関する情報のやり取りが可能である
  • 自身の背景、身の回りの状況、緊急で説明が必要な場合において、簡単な言葉を使って表現できる

 


B1 中級-(スレッシュホールド)

B1: スレッシュホールド
または中級


EuroLingual レベル 5 準中級(プレ・インターメディエイト)

(プレ・インターメディエイト)

簡単な言語構造を理解し用いることがいつでもしっかりとでき、身近な話題に関する広い範囲の質問に答えることができます。動詞の活用(現在・過去・未来)や約700語の使用頻度が高い単語をアレンジしながら駆使できます。まだある程度間違いはあるものの、普段の状況で自分を表現することができます。

 

EuroLingual レベル6 中級(インターメディエイト)

(インターメディエイト)

殆どの日常生活において常に正確という訳では無いが、効率的にコミュニケーションが図れ、バー/カウンター業務、カフェでのサービス、基本的な事務作業等の言語を使った業務遂行が可能です。過去時制と条件法(仮定法)の違いを区別することができ、間接話法において過去形の解説をすることができます。    


 

準中級段階の言語使用者 (B1):

  • 職場、学校、休暇等でよく起こり得る身近な事柄について、わかりやすく一般的な内容の趣旨を理解できる
  • 学習している言語が使用される地域に旅行する際に発生するほとんどの状況に対応できる
  • 身の回りまたは専門的な関心に関わるトピックについて、単純な結合文を作成できる
  • 経験や出来事、夢、希望、野望を表現し、意見や計画の理由や説明を手短に述べることができる
  • 学習している言語を話す国において(例:バー/カウンター業務、カフェでのサービスや基本的な事務作業)業務遂行が可能である

 


B2 上中級-(ヴァンテージ)

B2: ヴァンテージ
または上中級


EuroLingual レベル7 上中級(ハイ・インターメディエイト)

(ハイ・インターメディエイト)

仕事・学校・レジャー等において日常的に出くわす事柄の重要な点が理解でき、言語が話される地域を旅行しながら起こり得る問題の対処がほぼ可能です。

 身近の個人的に関心のある話題について、シンプルな文章を作ることができます。経験や出来事、夢、希望、野心について語り、意見や計画についての理由や説明を手短にできます。

 

EuroLingual レベル8 準上級(プレ・アドヴァンスド)

(プレ・アドヴァンスド)

豊富な語彙と基礎的な文法規則の正確な理解があり、それらを使いこなせます。適度に自信を持ち、通常のやり取りを社交的な場面ないし職場においてもこなし、読み書きはますます淀み無くなってきています。更に柔軟に言語を使い、文脈を揃えた正確な表現を心がけ、より複雑な文法形態を理解できます。


 

中級段階の言語使用者 (B2):

  • 自分の専門分野においての技術的な議論も含め、具体的もしくは抽象的で複雑な文章の主要な内容を理解できる
  • ネイティブスピーカーと無理なく交流を行え、淀みなく自然なやり取りが成り立っている
  • 広範囲な話題について明確かつ詳細に要約し、様々な選択肢の中で長所や短所を示しながら自身の視点を説明できる
  • 通常の場面においてネイティブスピーカーとビジネスを行うことができる
  • 文法面においては十分に習得されており、微妙な意味の違いを区別し、見直しながら言語の細かい点をチェックして行くことが現在の焦点である



C1 上級- (効果的な運用技能)

C1: 効果的な運用技能
または上級


EuroLingual レベル9 上級(アドヴァンスド)

(アドヴァンスド)

専門分野の技術的な議論を含め、ニュース、物語、解説や説明書等の複雑で様々なトピックの詳細についての重要な概念を理解することができます。ネイティブスピーカーと無理なく流暢に話し合うことができ、幅広い分野に対して明確で細かい文章(公式·非公式の文書、専門的な分野における説明や要約、研究論文等)を記すことや、話題に上がっている事柄の論旨について説明でき、様々な選択肢の中から利点と欠点の指摘ができます。

 

上中級段階の言語使用者 (C1):

  • 高度で広い範囲の長文を理解でき、また言外の意味を汲み取ることができる
  • 言葉を探しているという印象を与えずに、流暢かつ自然に自己表現ができる
  • 社会的、学術的にまたプロフェッショナルな目的に応じた、柔軟で効果的な言葉の使い分けができる
  • 複雑なテーマにおいて明確な、詳細でしっかりとした構成のテキストを創作でき、それは秩序だった配列や論理的な流れを持ち、受け取り手にもはっきりと認識されるべく配慮された印象を与える

 


C2 最上級-(マスター)

C2: マスター
または最上級


EuroLingual レベル10 最上級(エキスパート)

(エキスパート)

本国出身者またはほぼネイティブスピーカーです。このレベルの目的は、現地人同様またはそれ以上のプロフェッショナルな言語スキルを求められる試験や業務での成功のために、語学水準や文化的素養をハイレベルで高め続けて行くことにあります。精度・効率・効果を持って言語を巧みに操り、高度で専門的なトピック(古典演劇、映画、専門講義、公共学術討論会、朗読、ジョークや駄洒落等)において多種多様なスタイルを理解することができます。公式任務、雑誌論文、専門的かつ学術的な発行物の論述ができます。

 

上級段階の言語使用者 (C2):

  • 該当言語に関し読み聞きしたことを容易に理解できる
  • 見聞きした情報源から得た資料を要約できる
  • 整然とした発表において、議論や説明を再現できる
  • 自然に、とても流暢に、正確に自己表現ができる

CEFRとEuroLingual
レベルの比較表

CEFRとEuroLingualレベルの比較表.  EuroLingualは、皆様の語学レベル上達にとって必要なものが何かを 知っています。 そして、すべきことに対し最適な方法で対処致します。

クリックして画像を拡大

 

EuroLingualは、皆様の語学
レベル上達にとって必要なものが何かを 知っています。
そして、すべきことに
対し最適な方法で
対処致します。

 



教室で学べる言語


 


レッスンスタイルを選ぶ



コンタクト

e-mail EuroLingual
Phone EuroLingual

(06)  6376 7720

Fax EuroLingual

(06)  6376 7720

Access EuroLingual

〒530-0014

大阪府大阪市北区

鶴野町4-11

朝日プラザ梅田1203

Time schedule EuroLingual

月~金 9:00-21:00

土 9:00-16:00

簡易マップ

梅田ロフト・MBS向かい

ユーロリンガル

ヨーロッパ語のEuroLingualでは、外国語学校として世界標準のコミュニケーションを基本とした文化的なレッスン、各国料理教室、パーティー、留学サポートを主に行っており、各生徒様への細やかな個人サポートを可能とするプライベートや小規模グループを中心とした授業展開にて、より早く目標到達へと導きます。

 

Follow us

Facebook EuroLingual
Google + EuroLingual
ブログ EuroLingual:  Multilingual Generation
YouTube EuroLingual
Pinterest EuroLingual
Instagram EuroLingual